イロハモミジの育て方

TOP >ムクロジ科>>管理

イロハモミジ(いろは楓)

イロハモミジ
科名ムクロジ科
属名カエデ属
学名Acer palmatum
別名いろは楓
水やり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. イロハモミジの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. イロハモミジの植え付け
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

イロハモミジの育て方

イロハモミジの育て方
文章の修正イロハモミジはムクロジ科(カエデ科)の東北南部より南に自生する落葉樹。紅葉が美しく、和風洋風問わないのも人気。ただし乾燥に弱い――というか空気の乾燥に弱く、強い西日が当たる場所では葉っぱが丸まってしまいます。イロハモミジは川べりや谷合に育つ植物です。

3月〜6月に剪定する。徒長枝・逆枝を落とす。逆枝とは逆向きに生えた枝のこと。他の邪魔な枝を落として、風を通す。風が通り、日光が通ることで生育にもいいし、害虫アブラムシハダニ)が発生しにくくなる。台風の塩害で葉っぱがボロボロになり、紅葉しても落葉しないこともある。
まとめ
庭植え推奨。でも、鉢植えでも育てられる。
●乾燥に弱い。葉っぱが丸まるようであれば葉っぱにも水をかけてやる。
●乾燥が苦手なので、西日が苦手で、夏の直射日光も厳しい。
●落葉時期に肥料を。
●春と落葉時期に剪定するが、基本的に自然に任せておいても極端な乱れはない。

モミジ
ムクロジ科Acer
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正庭植えにした場合は、植え付け直後に水をしっかりやった後はほぼ降雨だけで大丈夫なのですが、日当たりがいいところに植えていると、葉っぱが焼けたり乾燥で葉っぱが丸まってしまったりと、意外と乾燥に弱く、よく見て水をやるなどしてください。また、植え付けして一年は根が広がっておらず、特に乾燥に弱いので一年は注意して水やりをしてください。

鉢植えの場合は土が乾燥していたら水をやります。夏は乾燥しやすく、乾燥すると葉っぱが縮れます。夏のダメージは秋以降にも影響し、紅葉しないこともあります。

全体に水を掛けてください
春以降、日光が当たると葉っぱが乾燥で傷むことがあります。そのときはイロハカエデ全体に水を掛けてください。コレでかなり乾燥を防げます。

肥料

文章の修正生育が悪いのであれば肥料をやります。落葉したら、株元に緩効性肥料(油粕か化成肥料)をやります。生育に問題がないなら肥料はやらないでいいです。イロハカエデは土に有機物が十分にあるならば追肥はしなくていいです。
油粕の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

イロハモミジの植え付け

文章の修正苗は実際に見て、枝ぶり・色合い・葉の大きさなどをチェックしてから購入し、その上で鉢植えで1年〜2年ほど栽培して確認してから庭植えにするといいです。もちろん、最初から庭植えにしてもいいです。

イロハモミジは湿潤な土を好みますが
庭土を掘り返した時に、水がしみ出すほどに湿潤なのはダメです。植える場所を再検討してください。

根に巻いてある布は解くべきか?
麻布が巻いてある場合はそのまま。土に植えていれば徐々に分解されてほどけていきます。ナイロンロープがしてある場合は出来るだけ切って取り除いてから植えましょう。ナイロンロープをほどくことで根が崩れるようならばほどきません。

庭植えの場合

文章の修正植え付けの適期は落葉期(12月から3月)とされますが、真夏以外であればいつでも植え付けは不可能ではないです。庭植えする場合は深さ50センチ直径50センチの穴を掘って、掘り出した土に3割の腐葉土堆肥を入れて混ぜて、半分ほど土を戻して、苗木を置いて、隙間に土を入れる。最後に水をやってください。

土で株の周囲に囲いを作って、水を溜めて染み込むまで待ち、染み込んだら土をならす「水極め」をすると根が土に馴染みやすいです。
●植え付けてからしっかりと根付くまで…最初の2週間は特に乾燥しないようにしてください。植え付けして一年目の夏は水切れしやすいので注意します。ちゃんと根付けば自然に降る雨で十分です。

