アクセスランキング


1位 アキランサス
アキランサス(アルテルナンセラ)はヒユ科の植物。秋になると紅葉するのが魅力の園芸植物。背が低いので、庭のグランドカバーに向いています。赤く紅葉するものと黄色くなるものもあり、よく植物の植えつけで文字や模様を描く材料にします。初秋に花が咲きますが、ほとんど目立たない程度のもので観賞するようなものでは…
2位 植えてはいけない植物
[植える前に一読]一度植えるとはびこって大変なものや、問題を起こしやすい植物を集めておきました。植えるか植えないかはもちろん貴方次第ですが、何も知らずに植えると厄介なことになるかもしれません。略して「ウエイケ」。[+[まとめ]●トゲのあるものは注意。●ツバキ科の植物はチャドクガという厄介な毒虫を呼び寄せま…
3位 繁殖力が強い植物
あまりに繁殖力が強い植物を植えていると、他の植物を駆逐して隅に追いやり、消滅させてしまいます。一旦植えると駆除の難しいものもありますので、植える前にチェックしておきましょう。[[一番無難なのは鉢植え。鉢植えにしてしまえば、そこからやたらめったら広がることはありません。]][特別注意すべきは]ミ*ント、オキ…
4位 9月のシクラメンの管理・手入れ
[9月は植え替えの季節]9月はシクラメンを植え替える時期です。シクラメンは気温が下がると、活動を開始します。根が本格的に活動してから植え替えをすると球根を傷めることになるので、9月の上旬までには植え替えをしましょう。今月のテーマは植え替えです。8月に植え替えが終わってる人は継続して栽培します。[+[まとめ]●…
5位 カランコエ
冬は日当たりのいい室内で、春・秋は雨の当たらない日当たりのいい戸外で管理します。カランコエの葉っぱは水に当たると、腐ってしまいます。[-●[[カランコエの大敵は過湿と低温。]]水のやりすぎで腐らせたり、うっかり冬に取り込み忘れて枯らすことが多いです。-][意外な罠・直射日光に注意]夏の直射日光に当たるとカラン…
6位 10月のクリスマスローズの管理
10月は気温が下がり、クリスマスローズにとって生育の季節です。種類によっては葉っぱが出て、根が広がり、株が充実します(品種によっては秋も変化がない)。そこで10月は日光に当てて肥料をやって、水が切れないように管理する時期になります。鉢の植え替えや庭への植え付けも可能です。[+[まとめ]●花芽形成の時期。株の…
7位 ペルネチア
[実を鑑賞する植物]5月6月に小さな花を咲かせ、秋に丸い実をつけます。ペルネチア(真珠の木・ハッピーベリー)はこの実を観賞する植物です。この実が非常に長く鑑賞できます。秋から翌年の春(3月)まで。ピンクの実と白の実のものがあります。ハッピーベリーという名前で流通しているので食べられるかと思いがちですが、…
8位 コキアを丸く仕立てる方法
このページではコキアを丸く仕立てるための方法をまとめています。[+[まとめ]●根が広がらないと細く育つ。●株間を50センチから60センチほど空けると丸く育つ。●あとは水・日光・肥料の条件もあるが、一番は「根の広がり」。-]
9位 10月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの植え替えは9月中に終わらせます。10月は球根に葉っぱが増えてくる時期です。もう花が咲いているでしょう。花ガラ(花が終わったもの)を摘んだり、枯れた葉っぱを取り除きます。花を摘むときはひねって切ります。ハサミで切らないでください。ハサミで切ると残った部分が腐って、病気の元になります。葉っぱも…
10位 ラベンダーグロッソ
[栽培の概要]ラバンディン系のラベンダー。寒さに強いが、高温多湿に弱い。[+[まとめ]●高温多湿に弱い。夏は注意。●冬の寒さには強い(マイナス10度まで)。ただし寒冷地では室内に。●花を沢山咲かせるためには、剪定をする必要があります。●うまく生育すると3年目で直径1m以上の大株になる。庭植えするときは株間を空け…
