アクセスランキング


51位 アメリカンブルー
[ツルの先を切ると脇芽が]つるが30センチ以上になったら摘芯をします。摘芯は、伸びた芽の先を切り戻して、脇芽が出すことです。結果大きな株になります。[-●というか摘芯しないと花つきが悪いです。-][越冬も出来ます]耐寒温度は5度なので越冬も出来ますが、苗がそれほど高くないので、[[一年草扱い]]です。頑健で初心…
52位 半日陰
半日陰は一日のうちで数時間だけ日が当たるような場所のことを指します。例えば、午前中だけ日が当たり、午後以降は建物の影になるような場所。具体的には家の東側などがこれにあたります。もしくは木漏れ日のような日差しがさすところ。何かの木の下のことです。[西日に注意しましょう]建物の西側だと午前中に陰になり、…
53位 リュウノヒゲ
[便利なグランドカバー]日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。[雑草が生えにくくなり、草抜きが楽に!]リュウノヒゲを植えると、雑草が生えにくくなります。草抜きが大変ならば植え…
54位 プラチーナ
[生育サイクル]秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。[意外と頑健で使いやすいカラーリーフ]まず冬は霜に当たると枯れるとされますが、霜にさえ当たらなければ大丈夫。霜に当たらないように何かし…
55位 ラベンダーデンタータ
1メートルほどに生育します。花だけでなく葉も魅力的でハーブとして切花として人気のある品種です。春から夏に掛けての開花とされますが、株が大きく育ってくれば、高温と低温時期を避けて咲く四季咲きになっていきます。冬も常緑です。ただし、(ラベンダーとしては)寒さに弱く寒冷地では防寒をするか室内に取り込みます…
56位 プレクトランサス・モナラベンダー
プレクトランサス・モナラベンダーはシソ科プレクトランサスの園芸品種…ケープエンジェルと同じもの。おそらくモナラベンダーは流通名(商品名)。落ち着いた紫の葉裏と、サルビアに似た独特の雰囲気の紫の花を咲かせるので、好きな人は好きなタイプの植物。多年草で常緑。プレクトランサスの一種で、育て方はほぼ同じです…
57位 9月のクリスマスローズの管理
8月という高温期を過ぎ、8月の下旬から徐々に気温が下がるはずなんですが、温暖化やヒートアイランド現象もあって、9月になっても気温が下がらないこともあり、まだ高温対策は必要です。8月までは肥料をやっていませんでしたが、9月からは肥料をやるようにします。9月は花芽の形成時期でもあり、肥料が不足するのは避けた…
58位 ヨーロッパゴールド
[育て方の概要]ヨーロッパゴールドはニオイヒバの一種。北米出身。ニオイヒバと同じで柑橘系のいい香りがするし、ゴールドクレストと違って庭植えでちゃんと育つ。日当たりに植えると葉っぱが黄色くなる。その上、大きさも芯を切れば抑えられると、いいことづくめ。庭植えにして生け垣にも十分可能。春は若い緑。夏は緑。…
59位 ビオラ
[概要] ビオラはスミレ科スミレ属の一年草(種類によっては宿根草)。冬のガーデニングの代表。初心者が最初に手をつける花と言われるのですが、実は熟練者こそビオラを植えます。花色が多く、開花時期が長く、背が伸びず、広がりすぎず、失敗がなくて、とても優秀です。秋まき一年草です。 パンジー・ビオラは品種改良の…
60位 エメラルドグリーン
[育て方の概要]常緑高木。針葉樹。ニオイヒバの品種でスッとした香りがする。育て方はニオイヒバと同じ。暑さ・寒さに強く、育てやすい。刈り込まなくても割と円錐形に育つが、そのままだと葉っぱが密生すると夏に蒸れて枯れこむ事が多い。シンボルツリーにどうぞ。冬は葉色が黄色というか黄土色になる。[大きさ・草丈・樹…
61位 ラベンダーの強剪定の時期と方法
