プルメリアの育て方

MENU
TOP>キョウチクトウ科>プルメリア

プルメリア(インドソケイ)

プルメリア
科名キョウチクトウ科
属名インドソケイ属
学名Plumeria
別名インドソケイ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬の間あまりに寒い場所で管理していると、枝先がシワシワになって、黒く変色している場合があります。こうなると芽が出ません。黒くなっている部分を切り落としてしまえば、新芽が出るかもしれませんので、切ってみてください。
まとめ
●冬の管理が大事。
●冬はできるだけ暖かく、葉っぱが落ちない方が春の生育が良い。
●冬は断水して落葉させて、光に当てないで、管理させると越冬はしやすい。
●春以降は日に当てる。
●苗はオークションやネットショップでなく、見て買うべき。
●ラベルを無くすと品種は分からなくなる。
スポンサードリンク

水やりと肥料


プルメリアを枯らせる原因は水のヤリスギと肥料のやり過ぎです。
春~夏にプルメリアを購入したら、秋口までは観察気分で管理しましょう。
土が乾いたら水をやってください。乾いていないうちに水をやると根が腐ります。
プルメリアも日本の蒸し暑い夏は若干苦手です。
日当りのいい風通しのいい場所が適しています。
春から夏の水遣り
春と秋は水をやりすぎないようにする。土が乾いてから水をやります。なんなら葉っぱに多少シワがよってから水をやってもいいくらい。
夏は環境によって違います。蒸発が激しい時期は、水をやっても追いつかないかもしれません。
●葉っぱがダレて入る程度から、復活する可能性はある(あまり期待しないこと)。
水やりは感覚をつかむのが難しいものです。
●植え付け直後は、水やりは控えめに。根が少なく、吸い上げる力が弱いため、ジャンジャン水をやると根腐れを起こしやすい。

冬の水遣り
冬は水を控えます。
秋以降気温が15度以下になったら水やりの頻度を減らし、「仮死状態」にしないといけません。冬の間は水を月に1回か二回程度に減らし、幹だけの状態にしてしまいます。プルメリアはこの状態で越冬させます。
●気温が5度くらいなら、水は一切やらない方が越冬しやすい。
●断水した方が花芽が出来やすい。
●断水はある程度、成長したもので。
●プルメリアの越冬は失敗を繰り返して掴むもの、らしいです。

肥料
肥料はこれといった好みはないが、花を咲かせるためには「リン」が多い肥料をやったほうがいい。液肥でリン成分が多いものを選んであげる。でも、たくさんはあげると弱るのでほどほど。
●花が咲くのは樹高1m、幹の太さが2センチ以上になってから。それまではリン成分ではなく、チッソ・カリもしっかりと含んだ普通のやつを。

植え付け・植えかえ・種蒔き

プルメリアは水はけが良ければ、なんでもいい。用土赤玉土腐葉土4を混ぜたものでも良い。市販されている観葉植物の土なら、室内に取り込んでも匂いがしないので一番便利。

プルメリアの大きさに合わせて植え替えをする。大きくするには、大きな鉢に植え替えないといけない。ただし、いきなり大きな鉢に植え替えると根腐れしやすくなるので、絶対ダメ。
●パーライトを入れるとネットに書いてあるけど、別にどうでも良い。赤玉土6腐葉土4と鉢底に軽石という、超普通の用土でも良い。
●パーライトで植えると鉢が軽くなってひっくり返りやすくなる。
●水栽培をする人も多いが、土の方が発根・生育は良い。また水栽培で発根させてから土に植えても根付きづらい。
挿し木を植え付けて1年か2年で花が咲くケースが多い、というが当てにならない。挿し木の元気さによる。

苗や挿し木について
苗や挿し木を買って挑戦することになりますが、ここが一番の難所だったりします。とにかく元気な苗を買うことです。ネットショップやオークションじゃなくて、見て買うのが一番良い。地方だと難しいですけどね。
●種だと開花まで時間が掛かる。
●種子は雑種であって、オブツーサの種というのは、親がオブツーサなだけで、その種子がオブツーサの性質を受け継いでいるとは限らない、というか絶対に受け継いでいない。よって、「オブツーサの種」とか書いている時点でその店は変。
●プルメリアは沖縄で栽培されているものから、挿し木苗や種子が送られる。沖縄の人は非常に雑なので、オークションで買う時はマジで覚悟しないといけない。
●ネットショップでも、怪しいところは多い。
●ちゃんとした品種を買うには、海外の挿し木を輸入して栽培しているちゃんとした農園がある。そこが卸しているネットショップで買う。一番は直接見ること。
●越冬させると、毎年どんどんと大きくなり、邪魔。沖縄は戸外で管理できるが、他の地域は室内に取り込まなくちゃいけないので、邪魔。何鉢も植えないようにしましょう。