11位 クジャクソウ
クジャクソウはキク科シオン属の宿根草。夏の暑さにも冬の寒さにも強い。冬は地上部がなくなるが春には芽吹く。草丈が高くなり、そのまま育てていると間違いなく秋には倒れてしまいます。梅雨前に切り戻しをすることで草丈が大きくなるのを防ぎ、倒れないようにしましょう。[草丈]40cmから1.5m[+[まとめ]●土が乾いたら水を…
12位 10月のラベンダーの栽培
[+[まとめ]●気温が下がっているので水やりはこれまでよりは控えめに。●鉢植えの場合は土が乾いてから2日か3日経ってから植えること。●生育しているのであれば薄い液体肥料をやる。緩効性固形肥料は冬以降に残るかもしれないのでやらない。●10月はラベンダーの自生地の環境に似ているので生育する。日光に当てて丈夫な株を…
13位 駆除が難しい雑草の一覧
[概要]雑草という草は無い――なんていう話は、自己啓発本にまかせます。ここはガーデニングのサイトですから。雑草という草は実在し、私たちの庭管理を困難にしてしまったり、やる気を削いでくれます。ここでは[[雑草のうちで駆除の難しいものを抜粋して列挙しています。]]その他の雑草は「★庭に生える雑草」を見てください…
14位 アンデスの乙女
アンデスの乙女はブラジル原産のマメ科センナ属(カッシア属…カッシアは旧属名)の常緑低木。アンデスの乙女は商品名(流通名)で正確には「ハナセンナ」。学名ではセンナ・コリムボーサ(Senna corymbosa)。頑健で、本来は2メートルほどになる。耐寒性がある程度はありますが、冬は室内で越冬するのが無難です。花が終…
15位 食べた果物の種から育てられる植物
[種子から育てる]スーパーや八百屋で売っている果物や野菜を食べた後の種子は発芽するものが多いです。ですが、輸入品の果物は日本では栽培できないものが多く、発芽しても収穫までは到底不可能です。また、種子を発芽させても、その種子はその果物や野菜の性質をそのまま受け継いではいません(味がイマイチとか、実が大…
16位 四季咲きナデシコ・テルスター
育て方はナデシコやセキチクなどと同じです。テルスターは矮性といって背が低いタイプ(20センチほど)なので、庭の前景に向いています。[寒さに強い宿根草]寒さには強いので、防寒などは不必要な宿根草です。暑さに弱いとはいっても夏越えは難しくありません。[+[まとめ]●春か秋に種まきして鉢か庭植えにする。●寒さには…
17位 コキア
コキアはアカザ科の一年草。4月に種を撒き、晩秋に寒さで消えるまで、鮮やかな緑と紅葉を楽しむことが出来ます。一般的には4月~8月に鉢植えでも庭植えでもコキアは強いので、どちらに植えても問題ありませんが、小さな鉢植えにするとあまり大きく育たず、水切れがおきやすくなり、株の寿命が短くなる傾向があります。…
18位 クリスマスローズ
[寒さに強い冬の女王][[寒さには強く、霜に当たっても傷みはしますが、枯れることはありません。]]とはいえ、できれば、低木の足元に植えるか、簡単な霜よけがあるといいです。寒さに強く霜に当たっても枯れないのですがマイナス5度くらいまでさがると葉っぱが傷み、茎がダラっとなり傷んでしまいます。鉢植えにした場合…
19位 モミジバゼラニウム
長く育てていると木のようになってきます。半耐寒性で、寒さにはある程度の抵抗がありますが、霜に当たると枯れます。冬は軒下で管理することが多いです。地域によっては寒さで枯れますので、室内に取り込んでください。[茎だけがニョキニョキと伸びたら……]長期間育てていると、山葵(ワサビ)みたいに、ヒョロっと伸びて…
20位 切り戻し
[脇芽を出して花数を増やす]植物はそのままに育てていると、脇芽を伸ばさずに上へ上へと伸びていきます。このままだと花が先端に咲くだけで花が少なくなってしまいます。そこで、つるの先を切ってしまうことで、脇芽を出して花の数を増やします。[風通しを良くする]園芸植物は日本以外の地域から来たものがほとんどです。…