このページではラベンダーの強剪定をする時期と、その具体的な方法をまとめています。[+[まとめ]●ラベンダーの株のリフレッシュのために強剪定は必要。●強剪定の時期はラベンダーの系統によって違う。●2年に一回か3年に一回、強剪定をする。●木質化している部分の新芽が出ている上のところまで剪定する。●剪定には剪定のハ…
62位 庭に生える雑草
このページでは雑草のうちで駆除がそこまで難しくないものをまとめています(個人的な見解)。駆除が難しいものは「★駆除が難しい雑草の一覧」を参考に。[-[参考リンク]★駆除が難しい雑草の一覧★繁殖力が強い植物 ★植えてはいけない植物★草刈り・草取り・落葉清掃で出たゴミの処理★除草・草取り・草刈り・防草のまとめ-]
63位 ジュズサンゴ
[宿根草で春に芽を出し、こぼれダネでも増える!]実が落ちて、その実から春になると芽が出ます。冬に寒さに当たって地上部が枯れても、根が死んでいなければ春になれば芽が出ます。[頑健な性質]元々は南アメリカの熱帯地域の植物で寒さには弱いのですが頑健。半ツル性で、庭植えすると1メートルか2メートルまで成長しま…
64位 シャコバサボテン
シャコバサボテンはサボテンと名がつくために暑さに強いようなイメージを持ちがちですが、寒さに強く(強いといっても耐寒温度0度ですけど)、真夏の暑さに弱い傾向がありますので気をつけてください。デンマークカクタスやクリスマスカクタスという種類もありますが、これらはシャコバサボテンを品種改良したもので、育て…
65位 ガーデンシクラメン
このページはガーデンシクラメンの育て方についてまとめています。ガーデンシクラメンは日本の農家が寒さに強い系統を選抜、交配し開発した品種です。通常のシクラメンは霜に当たると、一発でダメですが、[[ガーデンシクラメンは弱るものの枯れるわけではありません。]]お庭に露地植えするのに向いています。背丈の低い花…
66位 摘芯
一定の大きさに成長した植物の芽の先を切り落とすことで、脇芽を増やし、結果大きな株に成長します。アサガオやニチニチソウなど、非常に多くの植物で有効な方法です。[脇芽が出にくいものもありますから]中には脇芽が出にくいものもあり、摘芯することで生育が阻害される植物もあります。必ず各解説ページを参考にしてく…
67位 ユーカリの病気まとめ…斑点病・うどんこ病など
[+[まとめ]●ユーカリは斑点病がよく出る。●葉焼け・肥料不足(ミネラル不足)・根が傷ついた…でも斑点が出る。●白い粉を吹くのはうどんこ病。●ハダニが発生する。●乾燥するとウドンコ病・ハダニが発生する。ユーカリは乾燥気味に管理するのでウドンコ病・ハダニはユーカリにつきもの。●クロロシス-]
68位 剪定
剪定は樹木の枝を切ることで全体を整えたり、風通しをよくしたり、成長を促したりと樹木の健康には必要なものです。その樹木や季節によって意味合いは異なります。[人と自然との付き合い]よく「自然にあってキレイなものに人の手を加える」ということは矛盾しているんじゃないのか?と考える人がいます。人が手を加えなく…
69位 オリーブの葉が枯れてきた
このページはオリーブの葉っぱが落ちたり黄色くなったときの原因と対処をまとめています。[+[まとめ]●オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで取れなくなることも。●…
70位 アマリリス
[概要]アマリリスはヒガンバナ科の球根植物。花が大きく立派で、インパクトがあり春にギフトものとしてよく流通している。切花としても流通している。品種もたくさんあり多色あります。花が終わった後に、葉っぱを残して日当たりで管理した後に、冬に寒さ(10度)に当てて水を切って休眠させると花芽ができる。休眠させな…
71位 オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
[概要]このページではグランドカバーに使われるもののうち「よく使われる」「人気」で「オススメ」のものをまとめています。[+[まとめ]●一番の候補は★クラピア。日当たりならどうぞ。●リュウノヒゲの玉竜(★タマリュウ)は乾燥に強く、日陰でも枯れないので使い勝手良い。●★クローバーは花が傷んだときに汚いし、根が深く…
