アクセスランキング


1位 植えてはいけない植物
[植える前に一読]一度植えるとはびこって大変なものや、問題を起こしやすい植物を集めておきました。植えるか植えないかはもちろん貴方次第ですが、何も知らずに植えると厄介なことになるかもしれません。略して「ウエイケ」。[+[まとめ]●トゲのあるものは注意。●ツバキ科の植物はチャドクガという厄介な毒虫を呼び寄せま…
2位 繁殖力が強い植物
あまりに繁殖力が強い植物を植えていると、他の植物を駆逐して隅に追いやり、消滅させてしまいます。一旦植えると駆除の難しいものもありますので、植える前にチェックしておきましょう。[[一番無難なのは鉢植え。鉢植えにしてしまえば、そこからやたらめったら広がることはありません。]][特別注意すべきは]ミ*ント、オキ…
3位 11月のシクラメンの管理・手入れ
シクラ*メンの植*え替えは9月に行い11月には植え替えて二ヶ月目。葉っぱはよく生育していて、花も多少咲いているかも。11月になると地域や年にもよりますが、戸外ではまず枯れます。霜に当たれば一発で枯れますし、霜に当たらないような軒下でも、さすがに戸外では枯れます。必ず、室内に取り込んでください。[+[まとめ]●…
4位 11月の胡蝶蘭の管理のコツ
10月から最低気温が18度を下回り、室内に取り込んでいるでしょう。11月も同様に最低気温18度を下回る環境で管理します。胡蝶蘭は寒さに一ヶ月ほど当たらないと花芽ができません。よって頑張って暖かいところで管理する花が咲かなくなるので気をつけてください。11月は室内で管理していても15度を下回ります。15度…
5位 11月のクリスマスローズの管理
11月は気温が下がり、クリスマスローズとしてはよく生育する時期で、水を吸い上げて肥料を吸収して葉っぱを増やし、根が伸びて、花芽を蓄えます。11月はギリギリ作業ができる時期です。12月以降は寒さが本格的になって、地域によっては雪に埋もれてガーデニング作業は厳しい、というかあんまりしたくない時期です。[-●2月3…
6位 ニチニチソウ(ビンカ)の冬越しまとめ
[+[まとめ]●室内の日当たりで管理する。●暖房の風には当てないこと。●10度以下になると枯れるとされるが、水を控えることでもう少し寒さに強くなる。それでも越冬は厳しい。●15度以上だと開花もある。●冬は水やりは控える。控えることで寒さに強くなる。●春になったら…霜が降りなくなったら…一回り大きな鉢に植え替える。…
7位 カランコエ
冬は日当たりのいい室内で、春・秋は雨の当たらない日当たりのいい戸外で管理します。カランコエの葉っぱは水に当たると、腐ってしまいます。[-●[[カランコエの大敵は過湿と低温。]]水のやりすぎで腐らせたり、うっかり冬に取り込み忘れて枯らすことが多いです。-][意外な罠・直射日光に注意]夏の直射日光に当たるとカラン…
8位 ペルネチア
[実を鑑賞する植物]5月6月に小さな花を咲かせ、秋に丸い実をつけます。ペルネチア(真珠の木・ハッピーベリー)はこの実を観賞する植物です。この実が非常に長く鑑賞できます。秋から翌年の春(3月)まで。ピンクの実と白の実のものがあります。ハッピーベリーという名前で流通しているので食べられるかと思いがちですが、…
9位 プリムラジュリアン
[概要]プリムラジュリアンはサクラソウ科のプリムラジュリエとプリムラポリアンサとの交配種です。ジュリアンは分類上は多年草ですが、[[夏の暑さと湿気に枯れてしまうので一年草扱いです。]]ただし、夏越しは不可能ではありません。30度以上になったら風通しのよい日陰で管理すれば、地域によりますが夏越し可能です。…
10位 ラベンダーグロッソ
[栽培の概要]ラバンディン系のラベンダー。寒さに強いが、若干高温多湿に弱い。弱いといってもラベンダーとしてはかなり夏に強い方で暑さ(30度くらい)でも問題ない。大柄で草丈は160cm〜175cmまでになる。樟脳の匂いがして香りは好みが分かれ、食用(ハーブティ・ハーブバスなど)には向かない。地上部が枯れ込んで…
