アクセスランキング


51位 バタフライピー
バタフライピーはマメ科のハーブです。青い花が咲き、花をハーブティーにすると、青いハーブティーになり、そこにレモン汁(酸性)を入れるとピンク色に変わります。リトマス試験紙と同じです。ただしハーブティーとしては美味しくないので、他のハーブとブレンドして飲むといいです。夏の間に開花し、寒さに弱く冬には枯…
52位 駆除が難しい雑草の一覧
[概要]雑草という草は無い――なんていう話は、自己啓発本にまかせます。ここはガーデニングのサイトですから。雑草という草は実在し、私たちの庭管理を困難にしてしまったり、やる気を削いでくれます。ここでは[[雑草のうちで駆除の難しいものを抜粋して列挙しています。]]その他の雑草は「★庭に生える雑草」を見てください…
53位 家庭菜園で栽培できるコスパの良い野菜
育てやすい野菜、ではなくて家庭菜園で育てたときに「コスパの良い」野菜です。作業に対して得られるものが多いか(価格と量)という意味でのコスパです。育てやすくても、スーパーで安く売っているものは以下のページで取り上げていますので参考にしてください。★★買った方が安い野菜
54位 トゲがある植物
[トゲがある植物の一覧]トゲは植物の防衛方法です。よってトゲがある方が植物としては自然なのですが、人間が怪我をすることがありますので、植える際によく考えてから植えましょう。ピラカンサスの類は放置していると、家の外まで伸びてしまいます。その枝で怪我でもしたら、裁判沙汰になるかもしれません(実際にあった…
55位 ボトルツリー
ボトルツリーはオーストラリア北東部クイーンズランドに自生するアオギリ科ブラキキトン属の高木。自生地では20mまで育ちます。写真は「クイーンズランド・ボトルツリー」で、ボトルツリーとして流通するのはこの品種です。流通量が少なく、花屋で見かけたら買ったほうがいいかも。観葉植物としては育てやすい部類だけど…
56位 モロヘイヤの果実(種子とサヤ)には毒がある
モロヘイヤは野菜。地中海などで自生する若葉にミネラルの多い「野菜の王様」とも言われるもの。日本でも春に植え付けすると夏から霜が降りるまで収穫できます。モロヘイヤの「実」には毒があります。理論上は猛毒であり、食すると死亡することがあるとされますが、まぁ、今のところ、モロヘイヤでの死亡事故は聞いたこと…
57位 スイフヨウ
[生育サイクル]アオイ科の低木。といっても3mくらいにはなる。春に苗を植え付け、春から夏にかけて枝を伸ばして生育、夏に花が咲きます。[[冬は落葉する落葉樹。]]通常の芙蓉よりも寒さに弱く、暖地だと戸外での越冬が可能だが、関東以北では冬は室内管理。関東から西の霜が降りる地域では戸外の霜の当たらない場所で管…
58位 千日小坊・千紅花火
千日小坊はヒユ科ウルゲイトウ属(アルテイルナンテラ属)の多年草。見た目が千日紅(Gomphrena globosa)と似ていますが同科の別属別種です。短日植物なので自然な開花は日が短くなってからの10月です。それ以前に咲いている苗は短日処理がしてあるために開花している(流通は8月9月)。 春に苗を植えたり、種を撒き、10…
59位 シルバーフォール
シルバーフォールはヒルガオ科ディコンドラ属のディコンドラ・アルゲンテアの園芸品種。アルゲンテアはアメリカ・メキシコの乾燥した地域に自生する植物で、葉っぱには白い毛が生えていて銀葉に見えます。これは乾燥対策(蒸発対策)で、日本の多湿がちょっと苦手。水やりは控えめにし、梅雨前・夏前に切り戻して風通しを…
60位 矮性サルスベリ
矮性サルスベリはミソハギ科の落葉低木。品種改良で矮性になったもの。矮化剤を使っているわけじゃないので、樹高は庭植えにしても最大で2m程度。冬は落葉し、春に芽吹いて、夏に開花し、秋には紅葉する。紅葉も綺麗で鑑賞価値があります。花が目の高さあたりで咲くのが最大のメリット。庭植えでもいいし鉢植えでもいいが…
61位 用土
園芸の土は大抵は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものに肥料を足して石灰で中和させたものに、ゼオライトなどを追加してより栽培しやすいものにしています。このこのページでは赤玉土・鹿沼土・腐葉土などの用土の性質とPhについてまとめています。雨は空気中の二酸化炭素を吸収して「炭酸水」になって地上に降るため、土は徐々に…
