ミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>ミント
スポンサードリンク

ミント

ミント
科名シソ科
属名ハッカ属
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴



まとめ
●異常な繁殖力で増える。庭植えはやめるべき。
●育てるなら鉢植え。
●真夏の直射日光には葉焼けを起こす。
●どうしても庭植えにする場合は、土中に仕切りをして根が広がらないようにする。
●育てること自体は簡単。
●種子は育つまで時間がかかる。苗か挿し木で。

ミントは一度植えると、冬に霜に当たっても根は残り、春になると新芽を芽吹いてくる宿根草、冬越しするハーブです。香がよく、葉っぱも鮮やかな緑なのでとてもキレイです。

初心者向きのハーブ
半日陰・日当たりでも育ち、頑健で冬を越して来年も咲きますし、地下茎で増えるのに、こぼれダネでも増えるという有難さ。あまりに育ちやす過ぎて嬉しくないくらい。

問題は他の植物の領域を侵すこと
問題は生育が旺盛で他の植物のテリトリーまで出張ってくることです。一度植えると駆除が難しいほど。庭植えはしてはいけない。どうしてもミントを庭植えする場合は、広がりすぎないように土中にブロックを植えて根が広がらないようにするなどの対策が必要です。

摘芯すると葉っぱが増える
他の植物と同じで、摘芯することで葉っぱが増えて収穫量が増えます。鉢植えで育てることになるのでそのままだと収穫量が少なくなりますので摘芯をしましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料


乾燥に弱い――けど多湿もダメ
土が乾いたら水をしっかりとやってください。ミントは乾燥に弱いのですが、それでも水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。
●と、いっても余程じゃ無いと枯れないです。


冬は水を控える
冬はミントが生育していませんので水を控えます。庭植えの場合は基本的には水やりはしませんが、軒下など雨に当たらない所で管理していると完全に乾いてしまいます。完全に乾かしてしまうと根が枯死しますので、土の状態を見て水をやってください。鉢植えの場合は土が乾いてから数日経ってから水をやるようにします。

肥料は控えて
ミントは肥料が多いと香りが少なくなるのですが、肥料が全くないと生育が鈍くなります。生育期は二週間に一回、薄い液肥をやるようにします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



市販の土で植え付けをします。もしも庭の土にそのまま植える場合は、腐葉土を混ぜ込んでください。市販している花と野菜の土(培養土)かハーブ用の土で植え付けをします。鉢植えの方法は以下のリンクを参考にしてください。

庭植えはやめときましょう
ミントは非常によく繁殖しますので、場合によっては駆除するのに除草剤を撒くなんてことになることも。よく考えて庭植え(地植え)するようにしてください。

鉢植えの場合は毎年植え替えを
ミントは根を張るスピードが速く、根詰まりすると下草から枯れて来ますので、毎年植え替えをします。植え替えは活動が始まる直前の4月前後か、活動が終わる10月前後。4月に根を整理して植え替えると春以降の生育に良いです。ミントは根をどんなにイジっても枯れないから、安心してどうぞ。古い根を落としてしまいます。
●植え替えの時にミントの香りがする。
●はびこった根は気持ち悪い。

交雑しやすいので注意!
ミントは他の品種と交雑しやすい傾向がありますので、違う品種(アップルミントとかパイナップルミントとかも)を植える場合は離して植えてください。別の品種と交雑して、出来た種子が生育したミントは香が弱くなります。
●離していても、どうしても徐々に交雑して、最後は香りがしない繁殖力が旺盛な雑草がはびこるだけになります。花(蕾)を摘めば種子はできませんから、交雑そのものを予防できますので、マメに収穫するのであれば問題はありません。

庭植えする時は広がらないように対策を
広がりやすく他の植物を駆逐するかもしれません。そこで土中にブロックを植え、余分に広がったら抜くなどの対処をするようにしましょう。

スーパーのミントでも挿し木で増える
スーパーで売っている食材のミントでも土に挿していると発根して増えます。スーパーなどで売ってるミントは香りの良い品種を選抜しているので、挿し木して増やすと香りの良いミントが量産できます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりでも半日陰でも
日当たりか半日陰で育てます。半日陰でも育ちますし、多少日光が弱くても育ちます。ただし日光が多い方が香りが強くなります。
真夏は直射日光が強すぎるので日向に置いていると葉焼けをおこします。葉焼けを起こすと収穫したくなくなるので、夏は葉焼けが起きないような半日陰に移動させてください。もしくは最初から半日陰の場所で育てます。

冬は地上部が枯れても春には芽吹く
冬は寒さで地上部が枯れてもまた春にはまた芽吹きます。
北海道でも自生している場所があるくらいですから寒さには強いのですが土が凍結すると枯れてしまいますので、寒冷地では冬は腐葉土でマルチングして防寒してください。

コンパニオンプランツとしても
アブラムシや毛虫を忌避するとも。ただし繁殖力が旺盛なのが問題。
参考コンパニオンプランツ
スポンサードリンク

その他

ハダニ・青虫・尺取り虫などが発生する。
ハダニは葉っぱに水をかけることで予防できます。
花が咲くと香りが弱まる
ミントは花が咲くとそこにエネルギーを注いで、香が弱くなります。そこで花が咲いたら摘んでしまうのも手です。ミントはこぼれダネだけではなくて、根っこが生きていれば翌年も咲きますので、花は摘んでも問題ありません。
●花が咲くと、葉っぱや茎が硬くなるので、蕾のうちに摘めば味が維持できます。
●花を摘むことで脇芽も出て、葉っぱが増えて収穫も増えるます。

収穫について
葉っぱは適宜、積んでいきます。完全に地上部をバッサリと切っても枯死する事はないので、遠慮なく収穫してください。普通は上から半分ほどを収穫します。収穫することで摘芯になり、脇芽が出てさらに収穫が増えるので、「花・蕾を詰む」のも兼ねて収穫しましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ギリシア神話に出てくるニンフ(妖精)のメンテーが語源。

ミントが生まれた物語はいくつかあります。

1つは冥界の王ハデスがコキュートス川のニンフ(妖精)のメンテの美しさに見惚れ、浮気してしまう。それに気づいたハデスの妻ペルセポネーがメントを「お前などくだらない雑草になってしまえ」と姿を変えてしまった。それがミントと言われています。それからミントはハデスの神殿の庭で、可愛らしい姿と芳香を放って、自分の居場所を知らせるのだといいます。

もしくは、地上を見回っていた冥界の王ハデスがメンテに目をつけ、さらおうとしていた。妻であるペルセポネーもかつてハデスにさらわれて身であることから、メンテを哀れんで雑草に変えて、茂みに隠してハデスから隠したというお話です。

また、ミンテは冥界と地上を行き来できる妖精だったと言われ、その香には思い出を強く残す効果があるとされています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ミントの関連記事

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用