11位 ポインセチア
ポインセチアはトウダイグサ科の低木。真っ赤な花が綺麗な冬の定番植物。常緑低木でメキシコ原産の高温乾燥の地域に自生している植物ですので、冬に出回る割には[[寒さに弱い植物]]です。育てること自体は簡単で、来年も花を楽しむことは出来なくもないですが、花を咲かせるのが…短日処理をして赤くするのが非常に大変。[[…
12位 シクラメン
シクラメンはサクラソウ科の球根植物。日本では冬に流通するが、決して寒さに強いわけではない。よくお歳暮でプレゼントされ、コツを知らずに枯らしてイメージが悪いが、室内の涼しいところで管理し、水を切らさなければ冬(11月)から春(3月4月)までの長期間開花してくれる。霜にも強いガーデンシクラメンもあり、そち…
13位 ビオラ・パンジーの切り戻し(摘芯)のコツまとめ
このページではビオラ・パンジーを楽しむ大事なコツの切り戻しについてまとめています。[+[まとめ]●ビオラ・パンジーの切り戻しは脇芽を増やして花を増やす目的と、風通しを良くするという目的がある。●寒い時期は脇芽を増やす切り戻しをする。●3月以降は風通しを良くして蒸れを防ぐ切り戻しを。●脇芽を増やすためには、…
14位 11月のラベンダーの栽培
[+[まとめ]●水やりは乾燥気味に。鉢植えは土が乾いてから数日経って水をやる。●庭植えは自然雨だけでいいです。水やり不要。●肥料はやらない。●土の凍結と乾燥対策として鉢植えも庭植えもマルチングをする。●プテロストエカス系は室内で管理。人が生活しているリビングなどで育てる。●ストエカス系も室内へ。-]
15位 クリスマスローズの古葉取り
11月・12月・1月ごろにクリスマスローズの古い葉を取り除く「古葉取り」という作業を行います。作業をすることで、次の葉と花が出やすくなります。必須の作業です。必ず行ってください。このページでは古葉取りについてまとめています。[-[古葉取りのまとめ]●去年出た古い葉っぱを取り除く。●株元に日光が当たることで、新…
16位 クリスマスローズ
[寒さに強い冬の女王][[寒さには強く、霜に当たっても傷みはしますが、枯れることはありません。]]とはいえ、できれば、低木の足元に植えるか、簡単な霜よけがあるといいです。寒さに強く霜に当たっても枯れないのですがマイナス5度くらいまでさがると葉っぱが傷み、茎がダラっとなり傷んでしまいます。鉢植えにした場合…
17位 11月のクレマチスの栽培・管理
涼しくなり、常緑種以外の普通のクレマチスは葉っぱが落ちてしまいます。旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)と新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)は昨年に生育した枝に花が咲くものですから、秋以降には剪定をすると、花芽まで落としてしまうことになり、来年、開花しなくなります。花が咲いている場合は花首で落とす程…
18位 パンジー
[概要]ガーデニング初心者はまず冬にパンジー・ビオラ、夏はペチュニアを植えるってくらいの定番ガーデニング材。これに挑戦して水やりの感覚などを掴んでから他の植物に手を出したほうが無難です。パンジーやビオラは花色が多く、冬の花の少ない時期に開花し、しかも長期間開花し、次々咲いてくれますし、盛んな品種改良…
19位 皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法
皇帝ダリアは4m以上に育ちます。広い土地に植えたり、倒れても問題ない場所以外ならば、支柱を立ててやります。しかし皇帝ダリアを支える3mの支柱なんてそうそうありません。そこで、[[1mほど育った当たりから、こまめに摘芯します。]]摘芯すると上へと伸びるのをかなり抑えられます。これで2m前後に抑えることも出…
20位 モミジバゼラニウム
