アクセスランキング


51位 ポインセチア
ポインセチアはトウダイグサ科の低木。真っ赤な花が綺麗な冬の定番植物。常緑低木でメキシコ原産の高温乾燥の地域に自生している植物ですので、冬に出回る割には[[寒さに弱い植物]]です。育てること自体は簡単で、来年も花を楽しむことは出来なくもないですが、花を咲かせるのが…短日処理をして赤くするのが非常に大変。[[…
52位 新旧両枝咲きクレマチスの剪定
新旧両枝咲きクレマチスは昨年生育した枝から、今年新しい枝が出てきて、その新枝が何節か生長すると、その先に花が咲きます。古い枝と新しい枝の両方に咲くのではないです。新枝咲きと同じように株元からシュートが伸びてきて咲くパターンもあって、管理方法は新枝咲きに近く、強い剪定にも耐えます。花後の剪定をしない…
53位 1月のクレマチスの栽培・管理
クレマチスは寒さに当たって花が咲きます。寒さに当てないでいると開花しません。常緑クレマチスはマイナス5度以下になると枯れ込んでしまうので、室内に取り込みますが、それでも暖かい場所で管理しないようにします。寒さに当てることで開花しやすくなるからです。普通のクレマチスは寒さに強いので、しっかりと戸外で…
54位 カエデの剪定
カエデは自然樹形が綺麗なので、剪定しないで伸ばすなら綺麗。だけど、剪定すると難しい。樹高が2mを超えると手入れが難しくなり、3mを超えると脚立を使っても厳しい。そうなる前に剪定して小さくまとめたい。[まとめ][-●剪定時期は、春(彼岸前後)、次に夏前の6月、最後に落葉時期に剪定をする。●上へ伸びる枝や、樹…
55位 ビオラ
[概要] ビオラはスミレ科スミレ属の一年草(種類によっては宿根草)。冬のガーデニングの代表。初心者が最初に手をつける花と言われるのですが、実は熟練者こそビオラを植えます。花色が多く、開花時期が長く、背が伸びず、広がりすぎず、失敗がなくて、とても優秀です。秋まき一年草です。 パンジー・ビオラは品種改良の…
56位 ギンリュウ
多肉っぽい葉っぱ。茎を切ると乳状の汁が出る。かぶれるので作業をするときはゴム手袋が必須。花も咲きますが観葉植物と考えてください。寒さに弱い(5度)のでグランドカバーとして利用できなくもないのですが、暖地に限られます。霜にあたったら枯れます。[+[まとめ]●秋になると葉っぱが寒さに当たってピンクになります…
57位 ガーデンシクラメン
このページはガーデンシクラメンの育て方についてまとめています。ガーデンシクラメンは日本の農家が寒さに強い系統を選抜、交配し開発した品種です。通常のシクラメンは霜に当たると、一発でダメですが、[[ガーデンシクラメンは弱るものの枯れるわけではありません。]]お庭に露地植えするのに向いています。背丈の低い花…
58位 ユーカリの病気まとめ…斑点病・うどんこ病など
[+[まとめ]●ユーカリは斑点病がよく出る。●葉焼け・肥料不足(ミネラル不足)・根が傷ついた…でも斑点が出る。●白い粉を吹くのはうどんこ病。●ハダニが発生する。●乾燥するとウドンコ病・ハダニが発生する。ユーカリは乾燥気味に管理するのでウドンコ病・ハダニはユーカリにつきもの。●クロロシス-]
59位 12月のクリスマスローズの管理
12月はすっかり寒くなって、クリスマスローズにとっては生育に適した時期です。ノイガーや有茎種のフォエティドゥス、アーグティフォリウス(コルシクス)、リウィドゥスなどの「早咲き品種は12月に開花します。それ以外は大体が2月3月に開花します(ということはクリスマスには咲かないってこと)。[早咲き品種は霜・寒風…
60位 花のセロハンは外すべき?
