キンポウゲの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>キンポウゲ
スポンサードリンク

キンポウゲ(金鳳花)

キンポウゲ
科名キンポウゲ科
属名キンポウゲ属
学名Ranunculus japonicus
別名金鳳花
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


全国に自生する野草。日当たりのよい野原や土手に咲きます。

春に花が咲き、種子を残します。徐々に繁殖範囲は増えていきます。一つ一つの花は小さいのですが、群生すると非常にキレイで、息を呑むほどです。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。庭植えしたのならば降雨だけで大丈夫です。日照りになり乾燥するようであれば水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


水はけのよい土で植えます。市販されている花と野菜の培養土で植え付けをします。鉢植えでも庭植えでもかまいません。日本に古来からある野草で、寒さにも強く初心者でも育てられます。ただし、発芽が難しい(条件が厳しい)こと、他に流通していて派手な植物が多いこと(キンポウゲの花は地味)、全草(葉、茎、根)に毒が含まれていて、食べたり傷口に汁が触れると中毒症状を起こし、ひどい場合は死ぬこともあること、から栽培に好まれていない。

植え付け・植え替えは秋に
秋に植え付けをして、冬を越して春に花を咲かせます。鉢植えの場合は一年か二年に一回、植え替えをします。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。

特徴・由来・伝承

キンポウゲはラナンキュラス
多年草の植物。キンポウゲの学名はラナンキュラス ジャポニクス。直訳すると日本のラナンキュラス。そのためにラナンキュラスをキンポウゲと書いて販売していることがよくありました。

キンポウゲ科は有名人揃い
キンポウゲ科にはトリカブトニリンソウアネモネオダマキ、オキナグサ、クレマチスクリスマスローズフクジュソウ、そしてラナンキュラスと、有名どころが揃っています。キンポウゲ科の植物には毒草が多く、食すと死亡することも。毒草であるということは同時に薬草にもなるということで、薬草になる植物も多いです。

キンポウゲといえば
よくキンポウゲと呼ばれる植物は黄色い5つの花びらを持ったエナメル質の質感の花を咲かせる華奢な植物、というイメージです。これは正確には「ウマノアシガタ」と呼ばれる植物で、キンポウゲは八重のものを特別にさしていた名前でした。つまりウマノアシガタの八重のものを特別にキンポウゲと呼んでいたわけです。スピンオフが本編を食う、よくある話です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用