ラベンダーの育て方(剪定とラベンダーの開花時期とか)

MENU
TOP>シソ科>ラベンダー
スポンサードリンク

ラベンダー

ラベンダー
科名シソ科
属名ラベンデュラ属
学名Lavendula
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴



ラベンダーは寒さには耐性があり、0度まで耐えられます。0度以上あれば越冬が可能です。
反対に高温多湿に弱いために夏越えが大事になります。
ラベンダーには多種あり性質が違う
ここで書かれているものはラベンダーのおおまかな性質です。なので各種類によっては求める環境などが異なります。例えばレースラベンダーは暑さ・寒さに弱く、霜に当たると枯れてしまいます。
系統・品種の違いはこちらから
系統まとめ(ラベンダー)

水やりと肥料

乾燥気味を好む
土が乾いて居たら水をしっかりとあげます。ラベンダーはハーブですから、乾燥気味の状態を好みます。頻繁に水をやると葉っぱや根を傷め腐らせてしまいます。
特に梅雨の長雨はつらい状況なので、梅雨に雨が当たらないようにしてやってください。
冬に水やりを控える
冬は生育が鈍くなります。寒さに強い種類も弱い種類も冬は水を控えてください。戸外で管理する場合、水やりは朝にします。夕方に水をやると翌朝に水が凍って霜柱になって根を痛めます。
肥料はあげすぎないで
肥料をあげすぎると傷みます。肥料は固形肥料を少量春と秋に与えるか、薄めた液体肥料をあげます。どちらにしても多すぎると花が少なくなります。
●少なくてもいいですが、全くあげないと徒長することも
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


水はけの良い土を好みます。赤玉土5に腐葉土3と川砂2を混ぜたものを使います。市販されている野菜用の土では水持ちが良いですが、かといって育たないというわけではありません。出来れば市販の土に赤玉土の小粒を混ぜて水はけをよくしてください。
最近は専用の土を売っている
もしくはラベンダーもしくはハーブの専用土を使います。ラベンダーやハーブの専用土の方が便利かつ自作するより安上がりです。
植え替えは一回り大きな鉢
根詰まりすると枯れこむので植え替えします。植え替えをするときは土を落とさずに一回り大きな鉢に新しい土を足して植え替えをします。土を落とさないのは株にストレスを与えないためです。
●植え替えるときに地上部を半分ほど刈り込みます。刈り込むことで根の負担を減らして回復を早めます。
雑記
●庭植えする場合、傾斜地のような水が流れ出ていく場所に植えると水はけ対策になります。また植える場所を一段高い場所に植えることで水はけが良くなります。
●種子がありますが、成長が遅く、上級者向きです
●種子は春化処理が必要です。春化処理とは寒さに当てることで発芽させる処理です。冷蔵庫に三日ほど入れてから水に一日つけておいてから、撒くと発芽します。
●春化処理をしなくても、発芽しないわけではないですが、発芽率が低いです。
●ダイソー種子でも十分発芽します
●一般家庭では苗で十分です
挿し木で増える。イングリッシュ系(アングスティフォリア系)は株が突然枯れることがあるので挿し木して保険を掛けておくのが常套手段。
●苗を植えて一年目の冬は霜柱で根が浮き上がってしまうと枯れてしまいます。腐葉土などでマルチングするか、軒下に移動させるか、室内で管理します。二年目以降は品種にもよりますが寒さに強いタイプは大丈夫です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


問題は夏の暑さ
日当りのいい場所で管理して、高温多湿に弱いので風通しのいい場所で管理します。どのラベンダーも夏の高温多湿に弱いので気を付けてください。梅雨前に刈り込んで風通しをよくすることで夏越しをします。鉢植えであれば半日陰に移動させて下さい。
冬の管理は各説明ページで
冬の管理は各ラベンダーによって違いますので各説明ページで確認してください。分からないときは室内で管理するのが無難です。
夏越しと冬越しは品種を選べば楽
夏越しと冬越しが毎年大変、なのですが、環境に合わせて品種を選べばそうでもないです。暖地ではラバンディン系やストエカス系。寒冷地ではアングスティフォリア系から選ぶと無難。
花ガラ摘み
花が枯れてきたら、花から葉っぱを二組ほど切り戻します。
スポンサードリンク

その他

もしもポプリやドライフラワーにするのであれば、収穫は花が咲き始めた頃が適しています。ただ、花が咲き始めの時点で刈り取るのは、ガーデナーとしては心が痛みます。
北海道でラベンダーが栽培される理由
ラベンダーは過湿に弱く、特に厳しいのが「梅雨」です。北海道には梅雨が無いので栽培に適していますが、他の地域では梅雨に注意しなくてはいけません。

特徴・由来・伝承

ラベンダーの名前の由来は「洗う」という意味のラテン語に由来しています。これはローマ人が入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れたからと言われています。

ラベンダー色と言えば、薄紫色を指します。

ラベンダーには●アングスティフォリア系(イングリッシュラベンダーなど)●ラバンジン系●フレンチ(ストエカス)系(フレンチラベンダーなど)●デンタータ系●プロテストエカス系(レースラベンダーなど)とあります。

●イングリッシュ系(アングスティフォリア系)は突然死があり、剪定することである程度は防げる。ただし夏の暑さに弱いので、突然死か多湿に弱ったかは、判断しづらいことが多い。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ラベンダーの関連記事

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用