アクセスランキング


1位 11月のシクラメンの管理・手入れ
シクラ*メンの植*え替えは9月に行い11月には植え替えて二ヶ月目。葉っぱはよく生育していて、花も多少咲いているかも。11月になると地域や年にもよりますが、戸外ではまず枯れます。霜に当たれば一発で枯れますし、霜に当たらないような軒下でも、さすがに戸外では枯れます。必ず、室内に取り込んでください。[+[まとめ]●…
2位 モミジバゼラニウム
モミジバゼラニウムはフウロソウ科テンジクアオイ属(ペラルゴニウム属)の多年草のペラルゴニウム・ゾナーレとペラルゴニウム・インキナンの交配種。モミジバゼラニウムの学名のhortorumはラテン語の「庭」という意味。長く育てていると木のようになってきます。半耐寒性で、寒さにはある程度の抵抗がありますが、霜に当…
3位 ニチニチソウ(ビンカ)の冬越しまとめ
このページでは日々草(ニチニチソウ)の冬越しについてまとめています。
4位 ラベンダーグロッソ
ラベンダーグロッソはラバンディン系のラベンダー。寒さに強いが、若干高温多湿に弱い。弱いといってもラベンダーとしてはかなり夏に強い方で暑さ(30度くらい)でも問題ない。大柄で草丈は160cm〜175cmまでになる。樟脳の匂いがして香りは好みが分かれ、食用(ハーブティ・ハーブバスなど)には向かない。地上部が枯…
5位 アキランサス
アキランサス(アルテルナンテラ)はヒユ科の多年草。5月〜夏に植え付け、秋になると紅葉するのが魅力の園芸植物。寒さに弱く、冬は枯れる一年草扱いです。背が低いので、庭のグランドカバーに向いています。赤く紅葉するものと黄色くなるものもあり、よく植物の植えつけで文字や模様を描く材料にします。初秋に花が咲きま…
6位 ペルネチア
ペルネチア(真珠の木・ハッピーベリー・デコベリー)はツツジ科ペルネチア属の南米の高山に自生する耐寒性常緑低木。5月〜6月にスズランのような小さな花を咲かせ、秋(9月)に丸い実をつけます。ペルネチア(真珠の木・ハッピーベリー・デコベリー)はこの実を観賞する植物です。この実が非常に長く期間…秋から翌年の春…
7位 ホワイトソルトブッシュ
ホワイトソルトブッシュ(ラゴディアハスタータ)はヒユ科のオーストラリア原産の常緑低木。学名がラゴディア・ハスタータ。乾燥に強く寒さにも強い。夏の暑さにも強い。耐寒温度はマイナス10度。花が咲きますが、花は非常に小さく鑑賞目的とするには、物足りないものです。銀葉(シルバーリーフ)のカラーリーフで、多…
8位 ハマオモトヨトウ
ハマオモトヨトウはヤガ科の蛾の一種で、この幼虫がハマユウ(ハマオモト)、ヒガンバナ、アマリリス、タマスダレ、スイセンなどのヒガンバナ科の植物の葉や球根を食べる。★★ヒガンバナ亜科の仲間まとめヒガンバナ科というと毒があり、そのおかげで害虫は付きにくいのですが、ハマオモトヨトウとスイセンハナアブはヒガン…
9位 プラチーナ
プラチーナ(プラティーナ)はオーストラリアに自生するキク科カロケファルス属の銀色の葉っぱが綺麗な常緑低木。秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。まず冬は霜に当たると枯れるとされますが、…
10位 プチダリア
プチダリア(ガーデンダリア)はキク科ダリア属の多年草のダリアから交配を繰り返して作り出した小さい品種です。春から夏・初秋まで花が咲き、冬は休眠します。育て方は一般的なダリアと同じですが、ダリアが一輪を大きく育てるのに対して、プチダリアは摘芯をして脇芽を出し、輪数を増やすという手法をとります。春に植…
11位 レモンユーカリ
レモンユーカリはユーカリの仲間。フトモモ科の常緑植物。性質としてはほぼ同じ。葉っぱがレモンの香りがするが、触れると香る…つまり、触れないと香らない。香りが強いのは新芽のところだけで、他の硬い葉っぱは揉まないと香りがしない。種から育てることも苗を植え付けることも出来ますが、苗はあまり流通していませんの…