21位 レモンユーカリ
レモンユーカリはユーカリの仲間。フトモモ科の常緑植物。性質としてはほぼ同じ。葉っぱがレモンの香りがするが、触れると香る…つまり、触れないと香らない。香りが強いのは新芽のところだけで、他の硬い葉っぱは揉まないと香りがしない。種から育てることも苗を植え付けることも出来ますが、苗はあまり流通していませんの…
22位 プチダリア
[ダリアとはちょっと違う]プチダリアはダリアから交配を繰り返して作り出した小さい品種です。春から夏・初秋まで花が咲き、冬は休眠します。育て方は一般的なダリアと同じですが、ダリアが一輪を大きく育てるのに対して、プチダリアは摘芯をして脇芽を出し、輪数を増やすという手法をとります。[生育サイクル]春に植え、…
23位 10月の胡蝶蘭の管理のコツ
10月は気温が下がって来ます。胡蝶蘭は18度以下になると成長が停滞します。戸外で管理している場合は、最低気温が18度以下になる前に室内に取り込みます。室内は戸外よりは暖かいですから、室内で管理しているとまだ、ゆっくりですが成長しますので、室内の直射日光の当たらない、レースのカーテン越しの緩やかな光の…
24位 ガーデンマム
ガーデンマムは流通名・属名で、ガーデンマムという植物はありません。庭植えように品種改良されたキクです。育て方はキクを参考にすれば、問題なく育てられます。ガーデンマムは庭植え用とされるだけあって、ガーデニングをする上では便利で育てやすい性質です。[-※鉢植えでも可。いわゆる和ギクと異なり、キクにしては管…
25位 レウコフィルム
春から秋に掛けて咲く、常緑低木の植物。初心者でもこぼれるように咲かせることが出来ます。耐寒性がありマイナス五度まで耐えます。夏の暑さにも意外と耐性があって、年々大きく育って毎年咲きます。[特筆すべきは葉っぱ!]銀葉で美しい葉っぱはカラーリーフとしても十分鑑賞できます。これに花が咲き、その上育てやすい…
26位 セダム
セダムはベンケイソウ科の多肉植物で北半球に分布し大量の品種があります。2月〜10月まで開花と表記していますが、これは品種によって開花時期が違い、このどこかで開花するという意味で、長期間開花するわけじゃないです。水分を葉っぱに蓄える性質がありますので、水を頻繁にやると腐ってしまいます。水を控えすぎてしぼ…
27位 スイフヨウ
[生育サイクル]アオイ科の低木。といっても3mくらいにはなる。春に苗を植え付け、春から夏にかけて枝を伸ばして生育、夏に花が咲きます。[[冬は落葉する落葉樹。]]通常の芙蓉よりも寒さに弱く、暖地だと戸外での越冬が可能だが、関東以北では冬は室内管理。関東から西の霜が降りる地域では戸外の霜の当たらない場所で管…
28位 ワイヤープランツ
ハリガネのような茎で繊細な葉っぱが印象的な観葉植物。日当りのいい場所でも半日陰でも育ちますし、日光が入る明るい部屋ならば室内でも生育します。高温多湿に弱いので、真夏は風通しの良い半日陰に移動させてください。しかし、乾燥させすぎて水切するとチリチリになって回復しません。寒さにはある程度の耐性がありま…
29位 高芽…胡蝶蘭の花茎から葉っぱと根が出てきたら
ここでは胡蝶蘭の高芽のまとめをしています。[-[高芽のまとめ]●花が終わったあと、花茎の節から葉っぱが出てくることがある。●これを高芽という。●高芽は熱帯夜が続くと出る(他の原因でも出るが主な原因は熱帯夜)。●高芽から根が3本以上出て生育したら、株分けも可能。●だけど、株が消耗するので普通は早めに切ってしま…
30位 金木犀(キンモクセイ)が開花しない原因と対処法まとめ
金木犀(キンモクセイ)は条件さえ揃えば、毎年開花し、非常に強い香りを放つ手間のかからない庭木となってくれます。その上、生育が遅く、剪定もほどほどなものです。だからこそ、開花しないとショックを受けます。ここでは金木犀(キンモクセイ)が開花しない原因と対処法をまとめています。[+[まとめ]●花芽形成後(7月…
