マドカズラの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>マドカズラ

マドカズラ(フリードリヒスターリー)

マドカズラ
科名サトイモ科
属名モンステラ属
別名フリードリヒスターリー
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

モンステラのようにツル性で、似たような葉っぱをつけます。モンステラが切れ込みをつけるのにたいして、マドカズラは文字通り窓のような穴を開けます。
マドカズラの穴は熱帯雨林のスコールに当たって葉っぱが破けないようにするためのものです。
葉っぱが小さいのでインテリアに向いています。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりやります。マドカズラは高温多湿を好み、特に葉っぱに霧吹きで水をやらないと乾燥してしまいます。

春~秋は土が乾いていたら水をしっかりとやります。冬はマドカズラが水を吸い上げる勢いも鈍くなりますので、水は控えます。土が乾いていたら数日たってから水をやる程度に控えて下さい。
マドカズラやモンステラは空中の水分を吸収します。春・夏・秋も葉っぱに霧吹きで水をやってください。、冬は特に乾燥しがちなので、根に水は控えますが葉っぱに霧吹きを掛けてやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの底から根がはみ出していたら、土をやり変えます。一回り大きな鉢に植え替えます。ツル性で伸びますので、邪魔なら適当なところで切ってしまいます。伸ばしてヘゴや支柱で支えて仕立てることも出来ます。

植え替えの土は市販されている観葉植物の土か、赤玉土6に腐葉土4を加えて混ぜた土で行います。植え替え時期は5月・6月が適していますが、根詰まりで葉っぱが変色するのであれば、真冬を避けて植え替えしてください。

管理場所・日当たり

室内の明るい場所が好ましく、直射日光が当たっていると葉っぱが焼けて黒く変色してしまいます。

マドカズラは熱帯雨林の木に巻きついて生活するつる性植物。うっそうと茂った熱帯雨林の薄い木漏れ日の中が生活の場です。直射日光は苦手です。

その他

マドカズラはつる性で放置しておくとドンドンと伸びていきます。家のスペースの都合や置き場所の都合で邪魔になる場合は、春~夏の生育期に邪魔な部分を切ってしまいます。よほど強く剪定しない限りは枯れることはありません。

特徴・由来・伝承

モンステラの仲間の観葉植物。モンステラは切れ込みが、入りますが、マドカズラは葉っぱの切れ込みが入りきらずに、穴が空いているような状態になることから、その穴を窓と見立ててマドカズラと呼ばれています。

モンステラより葉っぱが小さく、小ぶりであるのでインテリアとして使いやすいのも人気。ただし、耐寒性が低く、10度以下になると枯れてしまうので、冬は人が生活するスペース…例えばリビングに取り込む必要があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用