62位 9月のクリスマスローズの管理
8月という高温期を過ぎ、8月の下旬から徐々に気温が下がるはずなんですが、温暖化やヒートアイランド現象もあって、9月になっても気温が下がらないこともあり、まだ高温対策は必要です。8月までは肥料をやっていませんでしたが、9月からは肥料をやるようにします。9月は花芽の形成時期でもあり、肥料が不足するのは避けた…
63位 パキラ・ミルキーウェイ
斑入りパキラの1品種。天の川という名前で流通していることもある。ミルキーウェイが品種の名前なのか、単に流通名なのかは分からない。[[パキラ・ミルキーウェイなどの斑入り品種は緑葉の通常のパキラに比べると性質が弱い。寒さに弱く、夏の直射日光にも葉焼けしやすい。人気があるが流通量が少ないため、価格が高くなる…
64位 挿し木
[[植物の茎や葉っぱを土などに挿して、繁殖させること]]。結実せずに繁殖するので、増やした固体は親株と同じ遺伝子を持つクローン体。これに対して、同じクローン体でも、株を分割したり親株と子株を切り離したりして株と株を分けて新たな株を作るのを株分けといいます(球根の場合は分球)。種子を採取して発芽させタネ…
65位 シクラメンを休眠させる夏越し(ドライ法)
このページではシクラメンを休眠させて夏越しさせる方法について書いています。[+[まとめ]●シクラメンは雨季と乾季のある地域に自生する植物で、寒い雨季に花を咲かせて、暑い乾季には休眠する。●日本は冬が乾燥していて、夏が湿度が高い。シクラメンの自生地とは真逆の環境になる。●シクラメンの夏越しは管理場所にもよる…
66位 レックスベゴニア
[概要]レックスベゴニアはシュウカイドウ科のベゴニアの仲間です。ベゴニア・レックス(Begonia rex)を原種としたベゴニアのグループ名。「観葉ベゴニア」という別名があるように葉っぱを鑑賞するものだけど、花もしっかりと開花する。非常に多くの品種がありマニアもいる。[+[まとめ]●レックスベゴニアはシュウカイドウ…
67位 タピアン
タピアンはサントリーが開発したクマツヅラ科の宿根バーベナの園芸品種。匍匐して広がり、茎の節から発根して広がります。グランドカバーに適しています。バーベナというだけでも育てやすく頑健で長く花が咲き、同じサントリー花手毬同様に非常に花が多いです。病気耐性も強く、ハッキリ言って花手毬よりも格段と花が多い…
68位 斑入り葉の植物の一覧
斑入りは綺麗ですよね。銀葉(シルバーリーフ)も綺麗ですが、重々しい感じを受けることもあるので斑入りの軽い鮮やかな印象を好む人も多いです。斑入りとは地の模様ではなくて、葉緑素が抜けているもののことです。ガーデニングをする上では正直どちらでもいいかな。斑入り部分は栄養をつくる葉緑素が抜けているため、そ…
69位 葉っぱが落ちる理由と対処法
[概要]このページでは葉っぱが落ちる理由をまとめています。以下のケースはすべての植物に当てはまるわけじゃないのですが、参考にはなると思います。[+[まとめ]●寒さに当たった。●水不足。●根詰まり。●根腐れ。●環境の変化。●老化・寿命。●病害虫など。●他の項目があれば投稿してください。-][-[参考]★葉先や葉の外側から…
70位 アジアンハイビスカス
アジアンハイビスカス(アベルモスクス・アカバナワタ)はアオイ科トロロアオイ属の多年草。ハイビスカスと名前にありますが、どちらかというとオクラに近い。本来多年草ですが、寒さに根がやられて枯れることになります。一年草として扱われます。室内に置けば越冬は可能です。越冬すれば毎年咲いてくれますが、普通はし…
71位 サンセベリア・ボンセレンシス
[育て方の概要]希少品種のサンセベリア(サンスベリア)。希少品種の中では手の入りやすい。ネットで売ってる。店頭では見かけない。もこもこの太い指のような葉っぱが扇状に広がる。育て方はサンセベリアと同じ。[大きさ・草丈・樹高]1m[+[まとめ]●育て方は★サンセベリアと同じ。●乾燥気味に管理。●冬の寒さに弱いが、…
72位 ストロベリーフィールド
ストロベリーフィールドはヒユ科センニチコウ属の多年草のキバナセンニチコウの園芸品種。キバナセンニチコウは本来は地味な黄色い花しか咲かなかったが、この赤い花のストロベリーフィールドなどの開発によってよく流通するようになりました。春に種を撒くか、苗を植えて、夏の間は花を楽しみ、秋には寒さで枯れてしまう…
73位 園芸で使った培養土を処分・廃棄するには?