12位 大根
大根はアブラナ科ダイコン属の野菜。8月〜10月に種を撒き、収穫は10月〜2月。大根の生育温度は17度~20度。涼しい環境を好みます。大根は8月〜10月に種まきする秋蒔きと、3月〜5月に種まきして春から夏にかけて収穫する春蒔き大根とありますが、春蒔きは害虫が発生しやすく一般家庭の家庭菜園向きではないので、秋蒔きが定…
13位 レウコフィルム
レウコフィルムはアメリカ南部〜メキシコに自生するゴマノハグサ科レウコフィルム属の常緑低木。春から秋にかけて咲き、初心者でもこぼれるように咲かせることが出来ます。耐寒性がありマイナス5度まで耐えます。夏の暑さにも意外と耐性があって、年々大きく育って毎年咲きます。銀葉で美しい葉っぱはカラーリーフとしても…
14位 シルバーティーツリー
シルバーティーツリーはニュージーランドに自生するフトモモ科レプトスペルマム属の常緑低木。シルバーという名前の通り、葉っぱが白みがかったシルバーリーフ。香りがあり、ハーブティーにできます。よく聞く「メラレウカ」も「ティーツリー」と呼ばれますが、メラレウカは「メラレウカ属」でシルバーティーツリーは「レ…
15位 バロータ
バロータはシソ科バロタ属の多年草植物で、見た目がフワフワのフェルトのようなシルバーリーフ。葉っぱがフェルトみたいで、こすると甘い香りがします。初夏に小さなモルセラみたいな花を咲かせます。花は小さく、目立ちませんが、それなりに可愛い。[草丈]30cm〜50cm
16位 ピレアグラウカ
ピレアグラウカはイラクサ科ピレア属のヨーロッパでも人気の観葉植物。ピレアの仲間ですが、容姿が全然違いますね。少しくすんだ渋い色合いの小さな葉っぱと赤い茎。気が利いております。見た目は弱弱しいのですが、なかなかタフガイで、少々傷んでも環境が整えば復活します。よく茂るので、キレイにまとめるためにちょく…
17位 よく咲くスミレ
「よく咲くスミレ」はスミレ科スミレ属(ビオラ属)のパンジーの園芸品種の一つ。パンジーというと花が大きい印象がありますが、中輪で大きすぎず色合いも、鮮やかでありながら、どぎつい模様も無くかわいらしいものが多いです。名前の通り、開花は多いですが、植えた人によっては「名前ほどじゃない」と言うかもしれませ…
18位 ブルーアイス
ブルーアイスはヒノキ科イトスギ属のウスカワアリゾナイトスギの栽培品種。名前の由来となっている細い葉っぱの白銀色は、新芽ほど綺麗。この白銀は徐々に緑と変わりますが、緑になっても綺麗です。剪定に強く、病害虫も少ない、比較的育てやすいコニファー。また耐暑性もあり、北海道では枯れてしまうとはいえ、耐寒性も…
19位 11月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
11月はもう「冬」。霜が降りるし、地域によっては雪も降る時期です。ちなみに霜は明け方に4度以下になると降り始めます。霜に当たってもビオラ・パンジーは枯れませんが、作業するのが辛い時期ですから、植えるのは霜が降りる前までにしておきたいです。地域によりますが10月までに終わらせるといいです。といっても、11…
20位 リトルミッシー
リトルミッシーはベンケイソウ科クラッスラ属の南アフリカ原産のクラッスラ・ペルシダ(Crassula pellucida)の亜種であるマルギナリスの斑入り品種です。ミッシーとは英語で若い娘・お嬢さんという意味で、その名の通りに見た目が非常にかわいらしい多肉植物です。状態がよければ小さな白い花が4月から9月あたりに咲きます…
21位 11月のラベンダーの栽培
