ローズゼラニウムの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>ローズゼラニウム

ローズゼラニウム

ローズゼラニウム
科名フウロソウ科
属名ペラルゴニウム属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


種まきでも増えますが、一般的には苗を植えるか、挿し木で増やします。挿し木は簡単です。切った茎を一旦日陰で乾燥させてから、砂に挿しておくと発根します。春と秋が適しています。植え替え時期も夏と冬を避けた時期です。もっとも適しているのは9月~11月です。
高温多湿に弱い
高温多湿が苦手で梅雨と夏に腐って消えてしまいます。夏越えするには風通しを良くする必要があります。7月に花の収穫を兼ねて刈り取りましょう。葉っぱが傷んでいるようであれば綺麗に整理してください。うまく夏越しして、秋になるともう一回花が咲くかもしれません。
霜に当たると枯れる
ローズゼラニウムが越冬するには3度以上必要です。霜にあたると枯れますが、軒下ならば越冬可能の地域もあります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
乾燥気味の状態を好みます。土が乾いてからたっぷりと水をあげます。鉢植えにした場合は鉢底から染み出すくらいに水をあげます。
水をあげすぎると、根腐れを起こします。
肥料
年間を通して一週間に一回か二週間に一回、液肥を薄めてあげます。冬は頻度を減らすなどして調節してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの場合根が一年でいっぱいになりますので、毎年植え替える必要があります。植え替えの適した時期は9月です。植え替えする場合はホームセンターなどで売っている市販の花と野菜の土に赤玉土やバーミキュライトを足して水はけを良くしたものか、花と野菜の土をそのまま使います。

管理場所・日当たり

日当たりで管理
日当たりのいい場所で管理してください。日光が少ないと花つきが悪くなり、香りも減ってしまいます。

場所がローズゼラニウムの性質に合っていると毎年これといった手間もなくドンドンと生息範囲を広げていきます。あまり大きく育った場合は、剪定し刈り込んでください。
霜に当たらないように
冬に霜に当たると枯れてしまいますので、霜が降りる地域では軒下に移動させます。寒冷地では室内に取り込んでください。

その他


古い葉っぱはドンドンと黄色く変色して代替わりしていきます。株の下部分の葉が落ちる時は気にしないでください。ただ、あまりに下葉がなくなると見た目がみっともなくなります。そこで、下葉が無い部分まで土に埋まるように植え替えるか、先の部分をちょっとづつ切り戻(摘芯)して短くしていきます。切り戻すと腋芽が出てきてちょっとづつ元のワサワサ状態になります。

ゼラニウムは虫除けの成分がありますので、虫はほとんどつきません。
新芽が傷んでいくのであれば、根詰まりと湿気を疑ってください。

特徴・由来・伝承

ゼラニウムの中でも香りの強いセインテッドゼラニウムの一種で、バラに似た香りがします。ジャムに入れたり、アロマオイルの材料にします。
ローズゼラニウムは高さで1メーター前後に成長する低木です。何年か育てると太い木になってきます。
ローズゼラニウムはバラの香り成分であるゲラニオールを含んでいて、バラの代わりにローズオイルの成分を抽出するために育てられていました。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用