ナンテンの育て方

MENU
TOP>メギ科>ナンテン
スポンサードリンク

ナンテン(南天・ナツテン・ナルテン)

ナンテン
科名メギ科
属名ナンテン属
学名Nandina domestica
別名南天・ナツテン・ナルテン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花が咲くのは6月前後ですが、その後真っ赤な実を付けます。ナンテンは実を楽しむ植物です。ナンテンは年末に「難を転ずる」ということで切花としてよく飾られます。
育てるのは簡単
半日陰で育つ、和モノの庭木で、極端に大きくなって剪定しにくいということもなく、昔から庭に植えられています。ナンテンは手も掛からず育てやすいです。実も簡単に成ります。年末に切花を購入する家庭なら、植えて損は無いです。
まとめ
●育てるのは簡単。
●庭植えすれば水やりは乾燥時以外は不要。
肥料も最悪なくても大丈夫。
●陽当たりがよいと花が咲きやすいので、陽当たりが良い。
●半日陰でも育つ。
●寒さにも暑さにも強い。
●小さくまとまり、冬に真っ赤に紅葉するオタフクナンテン(お多福南天)が人気です。
●ヒヨドリに実を食べられる、が、ナンテンの実は「まずい」。食べるものが無くなって最後に食べられる。

水やりと肥料

庭植えにすればほとんど水やり不要
ナンテンは庭植えすることが多いです。庭植えの場合は日照りが続かない限りは降雨だけで充分なので、水をやる必要はありません。
鉢植えにした場合は土が乾いていたら水をしっかりとやってください。
肥料
肥料はほとんど必要ありません。市販の土には最初から肥料が入っているので、それで植えるのなら十分です。市販の土でない場合は固形肥料を最初に少しあげてください。

2月と9月に固形肥料(鶏糞・油粕)をあげるか、液体肥料を適宜あげれば充分です。余程の痩せ地で無い限り、肥料不足で花つきが悪くなることはありません。
●肥料が少ない方が花が咲きやすい。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ナンテンは鉢植えの場合、根が詰まると生育が悪くなりますので、2年に一回程度、春か秋に植え替えをします。大抵は庭植えにします。
自家受粉しづらい
ナンテンは自家受粉しづらいので別種を二株植えると実付きがよくなります。自家受粉というのは、その木の花粉では受粉することです。ナンテンは遺伝子の多様性を維持するために「自家受粉しづらい」ようにしています。
用土は市販の培養土
庭植えする場合、土質はほぼ選びません。あまりに庭土が水はけが悪いなら腐葉土や川砂を混ぜて水はけをよくします。
鉢植えにする場合も、庭植えにする場合も用土は培養土を利用します。
●植えた覚えも無いのにナンテンが生えていることがあります。鳥が実を食べて、種子が混じった糞をしたからです。
●実が赤く熟したら、これを取って撒くと、ナンテンが生えてきます。その際は赤い果肉を取ります。果肉には発芽抑制物質があり、つけたまま撒くと発芽しにくいです。
●庭の土には腐葉土や堆肥をすきこんでください。

挿し木でも種でも増える
種子は果肉を取って巻きます。乾くと発芽しなくなります。乾燥しないようにしておきます。播くのは熟す11月ごろです。発芽は春です。発芽してから花が咲くまでは4年以上掛かります。

管理場所・日当たり

日当りのいい場所が好ましいですが、一日のうち半日しか日の当たらない半日陰でもナンテンは充分に生育します。日が少ないと当然、花と実のつきが悪いです。暑さにも強く寒さにもかなり強いです。北海道以外では自生可能です。
梅雨時期に開花します
梅雨時期にナンテンの花が咲き、それが秋以降の実になります。梅雨の長雨に晒されると受粉できず、そのままにしておくと、実がほとんどつかないということがあります。そこで、花が咲いたら、ビニールを掛けて雨除けをします。実が付かなくても枯れるわけではないので、面倒ならば放置して置きましょう。
●あまり日陰が過ぎると徒長(ひょろ長くなること)します。
スポンサードリンク

その他


2月、3月に剪定をします。ナンテンは一度花をつけると3年程度花が咲きませんので、花芽の付いていない枝は根本から切り落としてしまいましょう。他にも樹形を整えるために、小さな枝は必要に応じて切り落としてください。
放置していると茂ってしまう
下からニョキニョキと枝が生えて、先に葉っぱが付きます。こういう枝が何本も束なっていると、風通しが悪くなりますし、見た目も悪いので古い枝を根本から切ってしまいます。
カイガラムシが発生します
カイガラムシはブラシでそぎ落としてしまいます。カイガラムシは自分で移動できませんから、落としてしまうとそのまま死にます。

特徴・由来・伝承

中国原産で西日本・四国・九州に自生しています。夏に白い花が咲いて真っ赤な実を付けます。ナンテンという名前から「難転」とされ、御正月に縁起がいいので飾る習慣がある。
ナンテンは自生するくらいなので、非常に日本の気候にあっています。
ナンテンの実には喉に良い成分が含まれ「南天のど飴」として売られています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナンテンの関連記事

ナンテンの日記

メギ科の仲間


メギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用