種子
一晩、ぬるま湯につけて、皮を剥いて濡らしたキッチンペーパーを巻いて、その上からラップを巻いて、25度以上の状態で数日放置していると発根します。はこんしたら土に埋めておきます。

管理場所・日当たり

プルメリアも日本の蒸し暑い夏は若干苦手です。
春~夏は日当りのいい風通しのいい場所が適しています。
ただし暑さには強く、乾燥に強いので、夏は水を控えて乾燥気味に管理した方がいいです。
最低気温が15度を下回ったら、室内へ。
●枝分かれすると花芽がつく。
●よって春から秋に日に当てて生育させないと花芽がつかない。
●枝じゃない気持ち悪いのが花芽。
●面倒でも春から秋は戸外に出して日に当てましょう。室内では不足します。
●日光不足になると徒長します。

冬の管理
冬は室内で管理してください。
越冬させるには5度以上必要とされていますが、実際にはもう少し低くても耐えられるよう。理想は10度以上です。日にも当ててください。葉が落ちて棒になっても越冬は可能ですが、やっぱり暖かくして日に当てて、冬も落葉していないプルメリアの方が春以降の生育が良いです。
春になって外気温が20度前後になり、葉っぱが五枚ほど出たら、、外に出してください。
●暖かい場所が良いが、エアコンの風に当たらないようにする。冷暖房の風は非常に乾燥していて当たるとすぐにシオシオになって枯れる。
●寒さで傷んで、黒く変色して枯れても、管理していれば根元から新芽が出ることがあります。
●茎を切ってみて、芯まで黒くなっていたら死んでいる。
●白い汁が出るなら生きています。
●窓の近くは深夜になると気温が下がるので、注意。夜は窓から離した方がいいです。
●株が大きくなれば耐寒性は強くなる(寒さに強くなる)。ただし寒さに強いのは幹の固くなったところだけで、新芽は相変わらず寒さに弱い。
●シンガポールホワイトなどのオブツーサ種は、他の品種より比較的暖かい気温から葉っぱを落とし始める。
●気温さえあれば一年中花が咲きます。日本では無理ですけど。
●ハワイでも寒い時はプルメリアも落葉します。

その他

プルメリアを切ると、白い樹液が出ます。これにはカブれる人もいますので、剪定をする場合は手袋をしてください。
●品種があるが、ほとんど違いがなく、ラベルをなくすともう分からなくなるので注意。
●プディカは苗が安い。花が咲きやすい。ただ「香りがしない」。開花してからショックを受けるかも。
●青いプルメリアは、ほぼ青じゃない。ほとんど灰色の青。ムサラキのプルペリアも似たようなもの。
●白系は雨に当たると黒ずみやすい?
●新芽に水を含んだ風が当たると黒ずみやすい。

病気
葉の裏にオレンジの粉が付いていたらサビ病。
赤い虫が付いていたらダニ。農薬か、シャワーで洗い流す。
葉っぱが黄色くなった
プルメリアは古い葉っぱは黄色くなって下の方から落ちるものです。普通の新陳代謝です。でも、明らかに不健康な落葉をしているなら……
頻繁に鉢の位置を変えるとストレスになって弱ることがあります。主には日照不足です。ダニなど他の病気もあります。

特徴・由来・伝承


肉厚で、目に残る鮮やかな小さな花は、ジャスミン系の甘い香りがします。切り口からは有毒な白い液が出ますが、この汁を薬として利用することもあるとか。
フランスの植物学者「プルミエ」からちなんで付けられた名前。
原産地は熱帯アメリカ。
熱帯なので、日本の寒さには弱く、冬に室外に出していると枯れてしまいます。
プルメリアは7メートル前後の大きな木です。大きくなると耐寒性が増すといわれています。

英語名はTemple Tree =寺院の木。熱帯地域の寺院で植えられているから。熱帯では公園に植えたり、街路樹として利用しています。

日本では香と色合いからブーケやコサージの材料として人気がありますが、流通量が少ないですね。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キョウチクトウ科の仲間


キョウチクトウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用