長く育てていると木のようになってきます。半耐寒性で、寒さにはある程度の抵抗がありますが、霜に当たると枯れます。冬は軒下で管理することが多いです。地域によっては寒さで枯れますので、室内に取り込んでください。[茎だけがニョキニョキと伸びたら……]長期間育てていると、山葵(ワサビ)みたいに、ヒョロっと伸びて…
21位 プラチーナ
[生育サイクル]秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。[意外と頑健で使いやすいカラーリーフ]まず冬は霜に当たると枯れるとされますが、霜にさえ当たらなければ大丈夫。霜に当たらないように何かし…
22位 10月のクリスマスローズの管理
10月は気温が下がり、クリスマスローズにとって生育の季節です。種類によっては葉っぱが出て、根が広がり、株が充実します(品種によっては秋も変化がない)。そこで10月は日光に当てて肥料をやって、水が切れないように管理する時期になります。鉢の植え替えや庭への植え付けも可能です。[+[まとめ]●花芽形成の時期。株の…
23位 アリッサム
ア*リッサムは冬の間もかわいい花が咲くので初心者向きです。秋やまだ寒い早春に植えて、夏まで楽しみ、夏には暑さで枯れる一年草扱いの植物です。こぼれダネで増えることがあり、環境が合えば、一度植えると毎年出てきます。開花が長いですが、ずっと咲き乱れているわけではなく、真冬はまばら。それでも園芸植物としては…
24位 オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
[概要]このページではグランドカバーに使われるもののうち「よく使われる」「人気」で「オススメ」のものをまとめています。[+[まとめ]●一番の候補は★クラピア。日当たりならどうぞ。●リュウノヒゲの玉竜(★タマリュウ)は乾燥に強く、日陰でも枯れないので使い勝手良い。●★クローバーは花が傷んだときに汚いし、根が深く…
25位 ガーデンシクラメン
このページはガーデンシクラメンの育て方についてまとめています。ガーデンシクラメンは日本の農家が寒さに強い系統を選抜、交配し開発した品種です。通常のシクラメンは霜に当たると、一発でダメですが、[[ガーデンシクラメンは弱るものの枯れるわけではありません。]]お庭に露地植えするのに向いています。背丈の低い花…
26位 コニファー
コニファーは針葉樹の総称でこれといった品種を指すことはありません。常緑樹で、成長しても樹形が乱れないために庭木に向いています。よく知られているのがゴールドクレスト。よくクリスマスのツリーにされるが、ゴールドクレストは日本の気候に合っていないので気を付けてください。[-[参考]★コニファーを金属のハサミで…
27位 ビオラ
[概要] ビオラはスミレ科スミレ属の一年草(種類によっては宿根草)。冬のガーデニングの代表。初心者が最初に手をつける花と言われるのですが、実は熟練者こそビオラを植えます。花色が多く、開花時期が長く、背が伸びず、広がりすぎず、失敗がなくて、とても優秀です。秋まき一年草です。 パンジー・ビオラは品種改良の…
28位 よく咲くスミレ
パンジーの園芸品種の一つ。パンジーというと花が大きい印象がありますが、中輪で大きすぎず色合いも、鮮やかでありながら、どぎつい模様も無くかわいらしいものが多いです。[生育サイクル]秋に苗を植え、冬から春に掛けて咲きます。その後夏には暑さで枯れてしまいます。[花ガラを摘みましょう]しぼんだ花のことを花ガラ…
29位 高芽…胡蝶蘭の花茎から葉っぱと根が出てきたら
ここでは胡蝶蘭の高芽のまとめをしています。[-[高芽のまとめ]●花が終わったあと、花茎の節から葉っぱが出てくることがある。●これを高芽という。●高芽は熱帯夜が続くと出る(他の原因でも出るが主な原因は熱帯夜)。●高芽から根が3本以上出て生育したら、株分けも可能。●だけど、株が消耗するので普通は早めに切ってしま…
30位 キングバンブー