ガーデニングで鉢やプランターに植える際には、とにかく土は新しいものを使わなくてはいけません。詳細は「★必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)」のリンク先でご覧ください。では古い土はどうするのか???という新たな問題が発生します。このページでは古い土の処分方法をまとめています。[+[まとめ]●古い土は雑…
74位 ローズマリーを挿し木・水挿しで株を増やす
このページではローズマリーの増やし方をまとめています。ローズマリーは挿木・水挿し・取り木などで増やすことができます。株を増やすことは簡単です。ただ、ローズマリーは苗からしばらくは成長が鈍いです。株を作り、冬越し・夏越しで枯れた場合の保険としておくこともできます。特に植え替えで枯れ込む際の保険とする…
75位 スノードラゴン
[育て方の概要]常緑多年草。ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の仲間で学名の「オフィオポゴン」はジャノヒゲ属のこと。たまにオフィオポゴンで流通していることがある。フイリヤブラン・ミスカンサス(ミスキャンタス)などとほとんど見分けがつかず、全部一緒くたにしてとして売っていることがある。業者も区別がついていない…
76位 コルディリネ・レッドスター
コルディリネ・レッドスターはリュウゼツラン科センネンボク属(コルディリネ属)のコルディリネ・アウストラリス(Cordyline australis)の品種。コニファーにもレッドスターという品種があるんですがあまり一般的じゃないので大抵はコルディリネのこと。乾燥に耐性があり、耐寒温度はマイナス5度で戸外で越冬できるので…
77位 ゴーヤの葉が黄色くなったり萎れる理由と対処法
[+[まとめ]●ゴーヤの葉っぱが黄色いのはマグネシウム不足。苦土石灰をやるか、マグネシウム入りの肥料をやる。●昼に葉が萎れ、夕方になると復活するのは、根が弱っているから。-]
78位 レモンの香りがするハーブの一覧
このページではレモンの香りがするハーブをまとめています。レモンの香りがするハーブは全体的にあまり流通しておらず、価格が高い傾向があります。栽培難易度は[--①レモンバーム(一番簡単)②レモンユーカリ③レモングラス④レモンバーベナ⑤レモンマートル(難しい)--]お茶にした時の美味しさは[--①レモンバ*ーベナ(美味…
79位 ラベンダーの強剪定の時期と方法
このページではラベンダーの強剪定をする時期と、その具体的な方法をまとめています。[+[まとめ]●ラベンダーの株のリフレッシュのために強剪定は必要。●強剪定の時期はラベンダーの系統によって違う。●2年に一回か3年に一回、強剪定をする。●木質化している部分の新芽が出ている上のところまで剪定する。●剪定には剪定のハ…
80位 ユーフォルビア・パイナップルコーン
パイナップルコーンはトウダイグサ科ユーフォルビア属の多肉植物。日本国内で蛾眉山×鉄甲丸を人口交配させた園芸種ではないかと言われています。希少品種で多肉植物としては保護されており、ワシントン条約等で国際取引が規制されています。比較的育てやすくおしゃれなインテリアとしてぴったり観葉植物です。 茎や枝が多…
81位 ギンリュウ
多肉っぽい葉っぱ。茎を切ると乳状の汁が出る。かぶれるので作業をするときはゴム手袋が必須。花も咲きますが観葉植物と考えてください。寒さに弱い(5度)のでグランドカバーとして利用できなくもないのですが、暖地に限られます。霜にあたったら枯れます。[+[まとめ]●秋になると葉っぱが寒さに当たってピンクになります…