11月になり、気温が下がってきています。庭植え・戸外で管理していて凍結するようであればマルチングをして凍結を防ぎ、水やりは控えます。[+[まとめ]●水やりは乾燥気味に。鉢植えは土が乾いてから数日経って水をやる。●庭植えは自然雨だけでいいです。水やり不要。●肥料はやらない。●土の凍結と乾燥対策として鉢植えも庭…
22位 11月のクレマチスの栽培・管理
11月になって涼しくなり、常緑種以外の普通のクレマチスは葉っぱが落ちてしまいます。旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)と新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)は昨年に生育した枝に花が咲くものですから、秋以降には剪定をすると、花芽まで落としてしまうことになり、来年、開花しなくなります。花が咲いている場合は花…
23位 コロキア・コトネアスター
コロキア・コトネアスターはニュージーランド原産のミズキ科コロキア属の半耐寒性常緑低木。[[バラ科に赤い実をつけるコトネアスター属があるがあれとは別種。]]剪定をまめにするとワイヤーのような補足曲がった枝になっておしゃれ。春には黄色い花を咲かせますが、花は観賞するようなものではなく、見つけづらいほどです…
24位 レウィシア
レウィシアは北アメリカ北西部ロッキー山脈に自生するスベリヒユ科レウィシア属の多年草。鮮やかな花と肉厚な葉っぱが特徴。高温多湿を嫌いますが、夏越しが出来ないというほどではありません。夏の間は風通しの良い日陰に移動させて、水やりを控えれば、毎年花を咲かせてくれる植物です。夏越しさせようと考えるなら初心…
25位 ケイトウの冬越し?と種子の採取と種まきと発芽条件
ケイトウは一年草で秋には枯れてしまうものです。正確には開花が終わるとそれで株が終わってしまいます。来年も育てるには種子を取っておいて、来年の春に撒いて発芽させます。
26位 11月のクリスマスローズの管理
11月は気温が下がり、クリスマスローズとしてはよく生育する時期で、水を吸い上げて肥料を吸収して葉っぱを増やし、根が伸びて、花芽を蓄えます。管理としては、葉っぱを傷めないようにして、肥料をやって、水をやって、日光に当てて、株を充実させて、花をしっかりと咲かせる準備をさせる月です。クリスマスローズの開花…
27位 カルーナ・ブルガリス
カルーナ・ブルガリスはツツジ科カルーナ属の常緑低木。単に「カルーナ」で流通することもある。葉っぱは針葉樹のようにも見える。寒さには強いものの、暑さに弱いので、夏にどれだけ涼しい場所で管理できるかが、カルーナの管理のカナメになります。また、ツツジ科の植物なので、酸性の土でないと枯れてしまいます。日当…
28位 バラ咲きジュリアン
バラ咲きジュリアンはサクラソウ科プリムラ属の多年草のジュリアンの改良品種。バラのように八重咲きになっていて、花いろも鮮やかで深いものが多く、春の定番です。暑さに弱く、春以降は消えてしまうものですが、夏を涼しいところで管理すると夏越しも可能です。八重咲きといってもジュリアンですから、育てかたは通常の…
29位 ドラセナコンシンネが枯れる…葉が落ちたり垂れたり葉先が枯れる理由
このページではドラセナ・コンシンネの葉が垂れたり、葉先から枯れたり、落葉した場合の原因と対処法をまとめています。栽培については★★ドラセナコンシンネを参考にしてください。
30位 プリムラジュリアン
プリムラジュリアンはサクラソウ科のプリムラ・ポリアンサというグループの中から交配で生み出された品種で、「サカタのタネ」が作り販売しています。一般的にはジュリアンはポリアンサよりも葉や花が小さいとされていますが、交配が進んだ現在では、見た目で区別するのは難しいです。ジュリアンは分類上では多年草ですが…
31位 葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
