ローマンカモミールの育て方

TOP >キク科>>管理

ローマンカモミール(ローマカミツレ)

ローマンカモミール
科名キク科
属名ローマカミツレ属
学名Anthemis nobilis
別名ローマカミツレ
水やり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ローマンカモミールとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植え替え
  5. 管理場所・日当たり
  6. 収穫
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ローマンカモミールとは?

ローマンカモミールとは?
文章の修正ローマンカモミールはキク科ハーブ。花・葉・茎に全体にリンゴのような甘い香りがある背が低い多年草です。一般的にカモミールというと「ジャーマンカモミール」のこと。ジャーマンが上へと伸びるのに対してローマンはランナーを伸ばして横へと広がります(ただし広がる速度は遅い)。ハーブティにはジャーマンカモミールの方が適していて、ローマンカモミールは苦味があるため、食用より薬用に適している。もしくはハーブバスに使うといいです。

葉・茎にも香りがあり、冬も緑なので、芝生代わりに植えられることもあります(夏に枯れないならね)。芝生として植える場合はノンフラワーカモミールという花が咲かないカモミールを植えると管理が楽です。

ローマンカモミールは真夏の蒸れに弱く、切り戻して風通しをよくしておかないと地域によっては夏の間にいつの間にか消えて無くなります。多年草と思っていたのに、実質一年草ということもあります。

ジャーマンカモミールとの花の違い
花が似ていますが、ローマンカモミールの方が花が大きく、中心の黄色い部分が平たいです。ジャーマンカモミールは黄色の部分が出っ張っています。
草丈15cm前後
ローマンカモミール 苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正ローマンカモミールは乾燥気味を好みます。土が乾いていたら水をやってください。一般的な植物と同じ感じです。極端な乾燥を嫌い、過湿も嫌いですが、まぁ一般的な水やりをやっていれば枯れることはありません。

どちらかというと乾燥気味を好むと個人的には思いますが、成長期に水が切れると成長が止まるので乾燥しすぎも避けます。

過湿に注意
非常に過湿に弱いです。特に真夏の暑い時期に蒸れて枯れてしまいますので、梅雨前に収穫を兼ねてバッサリと切り戻しをして蒸れ対策をしておくと良いです。夏にいつの間にか消えて無くなることが多いです。

肥料

肥料
文章の修正ローマンカモミールはあまり肥料を必要としません。肥料が多いと徒長し、花が減り、香りが鈍くなり、アブラムシが増えます。植え付けの時に少量の元肥をやれば、追肥は不要です。

植え付け・植え替え

時期・頻度

文章の修正植え付けは春か秋にします。鉢植えの植え替えは春がいいですが、根詰まりするのであれば秋もします。一年に一回植え替えをし、株分けをします。株分けしないと根詰まりを起こし、香りが鈍くなります。

用土

文章の修正水はけのよい土で中性の土に植え付けます。
鉢植えの場合はハーブ用の土で植え付けます。
ハーブ用の土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

種まき

文章の修正種まきでも苗からでも。種子は安く販売されています。広がる速度が遅いので、広範囲に生やしたいなら種まきを。春(3月〜6月)か秋(9月〜10月)に適当に庭に蒔けば発芽して増えます。こぼれダネで増えるくらいですからね。

種子が非常に細かいので注意しましょう。種子を蒔いたら薄く土を被せて水をやります。ジョウロでやると種子が飛んでしまうので、霧吹きで優しくあげましょう。

乾燥しないようにしていると種まきして数日で発芽します。密生すると健康に悪いので出来るだけ間を空けたいけど、種子が小さくて限界がある。なので、発芽後に適当に蒔いて間引いて株間を開けます。間引きが追いつかないとミチミチに密生して病害虫の原因になるし、枯れ込むこともあります。あんまりに密生しているときは掘り上げて、株分けしてもいいです。
ローマンカモミール 種の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
鉢植え・プランターに種まきでも可能。

鉢植え

文章の修正鉢植えにするなら苗が楽で便利です。鉢植えは5号鉢に1苗。すぐに広がるので7号〜8号鉢の方がいいです。店頭で売ってる苗はすでに密生していることがあって、これを株分けすると結構な株数になる。それを別々に植える人もいます。

鉢底の水が抜ける穴を鉢底ネットで塞ぎ、鉢底石軽石)を2cm〜3cm入れます。その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れ、最後に水をやります。