31位 ピレアグラウカ
[切った枝は簡単に挿し木で増える]ピレアグラウカはよく茂るので、キレイにまとめるためにちょくちょく剪定・切り戻しをします。その切った茎を土に挿しておくと簡単に増えていきます。[室内のインテリアに!]ブリキの鉢カバー代わりのバケツに入れておしゃれなインテリアに! 室内管理が適しているので、観葉植物をよく…
32位 キングバンブー
育てるのは簡単。水をやり、温度を10度以上にすること。5度以下にしないとよく説明書きに書いてありますが、熱帯の植物で実際には寒さに弱くて5度以上でも枯れることが。正式にはドラセナのサンデリアーナで、決して竹ではありません。またキングバンブーなるものが流通して間もない割に、大量に出回っているので、情…
33位 チランドシア
チランドシアは本来はアナナス科チランジア属の総称で、チランドシア属には非常に多くの個性的な植物があります。[[ここのページでいうチランドシアは「チランドシア・キアネア(シアネア)」のことです。]]一般的にホームセンターや花屋さんで「チランジア」という名前で流通してきたのがコレだからです。[育て方の概要]…
34位 千日小坊・千紅花火
短日植物で、自然な開花は日が短くなってからの10月。それ以前に咲いている苗は短日処理がしてあるために開花している(流通は8月9月)。春に苗を植えたり、種を撒き、10月から12月に開花。暑さには強いですが、寒さには一定の耐性があるものの、耐寒温度は5度で、霜に当たれば枯れてしまいます。軒下で霜に当たら…
35位 アメジストセージ
アメジストセージは学名は「サルビア・レウカンサ」で、シソ科の宿根草(多年草)。秋に開花して冬に枯れこみ、春にはまた芽吹いてくる。摘芯すると、そこで上へと伸びる成長は止まり、脇芽を伸ばして大きな株になります。摘芯しない場合1.5メートル前後まで大きくなることもありますので、丁度いい大きさで摘芯してくださ…
36位 肥料
植物が生育する上で必要な成分のことで、主にリン、窒素、カリを指し、他にもカルシウムやマグネシウムも含まれます。農作物を育てるということは、土中の肥料成分を植物に移動させるという言い方が出来ます。そのため農作物を育てた後の土中には肥料成分が枯渇していて、そのままで次に何かを育てるということは出来ませ…
37位 古い土の処分方法(初心者向け)
[+[まとめ]●古い土は雑菌・虫が繁殖し、肥料が偏っていて植物を植えると問題が起きる。●なので植え替えをするたびに古い土が発生する。●古い土は処分しなくちゃいけない(リサイクルする場合は自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)を参照)。●自治体によってはゴミで回収してくれる。●ホームセンターによっては回収…
38位 葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
葉っぱの先や葉っぱの外側から枯れこむことがあるのは、何らかの原因で葉っぱの先まで水が行き渡っていないからです。基本的に「根(と水)」の問題です。このページでは植物全般を取り上げています。必ずしもすべての植物に対応できるわけじゃないです。詳細は各植物のページを参考にして判断してください。[+[まとめ]●水…
39位 クリスマスベゴニア・ラブミー
小さな花が大量につくクリスマスベゴニアの一種。クリスマスベゴニアというのは12月あたりに出荷されるベゴニアのこと。ギフトに非常に人気があります。短日植物で日が短くなる9月以降にならないと花がつきませんが、店頭に並ぶものは日照時間を短くすることで開花させています。なので店先に出ているから「今が開花時期…
40位 シクラメン
シクラメンはサクラソウ科の球根植物。日本では冬に流通するが、決して寒さに強いわけではない。よくお歳暮でプレゼントされ、コツを知らずに枯らしてイメージが悪いが、室内の涼しいところで管理し、水を切らさなければ冬(11月)から春(3月4月)までの長期間開花してくれる。霜にも強いガーデンシクラメンもあり、そち…