[セロハンの目的]フラワーアレンジや花鉢をギフトで貰った場合、全体を透明なセロハンで覆っている場合があります。このセロハンは配達のときに花を傷つけないようにする目的と、キレイに見せるためのものです。[セロハンをそのままにしていると蒸れる]セロハンは空気を遮断していますから、蒸れやすくなり、そのままセロ…
61位 家庭菜園で栽培できるコスパの良い野菜
育てやすい野菜、ではなくて家庭菜園で育てたときに「コスパの良い」野菜です。作業に対して得られるものが多いか(価格と量)という意味でのコスパです。育てやすくても、スーパーで安く売っているものは別枠で取り上げています。[+[まとめ]●★ニンニク(手間がかからずコスパよし)●★トマト(手間はかかるがコスパがよい…
62位 トゲがある植物
[トゲがある植物の一覧]トゲは植物の防衛方法です。よってトゲがある方が植物としては自然なのですが、人間が怪我をすることがありますので、植える際によく考えてから植えましょう。ピラカンサスの類は放置していると、家の外まで伸びてしまいます。その枝で怪我でもしたら、裁判沙汰になるかもしれません(実際にあった…
63位 胡蝶蘭の花茎が折れたら…対処の方法
ここでは胡蝶蘭の花茎がポキっと折れたらどうするのかをまとめています。[+[まとめ]●花が付いている茎のことを「花茎」と言います。●花茎が不注意でポキっと折れても焦らないで、花が付いた方は切り花として楽しみましょう。●株側はそのままにしておきます。●すると花茎の途中の節から、新しい花芽が出てきて開花します(…
64位 ヤドリギ
セイヨウヤドリギの亜種。樹木の枝に根を張って寄生する。育てようとして育てるものではないです。[実がなる]実のことを液果(エキカ)と言います。ヨーロッパのセイヨウヤドリギは液果が白くなるが、日本ではちょっと透明の黄色か黄緑かオレンジになります。食べると甘い。甘くて非常にベトベトしている。グミよりもはる…
65位 葉組み(シクラメン)
シクラメンは葉っぱ一枚につき、花が咲くんですが、咲かせるためには球根の上部に日光を当てる必要があります。球根上部に光が当たって、ツボミが伸びてきます。葉っぱが勢いよく茂ると、葉っぱが邪魔して日光が球根に届かず、ツボミが上がって来なくなり花が咲きません。9月以降に葉っぱが徐々に生えて、喜んでいると葉っ…
66位 レウコフィルム
春から秋にかけて咲く、常緑低木の植物。初心者でもこぼれるように咲かせることが出来ます。耐寒性がありマイナス5度まで耐えます。夏の暑さにも意外と耐性があって、年々大きく育って毎年咲きます。[特筆すべきは葉っぱ!]銀葉で美しい葉っぱはカラーリーフとしても十分鑑賞できます。これに花が咲き、その上育てやすいと…
67位 胡蝶蘭の葉っぱが割れた時の対処法
胡蝶蘭の葉っぱって、いつのまにか先から割れてしまいます。葉っぱの中心の薄くなっている筋のところがパックリ割れて、そのままどんどん根元近くまで割れます。少なからず「切れて」いるわけで、ということは傷口が出来てる。となると、冬の寒い時期の胡蝶蘭の株が弱っているときは、この些細な傷口からでも雑菌が入ると…
68位 常緑ヤマボウシ
[冬に落葉しないのですが若干寒さに弱い]常緑という名前の通り、冬に落葉しない。多少は紅葉して落葉するが、基本的に常緑。ただ元々が暖かい地域の植物ですから、南関東あたりだと冬に若干落葉しても越冬しますが、北関東だと冬の寒さで枯れてしまう可能性があります。耐寒温度はマイナス5度から8度。北陸なら戸外で越…
69位 クレマチスの蔓下げ(ツルサゲ)の方法
クレマチスは枝の先から芽が出て、その芽が成長して花が咲きます。その芽も「上へ」伸びている時しか葉っぱや花が出ませんから、芽がでる位置を地上部が枯れ込んでいる時期に「下へ」まとめてあげないといけません。[[これは旧枝咲き(早咲き)、新旧枝咲き(中間タイプ)ではやらないといけない作業です。]]新枝咲き(遅…
70位 シクラメンとガーデンシクラメンとミニシクラメンの違い
