スーパーベルの育て方

MENU
TOP>ナス科>スーパーベル
スポンサードリンク

スーパーベル(カリブラコア)

nophoto
科名ナス科
属名カリブラコア属
学名Calibrachoa hybrids
別名カリブラコア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

スーパーベルはカリブラコアですので、通常のカリブラコアと同じように管理します。春に植え、秋まで花を楽しんで、冬には枯れます。関東以西では冬に霜の降りない場所で管理すれば、越冬し、春には新芽が芽吹いて億年も花が咲きます。何年かで株は弱ってしまいますが、越冬して楽しめるのはうれしいです。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。
春~秋に掛けては毎日水をやります。夏は蒸発が激しいので、朝と夕方の二回、しっかりと鉢の底から水が染み出すくらいにやります。昼に水をやると、水が沸騰して根を痛めてしまいます。

ペチュニア・カリブラコアは湿気に弱いので、梅雨時期は軒下に移動すると良いですが、移動しなかったからといって枯れるわけではありません。でも、梅雨に入ったら、下草を処理して風通しをよくしてあげましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は、市販されている通常の土か、ペチュニアやカリブラコア用の土というのも販売されていますので、これで植え付けします。

カリブラコアはナス科の植物で、他のナス科の植物やウリ科の植物と連作障害を起こします。去年ナス科・ウリ科の植物を植えた土にスーパーベルを植えると発育不良や病気になりやすいといったことになりますので、同じプランターに植える場合も、古い土は捨てて、新しい土で植え替えて下さい。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。ペチュニアは酸性雨に弱く、酸性雨に当たると花の色がにじんでグチャグチャになりますが、スーパーベルは雨にも強く、次々と小輪の花が咲きますので、そのまま戸外で管理します。

真夏にあまりに暑いと花が止まります。出来れば真夏は半日陰に移動させてやりますが、移動させなかったからといって枯れることは少ないです。少々痛んでも涼しくなれば秋にはまた葉を伸ばし、花を咲かせます。
スポンサードリンク

その他

とても花つきが良い植物なので、生育する時期の間は肥料を切らさないようにしてください。ホームセンターなどで「ペチュニアの肥料」も売っていますし、その他の液肥などでもかまいませんので、月に二回か三回、肥料をあげてください。

肥料が切れると花が止まります。

特徴・由来・伝承


スーパーベルはカリブラコアの園芸品種の名前です。育て方はカリブラコアも参考にしてください。カリブラコアの中でも小輪が長い期間、次々と咲きますので、生育は簡単で、長く楽しめます。

通常のカリブラコア同様に耐寒温度がペチュニアより低く、0度まで耐えられますので、霜に当てなければ翌年も芽吹いて花を咲かせてくれます。ただし、連作障害を起こしますので、3年か4年ほど同じ場所で育てていると徐々に株が小さくなり、消えていきます。大抵は二年も育てると別の植物が植えたくなるで問題なし。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用