アップルミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>アップルミント

アップルミント

アップルミント
科名シソ科
属名ハッカ属
学名Mentha suaveolens
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ハーブとしても頑健な部類に入り、土を選ばず、寒さにも強く寒冷地で土が凍らないような土地であれば戸外で越冬可能。都市部のベランダでも栽培ができます。

冬は地上部が枯れても春に新芽が出てきます。
繁殖力が強い
アップルミントは非常に頑健な植物で、地下茎で広がり、種でも広がります。一株植えただけで、庭中に広がってしまうこともあり、他の植物を駆逐することがあります。雑草を駆逐するほどですので、庭植えする場合は、気をつけてください。
広がったら困るのならば地下茎が広がらないように、板やブロックを土に植えて広がらないようにします。
参考:繁殖力が強い植物
徐々に香りが鈍くなる
地下茎で増えた場合は変わりませんが、種子で次の世代が増えると、徐々に香りが鈍くなります。
まとめ
●繁殖力が強い。他の植物を駆逐することがあるので、植える前によく考える。
●庭植えはやめるべき。プランターで育てる。
●交雑しやすく、近くに生えているミント類と交雑する。すると次世代から徐々に香りが鈍くなる。
剪定した切れ端を土の上に捨てると発根して増える。危険です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾いていたら水をしっかりと水をやります。湿度の高い環境を好みますが、あまり湿度が高いと腐ってしまうことがあります。土が濡れているなら水はやらないようにします。

とはいっても非常に頑健で、庭に植えていると雑草のように増えます。庭植えの場合は降雨だけで十分育ちます。
肥料
肥料はなくていいです。肥料をやろうとやるまいとどんどんと増えます。また肥料をやると香りが鈍くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

苗を買ってきてハーブ用の土か、市販されている花と野菜の土に植えつける。あとは水を切らさなければ問題なく育ちます。

アップルミントは場所によっては単なる雑草扱い。逆に言えばそれだけ頑健でしぶとい植物です。庭植えにすると他の植物を駆逐するので、プランターで育てる事。プランターにほかの植物と一緒に植えると、強い繁殖力でほかの植物を駆逐しますので、植えるときはアップルミントだけを植えましょう。
植えるときに注意
アップルミントは他のミント類と交雑します。交雑して生まれたミントは香りが弱くなってしまいます。だから近くにミント類を植えないようにしますし、近くにミント類がある場合はアップルミントは植えないようにします。
●香りの弱いミントなんて単なる雑草ですよ。

管理場所・日当たり

日当たりがいいに越したことはありませんが、半日陰でも生育可能。よほど日当たりが悪くない限りは大丈夫ですが、日光が少ないと香りや花が少なくなります。

その他

剪定して捨てるときに注意
アップルミントが伸びて、剪定したときに、アップルミントを切ったものをそこいらへんの土の上に投げていると、アップルミントが発根して広がってしまいます。軽い気持ちでアップルミントの切れ端を捨てないように。

特徴・由来・伝承

葉っぱや花からアオリンゴの香りがするハーブ。ハーブティー、肉・魚料理・ビネガー・ソース・サラダ、ハーブバスなどに利用されます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用