セダムの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>セダム
スポンサードリンク

セダム

セダム
科名ベンケイソウ科
属名マンネングサ属
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

セダムは多肉植物で、水分を蓄える性質がありますので、水を頻繁にやると腐ってしまいます。水を控えすぎてしぼんでしまうこともありますが、基本的に少々しぼんでも、水をやれば復帰しますので、そのくらいの気持ちで育ててください。

日光などの条件は品種によって違います。直射日光にも強く、寒さにも強い品種もありますが、直射日光に弱いものもありますので、葉焼けしていると感じたら日陰へと移動してください。

水やりと肥料

基本は土が乾いたら水をタップリと。鉢植えでしたら底から水が染み出すくらいにやります。

プクプクとした容姿からわかるように、「多肉植物」にあたります。サボテンほどの乾燥に対する耐性はないですが、水をやりすぎると、腐って枯れてしまいます。
特に夏の高温多湿に弱い種類が多いので、真夏は水を控えて乾燥気味に管理します。

冬は成長が止まり、休眠状態になりますので、水やりは控えます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

根が鉢底からはみ出していたら、植え替えをします。
土はサボテン用の土か、観葉植物の土で行います。

管理場所・日当たり

日当たりを好むのですが、半日陰でも生育します。真夏の高温多湿に弱い性質がありますので、最初から半日陰の場所で管理するほうがいいかもしれません。

梅雨・秋の長雨・夏の高温多湿のときに雨にさらしていると腐って溶けてしまいますので、軒下で管理するのが適しています。

日陰やジメっとした場所でも生育しますが、ひょろ長くなります。よくネットの画像で見るようにモコモコビッシリな感じにしたいならば、やっぱり日当たり・乾燥が最適。

特徴・由来・伝承

アジア・ヨーロッパ・北米などの世界各国に分布します。世界に400種ありますが、その姿があまりに種類によって違うので「セダム」という呼び名は全体を指す名前と考えてください。

マンネングサ属の学名がセダム(sedum)です。乾燥・塩害に強いです。セダムは全体的に非常に頑健で育てるのも簡単です。屋上緑化で使われることもあり、注目されている植物です。

背が低く、グランドカバーに向いています。踏みつけられるとグチャグチャになりますので、人が通るところは諦めましょう。

ロックガーデンや砂地の場所が良いとされていますが、実際には普通の庭土や花と野菜の土でも、はびこるほどに増えます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

セダムの関連記事

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用