腐葉土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
堆肥の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植えの場合

文章の修正落葉時期に植え替え・植え付けをします。できるだけ深い…根鉢の1.5倍の深さの鉢を用意して植えます。用土は一般的な培養土か、赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使います。

鉢底の穴に網を敷いて土が流れ出ないようにして、その上に軽石を2センチから3センチほど敷いて、その上に土を入れて、苗木を入れ、隙間に土を入れます。鉢を揺すると隙間ができますので、その隙間に土を入れ、隙間ができなくなるまで続けます。最後に水をたっぷりとやり、鉢底から水が出るのを確認します。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりか半日陰、西日は避けて
日当たりを好むのですが、西日が当たるような場所だと葉っぱが乾燥してカリカリになってしまいます。半日陰でも育ちますので半日陰に植えるのが無難です。

紅葉が鮮やかなのは日当たり――
ただし紅葉が鮮やかになるのは日当たりです。昼間に光合成して作った糖分が夜の冷え込みの中で赤い色素に変化して紅葉するからです。そのため昼と夜の寒暖差(15度以上の差が欲しい)が激しい地域ほど色づきやすいです。紅葉する要因に関しては色々あって、コレとはハッキリ言えませんが、肥料が多い・剪定が足りない・夏のダメージなどがあります。

剪定

文章の修正春の剪定は徒長枝を切る程度
そのまま放置して伸ばしていても不格好にならないのもイロハモミジのメリット。大きく樹形を乱す枝がある場合は切りますが、剪定は控え、自然な樹形を楽しむようにします。
春(3月から6月)の剪定は徒長枝をさばきます。徒長枝ってのは勢いよく伸びてる枝のこと。やたら長くてまっすぐで枝分かれしていないのがあります。これを放置していると樹形が乱れるし、徒長枝に栄養を無駄に取られます。春の早いうちに剪定します。

冬の剪定は樹形を整える
冬(落葉時期の12月から2月)は樹形を整えます。邪魔だなと思った枝をチョキチョキ落とします。冬は太い枝の剪定もできます。太い枝を切ったら癒合剤を塗って病気を防ぎましょう。

剪定の詳細は
カエデの剪定
カエデ栽培
を参考にしてください。

病害虫

文章の修正テッポウムシ
鉄砲虫カミキリムシの幼虫)が発生します。イロハモミジを枯れることも十分あります。木の根元にオガクズが落ちていたら、テッポウムシがいますので、穴を探し出して穴に薬剤を入れて駆除します。早めの対処で駆除するようにしましょう。

ウドンコ病
白い粉をふくカビの一種。剪定して風通しをよくしていると発生しにくいし、発生しても株が元気だと治癒することもある。病変部分は取り除き、殺菌剤で消毒する。
薬剤などは以下のリンクを参考に。
ウドンコ病
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正いろは紅葉・いろは楓と呼ばれるカエデ科の落葉樹。日本で最もよく見かけるカエデです。秋に葉っぱが真っ赤に染まり、落葉するとあたりが赤い絨毯を敷き詰めたようになります。いろは紅葉は、ヤマモミジやオオモミジよりも葉っぱが小さいとされていますが、イロハモミジとヤマモミジの違いが不明確(個体差が非常に大きい)で地域によっても非常に曖昧です。育て方は同じです。盆栽ではイロハモミジを「ヤマモミジ」と呼ぶので余計ややこしい。

花は地味で分かりづらいのですが、実には翼がついていて(翼果)、風にのって、くるくると舞います。種子はそのままでも3月に発芽しますし、冷蔵庫で保管しておいて3月に種まきすると株は増やせます。
●葉っぱのトンガリを「いろはにほへと」で数えたことが名前の由来とか。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

カエデの剪定
カエデ栽培
モミジ
ムクロジ科
コハウチワカエデ
ムクロジ科カエデ属
ヤマモミジ
ムクロジ科カエデ属
カエデとモミジは違うモノ??
カエデ栽培

同じ科の植物

メグスリノキ
ムクロジ科カエデ属
ドドナエア
ムクロジ科ドドナエア属
フウセンカズラ
ムクロジ科
スポンサーリンク