育てるのは簡単。水をやり、温度を10度以上にすること。5度以下にしないとよく説明書きに書いてありますが、熱帯の植物で実際には寒さに弱くて5度以上でも枯れることが。正式にはドラセナのサンデリアーナで、決して竹ではありません。またキングバンブーなるものが流通して間もない割に、大量に出回っているので、情…
31位 食べた果物の種から育てられる植物
[種子から育てる]スーパーや八百屋で売っている果物や野菜を食べた後の種子は発芽するものが多いです。ですが、輸入品の果物は日本では栽培できないものが多く、発芽しても収穫までは到底不可能です。また、種子を発芽させても、その種子はその果物や野菜の性質をそのまま受け継いではいません(味がイマイチとか、実が大…
32位 11月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
11月はもう「冬」。霜が降りるし、地域によっては雪も降る時期です。ちなみに霜は明け方に4度以下になると降り始めます。霜に当たってもビオラ・パンジーは枯れませんが、作業するのが辛い時期ですから、植えるのは霜が降りる前までにしておきたいです。地域によりますが10月までに終わらせるといいです。といっても、11…
33位 シャコバサボテン
シャコバサボテンはサボテンと名がつくために暑さに強いようなイメージを持ちがちですが、寒さに強く(強いといっても耐寒温度0度ですけど)、真夏の暑さに弱い傾向がありますので気をつけてください。デンマークカクタスやクリスマスカクタスという種類もありますが、これらはシャコバサボテンを品種改良したもので、育て…
34位 レウコフィルム
春から秋に掛けて咲く、常緑低木の植物。初心者でもこぼれるように咲かせることが出来ます。耐寒性がありマイナス五度まで耐えます。夏の暑さにも意外と耐性があって、年々大きく育って毎年咲きます。[特筆すべきは葉っぱ!]銀葉で美しい葉っぱはカラーリーフとしても十分鑑賞できます。これに花が咲き、その上育てやすい…
35位 皇帝ヒマワリ
[概要]皇帝ヒマワリはキク科の一年草(地域によっては多年草)。苗を植えたり、昨年の皇帝ヒマワリを霜が下りる前に挿し木(挿し木というか輪切りにして室内で管理)したものを庭植えしてしまえば、後は水やりと肥料で簡単に育ちます。しかし、樹高が4メートルに育つこともあり、しかも強風に弱く、霜に当たると一発で枯…
36位 ポリゴナム
濃い緑の葉っぱに金平糖のようなピンクの花を咲かせる匍匐性の植物。開花時期は長いですが、真夏の日当たりでは花が一時的に止みます。[冬は地上部が枯れますが春にはまた芽吹く]霜に当たると地上部は枯れてしますが、地面が凍らない限りは根は生きていて春になると芽吹く宿根草。またこぼれダネを残すのでそれから繁殖し…
37位 ラベンダーの強剪定の時期と方法
このページではラベンダーの強剪定をする時期と、その具体的な方法をまとめています。[+[まとめ]●ラベンダーの株のリフレッシュのために強剪定は必要。●強剪定の時期はラベンダーの系統によって違う。●2年に一回か3年に一回、強剪定をする。●木質化している部分の新芽が出ている上のところまで剪定する。●剪定には剪定のハ…
38位 12月の胡蝶蘭の管理のコツ
12月に入り、気温は低下。胡蝶蘭にとっては非常に厳しい時期です。[[12月で一番大事なのは防寒です。]]寒さをどうするのかです。逆に言えば、防寒以外にこれといった作業はありません。[[昼間はできるだけ日に当ててあげます。そして夜になったら、衣装ケースなどに入れて防寒します。]]衣装ケースに入れないで放置してい…
39位 アンデスの乙女
アンデスの乙女はブラジル原産のマメ科センナ属(カッシア属…カッシアは旧属名)の常緑低木。アンデスの乙女は商品名(流通名)で正確には「ハナセンナ」。学名ではセンナ・コリムボーサ(Senna corymbosa)。頑健で、本来は2メートルほどになる。耐寒性がある程度はありますが、冬は室内で越冬するのが無難です。花が終…
40位 アマリリス