82位 庭に生える雑草
このページでは雑草のうちで駆除がそこまで難しくないものをまとめています(個人的な見解)。駆除が難しいものは「★駆除が難しい雑草の一覧」を参考に。[-[参考リンク]★駆除が難しい雑草の一覧★繁殖力が強い植物 ★植えてはいけない植物★草刈り・草取り・落葉清掃で出たゴミの処理★除草・草取り・草刈り・防草のまとめ-]
83位 ニオイザクラ
ニオイザクラはアカネ科ルクリア属の中国雲南省に自省する常緑低木。ニオイザクラの自生地は夏は涼しく、冬は暖かいという日本とは真逆の気候のため、暑さ・寒さに弱く、多湿にも弱いので、管理は難しい植物です。水やり・温度管理ともに非常に繊細なために、何年も育てる前提なら購入しないのが無難。開花中の間だけ香り…
84位 アデニウム
アデニウムはキョウチクトウ科の観葉植物。100円ショップでも売られていますが、これは雑種で、原種はかなり高額で取引されているほどマニアックなファンがいる植物です。別名「砂漠の薔薇」と呼ばれますが、実際の自生地は乾燥した草原で、アデニウムは寒さに弱く乾燥に強い多肉植物っぽい性質ではあるものの、生育時期の…
85位 ホワイトセージ
ホワイトセージのシソ科アサギリ属(サルビア属)の宿根ハーブです。赤い花が咲き、葉っぱが白っぽい。耐寒温度はマイナス5度と寒さには耐性がありますが、日本の高温多湿に弱くて、夏に風通しのよい半日陰に移動させなくてはいけません。それでも、一年草扱いにするほど弱くはありません。小さな苗しか流通していません…
86位 パープルファウンテングラス
パープルファウンテングラスはイネ科の多年草。一年草扱いになることも多い。熱帯出身で寒さに弱いため冬に枯れやすい。シュッとした姿で葉っぱも紫で、穂も魅力的。[+[まとめ]●乾燥気味に管理。水のやりすぎに注意。●葉色が悪いならば春と秋に肥料をやる。-]
87位 駄温鉢と素焼鉢の違い
このページでは素焼き鉢と駄温鉢の違いとまとめています。
88位 スカシユリ
スカシユリは日本の浜辺・岩場に自生するユリ科ユリ属の球根植物。秋に球根を植え、球根で越冬、春に葉を生やし、初夏に花を付け、また休眠するというサイクルを繰り返す。ユリとしては育てやすい部類です。花は上を向いて開花し、香はありません。スカシユリのスカシとは花びらの根本付近が少し細く、透かしになっている…
89位 9月のクレマチスの栽培・管理
9月に入ると、まだ残暑がありますが、確実に日は短くなり、涼しくなってきます。クレマチスは高温多湿が苦手ですから、クレマチスにはとても生育しやすい時期です。9月の涼しさの中で四季咲きのクレマチスは最後の開花があります。その開花の後、10月に霜が降りるまでは来年の春に開花するための準備…栄養を溜め込む時…
90位 オージープランツ
オージープランツとは、オーストラリア原産の植物の総称。そうやって特別な名前をつけられるのは、「栽培が難しく」て「見た目が独特」だから。日本は雨が多く、乾燥地域が多いオーストラリアとは気候が全然違うため、オージープランツは基本的に夏越しが厳しいことが多いです。また、寒さに弱いものも多いため、栽培はか…
91位 パイナップル
パイナップルの属名アナナスはパイナップルの総称。観葉として花屋さんに出回ることがありますが、決してメジャーな観葉植物ではありません。ちなみにスーパーで売ってる果実のパイナップルから育てることも可能です。ただし、成長するとトゲがある葉っぱが横に1.5mほどに伸びるのでこれを室内で管理するスペースがない場…
