ブルーサルビアの育て方

MENU
TOP>シソ科>ブルーサルビア
スポンサードリンク

ブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)

ブルーサルビア
科名シソ科
属名アサギリ属
別名サルビア・ファリナセア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


湿気と高温に弱い傾向があり、特に湿気に弱いです。梅雨の時期に風通し良くするために、少し間引いた方がいいでしょう。水はけのいい土にするために、通常販売されている土に軽石を混ぜるといいです。
寒さに弱いので、一年草扱い
寒さに弱く、霜が降りる地域では越冬できずに枯れてしまいます。暖地であれば越冬できます。また秋までに切り戻し挿し木した小さな株を冬の間室内で管理して越冬させることも出来ますが、普通は面倒なのでそこまでしません。
ラベンダーセージとは性質が違います
ブルーサルビア園芸品種であるラベンダーセージは耐寒性が強く、マイナス5度程度の寒さになっても枯れません。ブルーサルビアもラベンダーセージも学名上は「サルビア・ファリナセア」になります。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をやります。乾燥にも弱いので水切れにも気をつけますが、どちらかというと湿気に弱いために水のやり過ぎは根腐れの元です。土が乾くまでは水を控えてください。
庭上の場合でも水を
庭植えしていても、乾燥しすぎるようであれば水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい、肥えた土を好み、酸性の土を嫌います。庭に植えるときは植え付けをする二週間前に苦土石灰を混ぜ込んで堆肥を入れて耕しておきます。
鉢植えの場合
鉢植えの場合はハーブの土を利用します。もしくは市販の花と野菜の土に川砂を混ぜて利用します。
挿し木でいくらでも増えます
4月から5月に切り戻したときに出た枝を土に挿していると簡単に株を増やすことができます。発根剤をつけると成功率がグンとあがります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。

その他

アブラムシが沸きますが、ほかには無し。

特徴・由来・伝承


ラベンダーにも似た青紫のサルビア。背丈は25センチ~50センチほどで、長期間花をつけるのですが、梅雨から夏の間は暑さと湿気で花つきが悪いです。
梅雨の時期に風通しのいい状態を保てていないと、花が満足に咲かないうちに枯れてしまうことがありますが、条件さえ揃えば、長く楽しめるガーデニング品種です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用