ローマンカモミールの育て方

MENU
TOP>キク科>ローマンカモミール

ローマンカモミール(ローマカミツレ)

ローマンカモミール
科名キク科
属名ローマカミツレ属
学名Anthemis nobilis
別名ローマカミツレ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

全体に香りがある背が低い多年草です。芝生代わりに植えられることもあります。芝生として植える場合はノンフラワーカモミールという花が咲かないカモミールを植えると管理が楽です。

多年草と言ったのに
真夏の蒸れに弱く、切り戻して風通しをよくしておかないと地域によっては夏の間にいつの間にか消えて無くなります。多年草と思っていたのに、実質一年草ということもあります。

ジャーマンカモミールとの花の違い
花が似ていますが、ローマンカモミールの方が花が大きく、中心の黄色い部分が平たいです。ジャーマンカモミールは黄色の部分が出っ張っています。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやってください。一般的な植物と同じ感じです。極端な乾燥を嫌い、過湿も嫌いですが、まぁ一般的な水やりをやっていれば枯れることはありません。

どちらかというと乾燥気味を好むと個人的には思いますが、成長期に水が切れると成長が止まるので乾燥しすぎも避けます。

過湿に注意
非常に過湿に弱いです。真夏の暑い時期に蒸れて枯れてしまいますので、梅雨前に収穫を兼ねてバッサリと切り戻しをして蒸れ対策をしておくと良いです。夏にいつの間にか消えて無くなることが多いです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

種から育てるのはあまり一般的では無いです。

管理場所・日当たり

日当たりのよい場所を好みますが、真夏に暑さと蒸れで枯れてしまうことが多いので、夏に半日陰になるような場所に植えるか、鉢植えにします。

寒さには強いので冬は戸外でもOKです。ただし苗が小さいうちは霜や凍結で枯れることがあります。

特徴・由来・伝承

カモミール(マトリカリア)の近縁種ですが、若干性質が違います。
カモミールにはジャーマンカモミールとローマンカモミールとあり、どちらもキク科の植物で花の形は良く似ています。ですが、ジャーマンカモミールは一年草、ローマンカモミールは多年草です、またジャーマンカモミールは花にだけ香りがあるのに対してローマンカモミールは茎・葉・花と全体に香りがあります。花からお茶を入れた時にローマンカモミールには苦みが出るのも違いです。

カモミールという名前は「大地の林檎」という意味のカーマイメーロンから。マトリカリアという名前には子宮という意味があり、婦人病の薬に使われていたことから。

背が低くグランドカバー・芝生に
背が低く多年草で、踏みつけるといい香りがするので、グランドカバーや芝生代わりに利用されることも。夏に暑さで枯れることがあるので、梅雨前か夏前にバッサリと切り戻しておきましょう。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用