92位 タイタンビカス
タイタンビカスはアメリカフヨウとモミジアオイを交配させたアオイ科の宿根草。ハイビスカスのような花が咲き、その花がドでかい(直径15cmから25cm)。一度見たら忘れられないほどのインパクト。初心者向けの植物。ただし日本の家屋にはちょっと大きすぎるかも。突然枯れることがある。冬の寒さにも強く、地上部がなくな…
93位 バラの咲き方のタイプ別まとめ
以下にバラの咲方をまとめています。細かいことが書かれていますが、同じ品種であっても環境・肥料・剪定によって変わってくることもあったり、また同じ品種であってもタグや本によっては咲方の種類が別表記になっていることもある。なので細かいことを言っても仕方ない。基本的にカップ咲・ロゼット咲・一重・半八重がわ…
94位 ユーカリ
ユーカリはフトモモ科のオーストラリア原産の木。品種にもよりますが、日本で育てるには大きくなりすぎる傾向があって、しかも生育が早いので、適宜切っていかないと、すごいことになります。背骨のような立派な幹になります。[乾燥に強い]非常に頑健で、少々水を忘れたくらいでは枯れません。[寒さに弱い品種もあります]…
95位 カルーナ・ブルガリス
カルーナ・ブルガリスはツツジ科カルーナ属の常緑低木。単に「カルーナ」で流通することもある。葉っぱは針葉樹のようにも見える。寒さには強いものの、暑さに弱いので、夏にどれだけ涼しい場所で管理できるかが、カルーナの管理のカナメになります。日当りのいい場所を好みます。秋~春は出来るだけ日に当ててやってくだ…
96位 ツメレンゲ
ツメレンゲ(爪蓮華)はベンケイソウ科ツメレンゲ属(オロスタキス属)の多肉植物、日本の在来種なので学名がオロスタキス・ジャポニクス(Orostachys japonicus)。夏と冬の葉っぱが微妙に違っていて、冬の葉が若干小さいので冬は縮んで見える。種子が発芽して開花まで3年掛かる多年草で、開花して結実すると枯れてしまう…
97位 常緑ヤマボウシ
常緑山法師(常緑ヤマボウシ)はミズキ科の常緑樹。常緑という名前の通り、冬に落葉しない。多少は紅葉して落葉するのですが、基本的に常緑。ただ元々が暖かい地域の植物ですから、無印ヤマボウシより寒さに弱いです。南関東あたりだと冬に若干落葉しても越冬しますが、北関東だと冬の寒さで枯れてしまう可能性があります…
98位 観賞用トウガラシ
観賞用トウガラシはナス科トウガラシ属の非耐寒性低木を交配させて作った品種群で主に種子の色合いを鑑賞し、食用にはなりません。寒さに弱いため、一年草扱いになることが多い。生育温度の最低は12度以上、最適な生育温度は25度。10度以下になると弱る。ギリギリの耐寒温度は5度程度で、寒さに強いとは言えないのだけど、…
99位 ポトス・マーブルクイーン
ポトス・マーブルクィーンはポトスの斑入り品種。室内用の観葉植物。テルノファンファーレやテルノビーナスはポトス・マーブルクィーンの枝変わり品種。テルノカーニバルはテルノビーナスの枝変わり。ポトスは品種改良で少々の違いのものが出て、それが品種登録されまくっているので細かいこと言えばキリがない。[秋から冬…
100位 ガーデンマム
ガーデンマムは流通名・属名で、ガーデンマムという植物はありません。庭植えように品種改良されたキクです。育て方はキクを参考にすれば、問題なく育てられます。ガーデンマムは庭植え用とされるだけあって、ガーデニングをする上では便利で育てやすい性質です。[-※鉢植えでも可。いわゆる和ギクと異なり、キクにしては管…

その他のページ

[pre]