植え替えの場合は、毎年、株分けして別々に植え付けます。株を取り出し、適当に2つか3つに切って、古い土を落とし、傷んだ根を整理して、別々に植えます。

庭植え

文章の修正ローマンカモミールは痩せ地でも育ちますから、庭植えの場合は水捌けがよければそのまま種まき&苗の植え付けをしても大丈夫です。

できれば植え付けの2週間前に庭に苦土石灰を撒いて中和してから、植え付けの1週間前に腐葉土堆肥を元の土に対して2割ほど混ぜて用土として植え付けます。横に広がるので、株間は余裕を持って30cm〜40cmくらい空けて植えます。もしくは庭にタネを直播きします。

増やし方

文章の修正こぼれダネ・株分け・ランナーで増えます。
ランナーで横に増える。引っ張って土に接地させていると発根してよく増える。針金をU字にして土に挿してランナーを固定しましょう。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりのよい場所を好みますので、夏以外は戸外の日当たりで管理するといいです。ただ、真夏に暑さと蒸れで枯れてしまうことが多いので、夏に半日陰になるような場所…木の下に植えるか、鉢植えにしてその都度適切な場所に移動させます。

夏越し

文章の修正ローマンカモミールは6月〜8月によく枯れます。夏は可能であれば、とにかく日陰で育てる。半日陰じゃなくて、とにかく「日陰」で。じゃないと消えてなくなります。何かの影になっていればいいので、周囲を他の植物で囲むとか、寒冷紗やヨシズで影を作るなどでもいいです。
文章の修正夏越しのために、梅雨前に株全体を半分くらいに刈り込んで、傷んだ葉っぱを取り除いて風通しをよくします。風通しをよくするとアブラムシ予防にもなります。
寒冷紗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

越冬

文章の修正ローマンカモミールの耐寒温度はマイナス10度〜マイナス15度くらいで寒さには非常に強い。冬は戸外でもOKです。ただし苗が小さいうちは霜や凍結で枯れることがあります。冬も緑で越冬します。そこが芝生より優れているところ。

収穫

文章の修正適宜収穫します。ハーブティにもできるが、苦味があるのであんまりしない。飲めないこともないし、毒性もないから飲む人もいる。ハーブティーに向いているのはジャーマンカモミール。ローマンカモミールはお風呂に入れてハーブバスにするといいです。

家庭菜園で栽培したハーブでハーブティーにしたいなら、ハーブを挙げていますので、以下のページを参考にしてください。
ハーブティーにできる家庭菜園で育てやすいハーブ
雑記

病害虫

文章の修正アブラムシ
アブラムシがよく発生する。鉢植えであまりにアブラムシが発生したら、鉢ごとドボンと水につけてやるとアブラムシがプカプカと浮いてきて一網打尽にできます。放置しているとテントウムシ・ヒラタアブが飛んできて駆除してくれます。
アブラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

ウドンコ病
白い粉を吹く病気。原因はカビ。風通しが悪いと発生しやすいので、梅雨前に刈り込んで予防します。
ウドンコ病
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

バッタ
葉っぱを食べる。近くの雑草からやってくるので、草取りをすると予防できます。
バッタ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

ナメクジ
梅雨時期に発生して葉っぱを食べる。春から定期的に誘引剤で一網打尽にするといいです。
ナメクジ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

特徴・由来・伝承

文章の修正カモミールの近縁種ですが、若干性質が違います。

カモミールにはジャーマンカモミールとローマンカモミールとあり、どちらもキク科の植物で花の形は良く似ています。ですが、ジャーマンカモミールは一年草、ローマンカモミールは多年草です、またジャーマンカモミールは花にだけ香りがあるのに対してローマンカモミールは茎・葉・花と全体に香りがあります。花からお茶を入れた時にローマンカモミールには苦みが出ますが、ジャーマンは苦味がなく、ハーブティにするならジャーマンカモミールがいいです。

カモミールという名前は「大地の林檎」という意味のカーマイメーロンから。マトリカリアという名前には子宮という意味があり、婦人病の薬に使われていたことから。

背が低くグランドカバー・芝生に
背が低く多年草で、踏みつけるといい香りがするので、グランドカバーや芝生代わりに利用されることも。夏に暑さで枯れることがあるので、梅雨前か夏前にバッサリと切り戻しておきましょう。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ヤロウ
キク科ノコギリソウ属
ダールベルグデージー
キク科ティモフィラ属
ストケシア
キク科ストケシア属
ヘレニウム
キク科ヘレニウム属
ブルーデージー
キク科
グリーンネックレス
キク科セネキオ属
コスモス
キク科コスモス属
ヒマワリ
キク科
フユシラズ
キク科カレンデュラ属
サンリッチバナナ
キク科ヒマワリ属
スポンサーリンク