ここではシクラメンとガーデンシクラメンとミニシクラメンの違いについてまとめています。[+[まとめ]●シクラメンは大きくて、霜に当たると枯れる。花がよく咲く。●ガーデンシクラメンは小さくて霜に当たっても枯れない。花はチョロチョロ。●ミニシクラメンはシクラメンを小さく仕立てただけで、霜に当たると枯れる。花は良…
71位 ハートが実る木
[品種改良してハートの実がなる木が誕生。]古来から生息しているハリツルマサキ(針蔓柾)の突然変異種です。実の色、形の優れた台湾産のハリツルマサキの枝代わり(突然変異)を、選抜に選抜を重ねて10年の歳月かけて生まれた植物です。木の高さは80センチから大きいものだと5メートルになります。[[沖縄では塀に植え…
72位 リーガースベゴニア
[概要]リーガースベゴニアはシュウカイドウ科ベゴニア属の球根ベゴニアとベゴニア・ソコトラナとの交配により出来た「エラチオールベゴニア」を品種改良して、旧西ドイツの種苗家の「オットー・リーガー」が作り出した品種です。花付がよく、ギフト・園芸用で市場に流通したために「エラチオールベゴニア」よりもかなりメ…
73位 ビオラ・パンジーの夏越しのコツ
ビオラ・パンジーは夏の暑さに弱く、基本的には夏越しは無理です。そもそもビオラ・パンジーの苗は安いものが多く、一部に高価な苗もありますが、高価な苗ても、夏越しのための労力を考えると、そんなに必死になる程には高価とは言えないです。毎年買い直すのがなんだかんだ言っても賢明ってものです。でも、ビオラ・パン…
74位 リュウノヒゲ
[便利なグランドカバー]日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。[雑草が生えにくくなり、草抜きが楽に!]リュウノヒゲを植えると、雑草が生えにくくなります。草抜きが大変ならば植え…
75位 胡蝶蘭の花芽形成・開花させる方法と条件
胡蝶蘭の開花のための条件をまとめたページです。[+[まとめ]●大型の一般的な胡蝶蘭は18度に40日ほど当たることで花芽ができる。●中型のミディは20日で花芽ができる。●小型のミニ胡蝶蘭は株が充実すると花芽ができる。●室内で管理する場合18度になるのは10月前後と5月前後。●温室がない場合、10月にできた花芽…
76位 シクラメン栽培のトラブルと対処法
このページではシクラメン栽培で発生しがちなトラブルをまとめています。
77位 1月のラベンダーの栽培
1月はすっかり寒くなっています。ラベンダーは高温多湿を嫌い、寒さには強いもの。といっても、寒さに弱い種類もありますので、細かい温度は以下のページを見て確認してください。★★ラベンダーの種類(系統)と耐寒温度と耐暑性のまとめここで問題なのは降雪です。例えば雪が積もる地域の場合、雪が積もると、雪が保温にな…
78位 クリスマスホーリー
クリスマスホーリーはモチノキ科モチノキ属の常緑高木。ヒイラギモチ(Ilex cornuta=チャイニーズホーリー)・セイヨウヒイラギモチ(Ilex aquifolium=イングリッシュホーリー)のどちらもがクリスマスホーリーとして流通しているが、正式には「セイヨウヒイラギモチ(Ilex aquifolium)」のこと。育て方は同じ。春に花…
79位 1月のポインセチアの管理
[実は寒さに弱い]ポインセチアはクリスマスカラーで、冬に流通するので、寒さに強いイメージがありますが、実はメキシコ原産の熱帯出身です。寒さには弱いです。寒さに弱いといっても、室内で管理する限りは、寒さで枯れることはありません。ポインセチアは10度で傷み始めて落葉するので、1月ごろから寒さで徐々に葉っぱが…
80位 ラベンダーデンタータ
ラベンダーデンタータはシソ科ラベンデュラ属の多年草(宿根草)。ストエカス系でラベンダーとしては暑さには強い。1メートルほどに生育します。花だけでなく葉も魅力的でハーブ、切花として人気のある品種です。春から夏に掛けての開花とされますが、株が大きく育ってくれば、高温と低温時期を避けて咲く四季咲きになって…