葉っぱの先や葉っぱの外側から枯れこむことがあるのは、何らかの原因で葉っぱの先まで水が行き渡っていないからです。基本的に「根(と水)」の問題です。このページでは植物全般を取り上げています。必ずしもすべての植物に対応できるわけじゃないです。詳細は各植物のページを参考にして判断してください。[+[まとめ]●水…
32位 ポインセチアの葉が落ちて枯れたらどうすればいいか
ポインセチアは熱帯の乾燥地帯の植物で、日本の気候…特に冬に合っておらず、冬越しは初心者には難しいものです。室内で管理して、温度も十分あって、水やりも控えているのに、どうも枯れてしまいがちです。このページでは枯れる原因と対処法をまとめていますので、ポインセチアの栽培環境や条件を見直して、改善していきま…
33位 キングバンブー
キングバンブーはリュウゼツラン科ドラセナ属の常緑低木。育てるのは簡単。水をやり、温度を10度以上にすること。5度以下にしないとよく説明書きに書いてありますが、熱帯の植物で実際には寒さに弱くて5度以上でも枯れることがあります。バンブーと名前にありますが、竹ではありません。あとキングバンブーで検索する…
34位 ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替えのまとめ
ここではビオラ・パンジーの鉢植え・プランター植え・庭植えの手順や必要なものなどと、植える際の注意事項をまとめています。
35位 クリスマスローズの古葉取り
11月・12月・1月ごろにクリスマスローズの古い葉を取り除く「古葉取り」という作業を行います。作業をすることで、次の葉と花が出やすくなります。必須の作業です。必ず行ってください。このページでは古葉取りについてまとめています。
36位 ペンタスの冬越しの方法のまとめ
ペンタスは冬越しできるんでしょうか?できます。ペンタスの耐寒温度は5度か6度。霜って4度から降り始めるので、霜の降りない暖地(=九州など)はペンタスは戸外で越冬できるし、暖地以外の地域でも室内に取り込めば十分越冬可能です。越冬すれば来年もペンタスが開花します。
37位 フィンガーライム
フィンガーライムはミカン科の果実樹。オーストラリアの在来種でキャビアライム・ブッシュキャビア・ブッシュライムなどの別名がある。オーストラリアのシェフが食材として使ってから徐々に世界に認知され、とうとう日本にも広まりつつあります。5センチほど長さの果実の中につぶつぶの果肉があり、この果肉がキラキラして…
38位 ハツコイソウ
初恋草(ハツコイソウ)はオーストラリアで自生するクサトベラ科レシュノルティア属の常緑低木。独特の色合いの花がよく咲いているので、目をひきます。本来砂漠地域で自生しているので乾燥に強いのですが、夏の暑さと湿気に弱いため、日本では夏越しが難しく、継続して栽培するのは難しいですので、夏には枯れる一年草と…
39位 11月の胡蝶蘭の管理のコツ
10月から最低気温が18度を下回り、室内に取り込んでいるでしょう。11月も同様に最低気温18度を下回る環境で管理します。胡蝶蘭は寒さに一ヶ月ほど当たらないと花芽ができません。よって頑張って暖かいところで管理する花が咲かなくなるので気をつけてください。11月は室内で管理していても15度を下回ります。15度…
40位 皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法
皇帝ダリアは4m以上に育ちます。広い土地に植えたり、倒れても問題ない場所以外ならば、支柱を立ててやります。しかし皇帝ダリアを支える3mの支柱なんてそうそうありません。そこで、[[1mほど育った当たりから、こまめに摘芯します。]]摘芯すると上へと伸びるのをかなり抑えられます。これで2m前後に抑えることも出…
41位 グレビレア
