マリーゴールドの育て方

MENU
TOP>キク科>マリーゴールド

マリーゴールド(万寿菊・マンジュギク・マリゴールド)

マリーゴールド
科名キク科
学名Tagetes
別名万寿菊・マンジュギク・マリゴールド
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春先以降に出回る苗を植えるのが一般的です。種を撒いて増やすことも出来ますが、普通はしません。マリーゴールドはぽんぽんと大きな花を咲かせてくれます。

センチュウにマリーゴールドは……期待しない
センチュウという害虫の虫除けになることから、実利として植えることもあります。といってもマリーゴールドが予防できるセンチュウはネグサレセンチュウくらいで、ネコブセンチュウには不安定。センチュウ対策はやはり薬にたよるのが一般的です。

一年草です
春に植えて、秋まで楽しんで、冬には枯れてしまうと考えてください。
●夏はあまりの暑さにちょっと花が休みます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて、白く変色していたら、水をたっぷりと与えてください。乾燥には強い方で、過湿に若干弱いです。水をやるときに花に水が掛からないようにすると花が長持ちしますし、水が掛かった花が腐って病気の元になることがあります。
●乾燥に強いといっても、カラカラに乾いたら当然、枯れてしまったり生育不良を起こします。

肥料
花が咲く期間に肥料をしっかりと与えていないと、エネルギー切れで花が咲かなくなります。真夏以外の開花時期には一週間に1回液肥を与えてください。
●真夏は生育が鈍くなるので肥料は止めます。真夏の元気の無いときに肥料をやるのはマリーゴールドには負担で株が弱ります。
●秋から、また咲きます。
●肥料はリンを含むものをやってください。リンは花を咲かせる成分です。チッソが多いと葉っぱが茂るばかりで花が咲きません。また肥料が多すぎても葉っぱばかりで花が咲かなく成りますから、肥料の説明書きをよく読んで肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は一般的な
ホームセンターなどで販売されている市販の培養土で植えます。市販の土にはあらかじめ肥料が混ぜ込んであります。自前で作る場合は垢玉土6腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

日当たりを好む
とにかくしっかりと日が当たる場所で管理してください。夏の暑さで、成長が止まって花が咲かなくなります。プランターなどに植えていて西日が強く当たっていると根が熱くなり、痛んでしまうので、鉢植えにしていて西日が当たる場合は半日陰に移動させてください。

花を摘みましょう
花がしぼんだら、マメに摘んでください。種を作ろうと栄養がしぼんだ花に注がれて、つぼみが付きにくくなるのも問題ですが、花を放置しておいて、雨に打たれて腐って病気の元になりやすいので注意してください。

梅雨や夏に葉っぱをむしる
マリーゴールドは風通しが悪くなって蒸れると枯れこんできますし、次の花芽が出てきません。密生していたら葉っぱをむしったり、茎を間引きます。また黄色い葉っぱがむしりましょう。

真夏に元気がないなら、切り戻しましょう
真夏にあまりに暑いと株の生育が止まり、花も咲かなく成ります。ここで無理に肥料をやるのではなく、半分ほどの草丈に切り戻して「夏をやりすごし」ます。すると秋にはまた花が咲いてくれます。

その他

マリーゴールドは品種によって花が大きいものがあります。これが雨にあたると水を吸って重くなり、茎が折れてしまいます。茎は中が空洞になっていてパっと見、頑丈そうに見えてもポッキリと折れやすいです。
また雨に濡れるると、そのまま花が腐ってしまい、病気の元になりますので、梅雨前に花を収穫することをお勧めします。

特徴・由来・伝承

マリーゴールドは「聖母マリアの黄金」という意味で学名のタゲテスは美の女神タゲスが語源となっています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用