72位 イングリッシュラベンダー
イングリッシュラベンダーはシソ科のハーブ。アングスティフォリア系ラベンダー。育て方はラベンダーを参考にしてください。イングリッシュラベンダーはレースラベンダーよりも冬の寒さに強く、北海道でも栽培が可能です。ほかのラベンダー同様に高温多湿に弱く、特に梅雨の長雨には弱いので、梅雨に入る前に収穫を兼ねて…
73位 トウテイラン
[寒さに強い宿根草で優れた植物]トウテイラン(洞庭藍)はゴマノハグサ科の耐寒性宿根草。秋に咲くベロニカ。葉っぱには小さな毛が生えていて銀色に見える。シルバーリーフと花との兼ね合いが美しいです。花だけでなくカラーリーフとしても優秀。冬は葉っぱが枯れますが、寒さにも暑さにも強い育てやすい植物です。寒さに…
74位 挿し木
[[植物の茎や葉っぱを土などに挿して、繁殖させること]]。結実せずに繁殖するので、増やした固体は親株と同じ遺伝子を持つクローン体。[-これに対して、同じクローン体でも、株を分割したり親株と子株を切り離したりして株と株を分けて新たな株を作るのを株分けといいます(球根の場合は分球)。種子を採取して発芽させタ…
75位 タマスダレ
[育て方の概要]ゼフィランサスの仲間。玉スダレは「ゼフィランサス・カンジダ」のことで、ゼフィランサスといったら実質、玉スダレのこと(本当は違うけど、一番流通しているのでイコールといっても過言じゃない)。6枚の花びらの花が咲き、庭植えにしたら植えっぱなし。花色は白が基本だが、ピンクや黄色やオレンジもある…
76位 ガーデニングの雑学・雑記の一覧
このページではガーデニングの雑学・雑記の一覧へのリンクをまとめています。以前はサイドバーにリンクを張っていたのですが、ページのスリム化のためにこのページに移転しました。
77位 クリスマスローズの古葉取り
11月・12月・1月ごろにクリスマスローズの古い葉を取り除く「古葉取り」という作業を行います。作業をすることで、次の葉と花が出やすくなります。必須の作業です。必ず行ってください。このページでは古葉取りについてまとめています。[-[古葉取りのまとめ]●去年出た古い葉っぱを取り除く。●株元に日光が当たることで、新…
78位 ユーフォルビア・パイナップルコーン
[見た目がパイナップルにそっくりな多肉植物!] 比較的育てやすくおしゃれなインテリアとしてぴったりの多肉植物です。 茎や枝が多肉化したユーフォルビアは乾燥地帯が原産です。このパイナップルコーンはユニークな姿が魅力でサボテンにも似ています(しかしサボテンではありません)。根や茎、葉を傷つけると白い乳液を…
79位 レックスベゴニア
[概要]レックスベゴニアはシュウカイドウ科のベゴニアの仲間です。ベゴニア・レックス(Begonia rex)を原種としたベゴニアのグループ名。「観葉ベゴニア」という別名があるように葉っぱを鑑賞するものだけど、花もしっかりと開花する。非常に多くの品種がありマニアもいる。[+[まとめ]●レックスベゴニアはシュウカイドウ…
80位 ポポラス
ポポラスはオーストラリア出身の乾燥に強いユーカリの仲間。非常に生育が旺盛で、鉢植えには向かない。庭植えにしても、非常によく伸びるので、こまめに剪定しないと、邪魔になる。フラワーアレンジメントをやっていて、定期的に葉っぱを利用するようならいいですが、そうでないと結構大変。姿が良いだけに、ちょっと残念…
81位 シクラメンの植え替え
シクラメンは雨季と乾季のある地域の植物で、乾季に休眠します。この乾季が日本では「夏」に当たります。ちなみに、[[日本の夏は「多湿」で「乾季」とは程遠い状態。]]シクラメンの球根は腐って枯れやすいです。それはこのページのテーマではないので割愛します。詳細は「★夏越し、来年も咲かせるコツ 」「★休眠のやり方 …
82位 パンジー
[概要]ガーデニング初心者はまず冬にパンジー・ビオラ、夏はペチュニアを植えるってくらいの定番ガーデニング材。これに挑戦して水やりの感覚などを掴んでから他の植物に手を出したほうが無難です。パンジーやビオラは花色が多く、冬の花の少ない時期に開花し、しかも長期間開花し、次々咲いてくれますし、盛んな品種改良…
