ホワイトセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>ホワイトセージ

ホワイトセージ

nophoto
科名シソ科
属名アキギリ属
学名Salvia apiana
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

高温多湿に弱い――ですが日本でも育てられます
ホワイトセージの耐寒温度はマイナス5度。寒さには耐性がありますが、日本の高温多湿に弱くて、夏に風通しのよい半日陰に移動させなくてはいけませんが、一年草扱いにするほど弱くはありません。
摘芯して脇芽を出しましょう
摘芯することで脇芽が出て株が大きく育ちます。
梅雨前に切り戻し
夏の高温多湿に弱いので風通しをよくする意味と、収穫を兼ねて梅雨前に半分ほど切り戻しをして、傷んだ葉っぱをむしっておきましょう。
初心者には向かない
小さな苗しか流通していません。その苗が冬越し出来ずに枯れることが多く、初心者がトライするにはハードルが高いです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をやります。ホワイトセージは過湿に弱いので土が濡れているなら水は絶対にやらないでください。乾燥気味に管理すると上手くいきます。
肥料は控えめに
生育期間に薄い液肥をやるか、緩効性肥料を二ヶ月に一回程度の頻度でやります。肥料をやった方が生育は良いですが、肥料が多いと枯れこんできます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ハーブ用の土で植え替えをします。鉢植えにしていた場合、二年に一回は植え替えをします。
ポット苗から花が咲くまでは数年
ホワイトセージが生育して花が咲くと、草丈が1.5メートル以上になります。そんな花が咲くのは相当株が生育してからです。

管理場所・日当たり

マイナス五度まで耐えますが
株自体はマイナス五度まで耐えるのですが、それは大きく生育してからです。木質化していない小さな苗のうちは冬は室内に取り込みましょう。
春と秋は日当たりで、夏は半日陰で
春と秋はしっかりと日光にあててあげます。夏は風通しのよいところで管理します。高温には(おそらく)耐えるのですが、多湿に弱く、蒸れると葉っぱから腐って枯れてしまいます。もしくは最初から風通しのよい半日陰に植えるかします。

特徴・由来・伝承

ホワイトセージはアメリカのカルフォルニアに自生するハーブの一種で、ネイティブアメリカンが儀式に利用したことから、パワースポット的なあやしげなサイトにやたらと取り上げられています(神聖なハーブで、パワーストーンを浄化するんだとか)。
葉っぱが白い、というよりは灰色の落ち着いた雰囲気。花が咲くと草丈は1.5メートルほどまで生育します。ですが、花が咲くまでは相当大きな株に育てないといけません。葉っぱが他のセージ類よりも大きくてあまりかわいくないかも(人によるけども)。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用