81位 ケイトウの冬越し?と種子の採取と種まきと発芽条件
ケイトウは一年草で秋には枯れてしまうものです。正確には開花が終わるとそれで株が終わってしまいます。[[来年も育てるには種子を取っておいて、来年の春に撒いて発芽させます。]][+[まとめ]●株をそのまま冬越しさせることは出来ない。●来年もケイトウを咲かせるためには、種子を取って春に蒔く。●ケイトウはこぼれダネで…
82位 デュランタの冬越しのコツ
ちょっとデュランタの冬越しについてのまとめ。[+[まとめ]●最低気温10度以上で落葉せずに越冬。●最低気温13度以上で冬でも開花。●最低気温5度以上10度以下で落葉するが越冬。春には芽吹く。●最低気温0度以上5度以下で地上が枯れるが根が生きていて越冬。春には株元から芽が出て来る。●葉っぱが落ちたり、地上部が枯れるの…
83位 センリョウの実が落ちる、実がならない理由・原因
[+[まとめ]●日光の当たりすぎで乾燥して実が落ちる。●日光が当たらなさすぎると、実腐病で落ちる。●鳥が食べる…鳥よけをすること。●風通しが悪いと病気になる。剪定をして風通しをよくする。●霜に当てない。●開花時期に雨に当たって結実しなかった。開花時期は雨に当てないようにする。花に水を当てないようにする。●肥料…
84位 ジャノメエリカ
ジャノメエリカはツツジ科エリカ属の南アフリカ希望峰原産の常緑低木。夏の暑さにやや弱く、過湿、過肥に弱いといった面もありますが、エリカにしては育てやすいです。冬から春先まで咲くとされますが、環境が整えばまだ長期間咲きます。放置しておくと2メートルまで成長し、よく枝分かれして小枝の先に3つずつ花をつけ…
85位 ポリゴナム
濃い緑の葉っぱに金平糖のようなピンクの花を咲かせる匍匐性の植物。開花時期は長いですが、真夏の日当たりでは花が一時的に止みます。[冬は地上部が枯れますが春にはまた芽吹く]霜に当たると地上部は枯れてしますが、地面が凍らない限りは根は生きていて春になると芽吹く宿根草。またこぼれダネを残すのでそれから繁殖し…
86位 バラの癌腫病
[概要]バラに発生する病気。根にコブができ、栄養を吸われます。細菌が原因で、一度感染すると周囲の株も感染し、その株を剪定したハサミや、土を掘り返したスコップにも細菌が付着、それらで作業した株や土にも感染し、広がっていきます。癌腫病はバラから土へ移動、その後、その他の植物にも感染し爆発的に増えていきま…
87位 アンデスの乙女
アンデスの乙女はブラジル原産のマメ科センナ属(カッシア属…カッシアは旧属名)の常緑低木。アンデスの乙女は商品名(流通名)で正確には「ハナセンナ」。学名ではセンナ・コリムボーサ(Senna corymbosa)。頑健で、本来は2メートルほどになる。耐寒性がある程度はありますが、冬は室内で越冬するのが無難です。花が終…
88位 シマトネリコ
[+[まとめ]●鉢植えにした場合、乾燥しやすい。非常に乾燥に弱い。乾燥すると葉っぱが落ちる。土が乾いてから水やりをする。庭植えの場合はほぼ自然な雨だけで十分。●生育期に肥料をやる。●戸外で管理する場合は半日陰。室内で管理する場合はレースのカーテン越しの日光に当てる。強い直射日光では葉焼けする。●暖地では戸…
89位 ブルーベリーの冬の剪定のコツまとめ
[+[まとめ]●休眠期(12月から3月)に剪定する。●植え付け一年目・二年目の株は花芽を全て落とす。●細い枝・重なった枝・枯れた枝・混み合った枝・元気のない枝・40センチ以上伸びているのに花芽がついていない徒長枝を落とす。●1枝に花芽が4つ以上ついていたら、三つを残して先を落とす。●20センチ以上の長さで、花…
90位 インカビレア
[まとめ][-●夏の多湿に弱い。●冬は凍結と霜に注意すれば、越冬は簡単。冬より夏が難しい。●開花時期が長いので肥料を必ず追加。●水のやりすぎに注意。●宿根草で毎年楽しめる。ただし夏に注意。●インカビレアピンクフェアリーが人気。-]
91位 新枝咲きクレマチスの剪定
