ネモフィラの育て方

MENU
TOP>ハゼリクサ科>ネモフィラ
スポンサードリンク

ネモフィラ(ルリカラクサ・瑠璃唐草)

ネモフィラ
科名ハゼリクサ科
属名ネモフィラ属
学名Nemophila
別名ルリカラクサ・瑠璃唐草
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

霜にも強い、耐寒性一年草暖地では露地植えで充分越冬します。寒冷地では霜よけをするか、霜が降りなくなる春に植えましょう。青いものが一般的で瑠璃唐草という別名もそこから。

画像はペニーブラックという品種です。

種蒔きを秋に行って、越冬して春に咲くというのが本来ですが、種を撒くより春先に苗を購入して植えるのが一般的です。
まとめ
●日当たりを好む。
●一年草。秋から冬にかけて植えて春に開花。
肥料は控えめ。
●水のやりすぎに注意。
●霜に当たっても枯れないが、霜柱には弱い。
●霜に当たっても枯れないが、弱るのでできれば軒下で。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
土が乾いていたら水をやってください。ネモフィラは水をやり過ぎると株が腐ることもありますので、水のやり過ぎに気をつけなくてはいけません。
●ネモフィラに限らず、ガーデニング植物が枯れる原因の第1位が「水のやりすぎ」です。

肥料
成育器に二週間に一回程度薄い液肥をやってください。肥料は薄いものをやってください。肥料をやり過ぎると逆に生育が鈍ります。
肥料が多いと、葉っぱが大きく乱れてしまいます。肥料は控えた方が、全体が締まってコンパクトになってカワイイです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


秋に植えると良い
冬の寒さが来る10月に植えておくと、根が張られて、株が大きくなり春に花がたくさん咲きます。
ポット苗で植える時は土を崩さないで
ネモフィラは移植が難しく、一旦根づいてしまうと移動できません。またポット苗の場合も、植える時は根を崩さずに植えてください。根を傷めると成長不良を起こし、酷い場合は枯れてしまいます。
用土
用土は市販の花と野菜の土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
庭植えする場合、庭の土が粘土質で水はけが悪いなら、川砂やバーミキュライトを混ぜて水はけをよくしてから植え付けをします。肥えた土を好みますので、腐葉土を混ぜてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで育てる
日が当たったほうがいいですが、少々日陰でも充分育ってくれるありがたい花です。

霜では枯れないが、霜柱には弱いです
寒さに強く、霜に当たっても枯れることはありませんが、霜柱で根が持ち上がって根が傷つくと枯れてしまいます。霜柱が発生する地域の場合は、腐葉土で根本をカバーして防寒してください。
●霜に当たると一発で枯れる、ということは無いんですが、弱るので、できれば冬は軒下など霜が当たらない場所で管理してください。


温度が高いと徒長します
冬に室内で管理したり、春になって気温が高くなってくると、茎がひょろ長く伸びて来ます。冬は必ず戸外で管理してください。春になって茎が徒長してきたら、茎や葉っぱをさばいて風通しをよくしてください。
スポンサードリンク

その他

ウドンコ病・灰色かび病が発生します。

特徴・由来・伝承

ネモフィラは林を愛するという意味。林の明るい陽だまりに咲いていることが多いことから。

画像のベニーブラックはほとんど黒に白い縁取りの変わった色合いが人気の品種です。ただし従来の青い「インシグニス・ブルー」に比べると花が小ぶりです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用