マーガレットの育て方

MENU
TOP>キク科>マーガレット

マーガレット(モクシュンギク)

マーガレット
科名キク科
学名Argyranthemum
別名モクシュンギク
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


関東よりも南の地域では戸外での越冬も可能ですが、そうはいっても霜に当たれば枯れてしまいます。露地植えは避けて、鉢植えにして、暖地の冬は霜の当たらない軒下か日の当たる室内で管理してください。寒冷地では日の当たる室内に取り込んでください。夏の暑さにも弱く、高温多湿の梅雨から夏に掛けて根腐れを起こして枯れてしまうこともあります。
難しい?簡単?
愛らしい容姿、花色や花の形も多種あるマーガレットは人気のガーデニング材です。寄せ植え寄せ鉢にもよく利用されます。しかし、育てるのは意外と難しいんです。鉢植えで季節ごとに置き場所を替えて気を使うよりは、春に花を楽しんだら、後は野となれ山となれの感覚で庭植えするか、空いたスペースで管理するかという軽い気持ちで挑むのが吉。
スポンサードリンク

水やりと肥料


水のやりすぎに注意
乾燥気味の状態を好みますので水のやり過ぎは根腐れの原因となります。土が乾いてから水をたっぷりとやってください。土が濡れている場合は水をやらないでください。冬は土が乾きにくいので水やりの頻度は少なくなりますので注意してください。
肥料
生育期四月~九月に液肥を与えるか、植え替えるときに土に肥料を混ぜ込んでおきます。液肥をやる場合は2週間に1回。肥料を与えすぎると葉っぱが黄色くなります。肥料を与えなくても枯れることはありませんので、与えすぎに注意してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


年に1回春に咲く前に植え替えを行います。植え替えをしないでいると根が詰まって枯れることがあります。
用土は市販されている花と野菜の土を使ってください。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
九月に剪定切り戻し
秋に剪定をしましょう。9月ごろに伸びたマーガレットを半分くらいにまでバッサリと駆り落とします。すると茎から新芽が出てきて樹形もこんもりとキレイになります。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します
日当たりのいい場所を好みます。冬も日の当たる温かい場所に置いてあげてください。
鉢植え管理が無難です
マーガレットは寒さに弱く、また夏の暑さにも弱い植物です。霜が降りる地域で露地植えする場合は防寒が必要です。逆に寒冷地では夏が涼しいので花つきがよく長く楽しめます。暖地では戸外での越冬も可能ですが、夏の暑さに弱いので夏は風通しのいい涼しい場所で管理してやら無いといけません。環境が合っていて冬越し夏越し出来れば木質化して低木になります。
購入直後のマーガレットは寒さに弱い
マーガレットは霜に当たらなければ越冬も可能、なのですが店頭に並んでいるマーガレットは温室育ちで戸外の寒さに慣れていないために、軒下であってもいきなり戸外で管理すると、シンナリとなります。暖かくなるまで室内で管理して下さい。シンナリしたら――暖かいところで水をやっておけば復活するかもしれませんので試して下さい。

その他

つぼみが出来たので嬉しくなって肥料をあげたら、つぼみが枯れて葉っぱが黄色くなってしまった…そんなことはありませんでしたか??マーガレットに限らずですが、花が咲こうかとしている時期は刺激を与えずそれまでの水やり頻度と肥料の頻度を保ってください。

特徴・由来・伝承


和名は「木春菊(もくしゅんぎく)」。越冬して何年も育成すると茎が木の様になり低木化することから、木春菊と呼ばれるようになったと言われる。

マーガレットはカナリア諸島が原生で、17世紀末にヨーロッパへ渡り、フランスで品種改良されたことから西欧では「パリデージー」と呼ばれています。ちなみにフランスで「マーガレット」と呼ばれるものは、「フランスギク」という日本で言う「マーガレット」とは違う植物を差します。

●ギリシャで「真珠」を意味するマルガリーテスに由来しています。
●花占いで…「好き」「嫌い」「好き」…と花びらをむしられるのがマーガレットです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用