[概要]アマリリスはヒガンバナ科の球根植物。花が大きく立派で、インパクトがあり春にギフトものとしてよく流通している。切花としても流通している。品種もたくさんあり多色あります。花が終わった後に、葉っぱを残して日当たりで管理した後に、冬に寒さ(10度)に当てて水を切って休眠させると花芽ができる。休眠させな…
41位 アキランサス
アキランサス(アルテルナンセラ)はヒユ科の植物。秋になると紅葉するのが魅力の園芸植物。背が低いので、庭のグランドカバーに向いています。赤く紅葉するものと黄色くなるものもあり、よく植物の植えつけで文字や模様を描く材料にします。初秋に花が咲きますが、ほとんど目立たない程度のもので観賞するようなものでは…
42位 千日小坊・千紅花火

43位 レモンユーカリ
レモンユーカリはユーカリの仲間。フトモモ科の常緑植物。性質としてはほぼ同じ。葉っぱがレモンの香りがするが、触れると香る…つまり、触れないと香らない。香りが強いのは新芽のところだけで、他の硬い葉っぱは揉まないと香りがしない。種から育てることも苗を植え付けることも出来ますが、苗はあまり流通していませんの…
44位 切り戻し
[脇芽を出して花数を増やす]植物はそのままに育てていると、脇芽を伸ばさずに上へ上へと伸びていきます。このままだと花が先端に咲くだけで花が少なくなってしまいます。そこで、つるの先を切ってしまうことで、脇芽を出して花の数を増やします。[風通しを良くする]園芸植物は日本以外の地域から来たものがほとんどです。…
45位 古い土の処分方法(初心者向け)
ガーデニングで鉢やプランターに植える際には、とにかく土は新しいものを使わなくてはいけません。詳細は「★必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)」のリンク先でご覧ください。では古い土はどうするのか???という新たな問題が発生します。このページでは古い土の処分方法をまとめています。[+[まとめ]●古い土は雑…
46位 胡蝶蘭の花芽形成・開花させる方法と条件
胡蝶蘭の開花のための条件をまとめたページです。[+[まとめ]●大型の一般的な胡蝶蘭は18度に40日ほど当たることで花芽ができる。●中型のミディは20日で花芽ができる。●小型のミニ胡蝶蘭は株が充実すると花芽ができる。●室内で管理する場合18度になるのは10月前後と5月前後。●温室がない場合、10月にできた花芽…
47位 ローズマリー
[栽培の概要]ローズマリーはシソ科アキギリ属(サルビア属)のハーブ。以前の学名は「Rosmarinus officinalis」で、アキギリ属に移動して現在の学名は「Salvia rosmarinus」に。環境が合えば夏越し・越冬も可能で比較的育てやすい低木のハーブ。手間が掛らないのですが、夏の過湿で枯れたり、冬の霜に何度か当たって枯れた…
48位 12月のラベンダーの栽培
寒さに強いアンギスティフォリア系にとっては12月くらい寒い方がいいくらいです。[+[まとめ]●水はやり過ぎない。土が乾いてから数日経って水をやる程度。●寒風が株元に当たると乾燥し過ぎてしまうし、土が凍結するので、マルチングをする。●マルチングは庭植えも鉢植えもする。室内で管理するときもマルチングした方がいい…
49位 皇帝ダリア
皇帝ダリアはキク科の多年草。水やりのテクニックなどは不要ですが、非常に大きく育つのと、(毎年の)支柱立てと真冬の刈り取り作業が力仕事で大がかりである点が難しいです。巨大ヒマワリのロシア・タイタン・アメリカンジャイアントなどとキャラクターが近い(ただし開花時期は違う)ので、一緒に植える人が多いです。…
50位 11月のブルーベリー栽培のコツ
11月になるとハイブッシュ系のブルーベリーは紅葉します。元々がドウダンツツジの仲間ですから紅葉も観賞価値があります。ラピッドアイ系は地域によっては紅葉が鈍いですし、冬になっても落葉しない場合もあります。[+[まとめ]●庭植えでも乾燥に注意。●暖地・中間地では肥料をやる(寒冷地は肥料をやらない)。●暖地・中間…

その他のページ

  [next]