グレビレアはヤマモガシ科の常緑低木。オーストラリア原産の植物。花が独特。スパイダーフラワーとも。南国風の見た目の割りには寒さには強いが、種類によっては寒さに弱い。関東以西では戸外で越冬する!ってことになっていますが、地域によってと何年かに一回くる強い寒波で枯れることがあるので、室内で育てるのが無難…
42位 カラテアの葉が茶色くなって枯れる原因と対処法
このページではカラテアの葉が茶色くなって枯れる原因と対処方や、カラテアが調子を崩す要因などをまとめています。
43位 スノードラゴン
スノードラゴンはキジカクシ科ジャノヒゲ属の常緑多年草。ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の仲間で学名の「オフィオポゴン」はジャノヒゲ属のこと。たまにオフィオポゴンで流通していることがある。フイリヤブラン・ミスカンサス(ミスキャンタス)などとほとんど見分けがつかず、全部一緒くたにしてとして売っていることがあ…
44位 千日小坊・千紅花火
千日小坊はヒユ科ウルゲイトウ属(アルテイルナンテラ属)の多年草。見た目が千日紅(Gomphrena globosa)と似ていますが同科の別属別種です。短日植物なので自然な開花は日が短くなってからの10月です。それ以前に咲いている苗は短日処理がしてあるために開花している(流通は8月9月)。 春に苗を植えたり、種を撒き、10…
45位 ラベンダーの強剪定の時期と方法
このページではラベンダーの強剪定をする時期と、その具体的な方法をまとめています。[+[まとめ]●ラベンダーの株のリフレッシュのために強剪定は必要。●強剪定の時期はラベンダーの系統によって違う。●2年に一回か3年に一回、強剪定をする。●木質化している部分の新芽が出ている上のところまで剪定する。●剪定には剪定のハ…
46位 スプレーマム
スプレーマムは日本・中国のキク科キク属(クリサンセマム属)の多年草のキクをアメリカで品種改良した分枝しやすいキクのこと。キクというと一本立ちで大きな花を咲かせたものを思い浮かべますが、よくスーパーで束になって売られているこの「スプレーギク(=スプレーマム)」はスプレー状…枝咲きになっています。これは…
47位 四季咲きナデシコ・テルスター
四季咲きナデシコ・テルスターはナデシコ科ナデシコ属の四季咲きのセキチク(Dianthus chinensis)と美女撫子(Dianthus barbatus)の交配品種。育て方はナデシコやセキチクなどと大体同じです。テルスターは矮性といって背が低いタイプ(20cmほど)なので、庭の前景に向いています。寒さには強いので、防寒などは不必要…
48位 ユーカリの病気まとめ…斑点病・うどんこ病など
ユーカリは比較的耐寒性もあり、病気に強い植物です。油分が多く、香りもあるので、病気・害虫に強いとされている。だからこそ病気になるとショックを受けます。よく斑点病が見られ、ウドンコ病・ハダニ・コガネムシなどが発生します。このページでは病気についてまとめています。ユーカリは病気・害虫以外に根が浅くて強…
49位 食べた果物の種から育てられる植物
[種子から育てる]スーパーや八百屋で売っている果物や野菜を食べた後の種子は発芽するものが多いです。ですが、輸入品の果物は日本では栽培できないものが多く、発芽しても収穫までは到底不可能です。また、種子を発芽させても、その種子はその果物や野菜の性質をそのまま受け継いではいません(味がイマイチとか、実が大…
50位 シクラメンがしおれたら
このページではシクラメンがしおれたときの対処法をまとめています。シクラメンは寒い時期に流通するのですが寒さには弱く、人が生活する場所では暑すぎると、なかなか繊細なところがあります。環境については★置き場所についてを参考にしてください。

その他のページ

  [next]