サントリナの育て方

MENU
TOP>キク科>サントリナ
スポンサードリンク

サントリナ(コットンラベンダー)

サントリナ
科名キク科
属名ワタスギギク属
学名Santorina
別名コットンラベンダー
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


寒い時期に出回るのですが、霜や寒風には弱いので寒冷地では霜よけが必要になります。乾燥していて痩せた土地を好むので、肥料のやり過ぎと水のやり過ぎに注意してください。

●多年生です

水やりと肥料


乾燥を好みますので、水野やり過ぎに注意してください。

●土が乾いたら水をタップリやってください。
肥料はやる必要はほどんどありません。花が咲く時期の前に肥料を与えると花付がよくなりますが、花より葉がメインなので気にしないでもOK。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのいい場所に植えないと腐って枯れてしまいます。水はけに居場所が無い場合は、土を盛って、そこに植えましょう。すると水はけが良くなります。

特に夏は水をやりすぎると、蒸れて枯れますし、根腐れもおきやすくなります。土が乾くまでは水をやらないようにしましょう。

鉢植えにしていて受け皿をしているのであれば、皿に溜まった水は捨てて下さい。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所だとしっかり育ちます。冬に霜が降りない地域では日当たりのいい場所であれば何処でも大丈夫です。寒冷地の場合は霜よけが必要になります。

鉢植えの場合、夏は日当たりのいい戸外。冬は霜の当たらない場所に移動させてください。霜が降りない地域は冬も戸外で大丈夫ですが、寒冷地ではベランダか、できれば室内に入れましょう。

夏は風通しの良い半日陰に移動してください。サントリナは風通しが悪いと蒸れて枯れてしまいます。幹の近くの葉っぱが茂って込み合っているのであれば、むしって風が通るようにしてください。枯れた葉っぱはマメにむしってください。

●冬越しは難しくありません。霜に当たらなければ、大丈夫です。
夏越しの方が難しい。

特徴・由来・伝承

その容姿と香りから「コットンラベンダー」と呼ばれますが、ラベンダーではなくデイジーの仲間です。フランスのユグノー教徒がイギリスにこの植物を持ち込んだことからハーブとしてイギリスで広まりました。

ハーブですが食用ではなく、防虫効果があるので、ドライにしてタンスに入れ、防虫剤にするそうです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用