ハーブゼラニウムの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>ハーブゼラニウム

ハーブゼラニウム

ハーブゼラニウム
科名フウロソウ科
属名ペラルゴニウム属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

ハーブゼラニウム?


育て方はゼラニウム
ゼラニウムは良く知られていると思います。このゼラニウムのうち、香りの強いものを「セインテッドゼラニウム」と呼んでいます。このセインテッドゼラニウムのうち、蚊避け成分の多いものを「カトリソウ」と呼びます。本来はハーブゼラニウムとセインテッドゼラニウムと同じものを指しています。
ところが
このサイトでは検索ワードが残るようになっていて、ハーブゼラニウムの検索数が多い。どうやら、ハーブゼラニウムが蚊避けになるという噂があるからみたい。この場合ハーブゼラニウムはカトリソウと同じものです。
そんな効果はほとんどない
カトリソウやニームといった「蚊避け」効果を謳った植物がありますが、その効果はかなり眉唾。確かに蚊避けの成分が含まれているのですが、それが体感でハッキリと分かるほどという話は、ちょっと聞いたことが無いです。

でも決して、変なものではないので、花と香りを楽しむなら、良いガーデニング材です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強い方です。春から秋に掛けては、土が乾いて居たら水をしっかりとやります。鉢植えならば、水が鉢底から水が出るくらいにしっかりとやります。土が濡れているのに、水をやっていると根が腐ってしまいますので注意してください。
肥料があるとよく咲きます
ゼラニウム類は花がよく咲きますので、開花時期に肥料をやるとよく咲きますし、肥料が切れると花が止まります。でも肥料がないからと言って枯れることはありません。

肥料は開花時期に液体肥料を一週間に一回か、二週間に一回、やってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の培養土で植え付けをするか、水はけのよいハーブ用土で植え付け・植え替えをします。

管理場所・日当たり

日当たりを好むが
ハーブゼラニウムは日当たりを好みますが、真夏の直射日光には葉っぱが焼けてしまいますし、高温多湿で腐ってしまうことがあります。春と秋は日当たりで管理し、夏は風通しのよい半日陰で管理します。
冬の寒さについて
ゼラニウムは霜に当たると枯れてしまいます。ですが、霜が降りる地域でも、軒下なら戸外でも越冬します。しかし、寒冷地では軒下でも、枯れます。大体マイナス5度を下回ると、軒下でも枯れます。

特徴・由来・伝承

香りの強いゼラニウムの仲間。最近は蚊避けになるとネットで売られています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用