アメジストセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>アメジストセージ
スポンサードリンク

アメジストセージ(サルビアレウカンサ・メキシカンブッシュセージ)

アメジストセージ
科名シソ科
属名サルビア属
学名Salvia leucantha
別名サルビアレウカンサ・メキシカンブッシュセージ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


摘芯すると、そこで上へと伸びる成長は止まり、脇芽を伸ばして大きな下部になります。摘芯しない場合1.5メートル前後まで大きくなることもありますので、丁度いい大きさで摘芯してください。
まとめ
水やりは普通。
●日当たりを好む。
●摘芯をすると草丈を調整できる。

水やりと肥料

水やりは普通
鉢植えの場合は土が乾いていたら水をしっかりとやってください。夏場に極度に乾燥すると痛みますので、水をしっかりとやりましょう。春は二日に一回、初夏は毎日、真夏は一日二回、秋は二日に一回、冬は土が乾いてから数日経って水をやるのを基本にして、土をよく見て、水をやりすぎないようコツを掴んでください。
冬も水を
冬は地上部が枯れるのですが、水やりをストップするのではなく乾燥しているようであればやってください。
庭植えした場合は雨だけでも
庭植えした場合は植え付けた二週間ほどは水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。極端に乾燥しない限りは水をやらなくても大丈夫です。
肥料
生育期間は薄い液体肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は市販されている土(培養土)か、赤玉土6に腐葉土を4を混ぜたものを使います。

秋に苗を植えた場合、十分に成長せずに冬を迎えて寒さにやられることがあります。秋に植える場合は、日当たりがいい場所で、肥料をしっかりとやり、出来るだけ早めに植えてください。

管理場所・日当たり


日当たりがよく、風通しのいいところで管理します。鉢植えの場合、真夏の西日が当たる場所では極端に乾燥して根が傷みますので、出来れば避けてください。半日陰に移動する必要はありません。
霜に当たると地上部が枯れる
冬になり霜に当たると枯れてしまいます。しかし寒冷地で土が凍って根まで枯れていなければ、春になって新芽が出てきます。マイナス3度以下にならなければ根までは枯死しません。寒冷地の場合は腐葉土やワラで防寒してやってください。地上部が枯れても根が生きていますので、水やりを忘れないでください。

暑さにも強いです。
スポンサードリンク

その他

夏までに摘芯すると、成長を抑え、低い状態を維持できます。

特徴・由来・伝承

アメジストとは紫水晶のこと。紫水晶は2月の誕生石です。セージとも呼ばれますが、スカボローフェアーなどで歌われるのは、チェリーセージ(こちらもセージと呼ばれます)。

ハーブの一種で葉っぱからミントのような香りがします。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用