41位 シャコバサボテン
シャコバサボテンはサボテンと名がつくために暑さに強いようなイメージを持ちがちですが、寒さに強く(強いといっても耐寒温度0度ですけど)、真夏の暑さに弱い傾向がありますので気をつけてください。デンマークカクタスやクリスマスカクタスという種類もありますが、これらはシャコバサボテンを品種改良したもので、育て…
42位 ラベンダー
[概要]ラベンダーは寒さには耐性があり、0度まで耐えられます。0度以上あれば越冬が可能です。反対に高温多湿に弱いために夏越えが大事になります。ここで書かれているものはおおまかな性質です。なので各種類によっては求める環境などが異なります。例えばレースラベンダーは暑さ・寒さに弱く、霜に当たると枯れてしま…
43位 リトルミッシー
[見た目がかわいい] ミッシーとは英語で若い娘; お嬢さんというように見た目が非常にかわいらしい多肉植物です。状態がよければ小さな白い花が4月から9月あたりに咲きます。[グランドカバーに最適] 横広がりに育ちますので庭のグランドカバーに最適。鉢植えの場合、垂れながら成長して枝先が跳ね上がります。常緑ですが[[…
44位 コニファー
コニファーは針葉樹の総称でこれといった品種を指すことはありません。常緑樹で、成長しても樹形が乱れないために庭木に向いています。よく知られているのがゴールドクレスト。よくクリスマスのツリーにされるが、ゴールドクレストは日本の気候に合っていないので気を付けてください。[-[参考]★コニファーを金属のハサミで…
45位 プラチーナ
[生育サイクル]秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。[意外と頑健で使いやすいカラーリーフ]まず冬は霜に当たると枯れるとされますが、霜にさえ当たらなければ大丈夫。霜に当たらないように何かし…
46位 9月のラベンダーの栽培
9月に入り、気温がちょっと下がってきますが、まだまだ暑いです。ラベンダーにとってはまだ暑い。しかし、ちょっとだけ気温が下がっただけでも暑さに弱いアングルティフォリア系は新芽が顔を出しつつあります。9月はラバンディン系・プテロストエカス系が開花していますが、あまり元気がないです。花が終わったら、茎の根…
47位 ローズマリー
[栽培の概要]ローズマリーはシソ科のハーブ。環境が合えば夏越し・越冬も可能で比較的育てやすい、宿根草のハーブ。手間が掛らないのですが、夏の過湿で枯れたり、冬の霜に何度か当たって枯れたりすることもありますので気をつけましょう。株が小さいときは生育が遅い。根がしっかりと張って充実してくると、グっと生育が…
48位 リュウノヒゲ
[便利なグランドカバー]日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。[雑草が生えにくくなり、草抜きが楽に!]リュウノヒゲを植えると、雑草が生えにくくなります。草抜きが大変ならば植え…
49位 シマトネリコ
[+[まとめ]●鉢植えにした場合、乾燥しやすい。非常に乾燥に弱い。乾燥すると葉っぱが落ちる。土が乾いてから水やりをする。庭植えの場合はほぼ自然な雨だけで十分。●生育期に肥料をやる。●戸外で管理する場合は半日陰。室内で管理する場合はレースのカーテン越しの日光に当てる。強い直射日光では葉焼けする。●暖地では戸…
50位 ガーデンシクラメン
このページはガーデンシクラメンの育て方についてまとめています。ガーデンシクラメンは日本の農家が寒さに強い系統を選抜、交配し開発した品種です。通常のシクラメンは霜に当たると、一発でダメですが、[[ガーデンシクラメンは弱るものの枯れるわけではありません。]]お庭に露地植えするのに向いています。背丈の低い花…

その他のページ

  [next]