クレマチスには新枝咲き(遅咲き)、旧枝咲き(早咲き)、新旧両枝咲き(新旧枝咲き・中間タイプ)とあります。ここでは新枝咲きの剪定についてまとめてあります。新枝咲きはジャックマニー系・ビチセラ系・インテグリフォリア系・テキセンシス系などです。[-●新枝咲きクレマチスは俗にいう「四季咲きクレマチス」のことを…
92位 シクラメン・ガーデンシクラメンの花茎が短い理由と対処法
このページではシクラメンの花茎が長すぎたり、短すぎる場合の原因と対処法をまとめています。[+[まとめ]●シクラメン・ガーデンシクラメンの花茎が徒長する原因は水不足。●他にも原因はあるが水不足が疑わしい原因の一位。●高温になると、花茎が伸び切らずに開花して花茎が短くなる。適切な温度は10度から15度。つまり…
93位 プリムラポリアンサ
10度から20度程度の気温を好みます。サクラソウ(プリムラ)なので寒さに強いイメージがありますが、霜に当たれば枯れますし、購入直後のプリムラポリアンサは温室で育てられて花を咲かしているので、寒さに抵抗がなく、いきなり戸外に出すと枯れることがあります。徐々に寒さに慣らしましょう。寒さに慣れれば九州な…
94位 サイネリア
サイネリアはキク科の多年草の花。このページではサイネリアの栽培方法を紹介しています。多年草なのですが、夏の暑さに弱いので、事実上一年草扱いです。梅雨前後までには枯れてしまいます。単価も安いために夏越しにエネルギーを注ぐより翌年購入する方が多いです。花が終わったら花ガラをこまめに積んでやると、花の下…
95位 スズランエリカ
低木性のエリカで、枝先に真っ白で小さな花が三つ咲くのですが、枝の分岐が非常に多いので、びっしりと咲きます。高さは60センチほどまでになります。耐寒性があり、冬は戸外で管理します。とはいえ霜に当たると傷みますので、冬は軒下で管理してください。乾燥・過湿ともに弱いので、水遣りには注意しなくてはいけませ…
96位 1月の胡蝶蘭の管理のコツ
1月は寒い時期。胡蝶蘭には厳しい時期です。15度以上で生育。10度以下で傷み出し、7度以下になると枯死するかもしれません。温室のない一般的な家庭での管理だと、最低気温15度以上を保つのは難しいですが、夜の防寒でどうにか10度以上を保ちましょう。温室がある場合は、ずっと18度以上を保っているので、早い…
97位 ペンタスの冬越しの方法のまとめ
[+[まとめ]●ペンタスの耐寒温度は5度。暖地では戸外で越冬し、他の地域でも室内で管理すれば越冬は可能。●冬は水やりを控える。●冬は肥料をやらない。●日当たりで管理する。●昼間に暖房をかけている部屋は朝方になっても5度以下にはならない。ただし、窓際は寒波が来ると氷点下になる。そのときは夜になったら窓から離し、…
98位 ゴテチャ
矮性処理した品種は背丈が20センチほどですが、矮性処理していないものは80センチ前後と大きく育ちます。矮性処理していないものは背が高くなり、風や雨ですぐに倒れます。支柱をしましょう。[[秋に種をまいて、春から初夏にかけて花が咲き、夏に暑さで枯れてしまう一年草です。]]寒さには強く防寒は必要ありませんが…
99位 雲龍ツゲ
[枝が雲龍型(くねくね曲がった状態)のツゲ] 原種イヌツゲが庭木や生垣に使われ、植えっぱなしでも大丈夫なものであるため、[[鉢植えにしても大変育てやすく世話を必要としません。]] 剪定も特に必要ありませんが、形を整えたい場合などは、春先に剪定を行います。丈夫なため剪定も季節問わずにカット出来ます。 鉢植え、…
100位 12月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
12月になると霜も降り、雪も降ります。寒冷地ではビオラ・パンジーは雪に埋もれてしまいます。中間地では雪が降っても積もるほどではありませんから、チラホラと花が咲くでしょう。暖地では霜がおりませんからよく咲きます。12月もまだ植えるには適した時期ではあるんですが、寒冷地では無理だし、中間地も植えるには「人…

その他のページ

[pre]