83位 ポインセチアを赤くする!短日処理のやり方
[+[まとめ]●9月・10月あたりから、夜7時から翌朝9時まで、ダンボールで覆って光を遮断する。これで花芽がつくと、赤くなる。赤くなるまで短日処理を続ける。●ダンボールの上から黒いビニール袋をかぶせるか、段ボールの継ぎ目をガムテープで塞いで完全に中に光が入らないようにする。●蛍光灯の光も「昼」だと認識して花…
84位 ニンニク
[概要]ニンニクはユリ科の球根植物。秋(9月10月)に植え付けて、梅雨前に収穫する。病害虫に強く、乾燥に強く、日光と肥料が十分あれば放置していても大量に収穫できる。庭植えでもプランターでも収穫可能なありがたいもの。スーパーで売ってる国産ニンニクが高いので、これを植えて家庭菜園して収穫するとコスパがいい。…
85位 ブルーアイス
ウスカワアリゾナイトスギの栽培品種。剪定に強く、病害虫も少ない、比較的育てやすいコニファー。葉っぱの白銀色は、新芽ほど綺麗。この白銀は徐々に緑と変わりますが、緑になっても、綺麗です。また耐暑性もあり、北海道では枯れてしまうとはいえ、耐寒性も十分あります(東北でも育つ)。[弱点は根]綺麗、香りがあり、…
86位 低木
低木は樹高が3m以下の木のことです。潅木(カンボク)という言い方もします。潅木は戦前の表現ですので、今はほとんど聞かれません。低木でいいでしょう。このページでは「低木」に属する植物のうち、庭木として植えられることがある植物を抜粋しています。低木といっても育つうちに茎が木質化する「ムクゲ」も低木にな…
87位 紫式部
[育て方の概要]夏に花が咲き、秋に実を付け、冬は落葉します。春にはまた新芽が芽吹きます。このサイクルを繰り返します。水切れに弱く、水が切れると葉っぱがチリチリになり、枯れてしまいます。もしもそうなったら、枝先を切ってみます。切り口の中心部まで枯れているようであれば、その部分は枯死していますので、剪定…
88位 クラピア
[概要]クラピアはイワダレソウとヒメイワダレソウを交配させた園芸品種。イワダレソウがそもそも日本に自生している植物なので、育てるのは簡単。冬は地上部がなくなるが、春に芽吹いて開花する。グランドカバーとして人気があり、芝生かクラピアか?で議論になる。芝生との比較などは★クラピア栽培の注意事項を参考に。開…
89位 ベンジャミン
ベンジャミンはクワ科の常緑高木。日本では室内用観葉植物として流通している。学名は「フィカス・ベンジャミナ」。ベンジャミンは日当たりを好みますが、耐陰性もある程度はありますので、明るい日陰でも育ってくれます。また、真夏の直射日光には弱く、葉っぱが焼けて黒く変色します。変色するようであれば、カーテンな…
90位 ホワイトソルトブッシュ
オーストラリア原産。常緑低木。乾燥に強く寒さにも強い。夏の暑さにも強い。耐寒温度はマイナス10度。花が咲きますが、花は非常に小さく鑑賞目的とするには、物足りないものです。カラーリーフで、年中常緑の多年草…というか低木に育ちます。葉っぱの色合いはクリスマスにぴったりです。アレンジにも使えそうですが、ど…
91位 タニワタリの木
タニワタリの木はアカネ科の常緑低木。寒い地域では冬は落葉するが春には芽吹く。開花は地域にもよりますが夏。切花として鑑賞することも可。寒さに若干弱いけども、育てられる。山間の湿地で自生するので、乾燥気味より、少し湿った場所が好ましいです。[[結実した実は毒です。]]食べることはないでしょうが知っておきま…
92位 ハイドロカルチャー
[水耕栽培の一種]ハイドロカルチャーというと、赤い粒々(ネオコールとかレカトン・ハイドロボールと言われるもの)が沢山入ったガラス容器に植わった「植物」というイメージですが、「ハイドロ」は水の意味で、「カルチャー」が栽培とか培養とかの意味。あの赤い粒々がなくても、水を張った器に、根が生えた植物が生育し…
93位 ヘデラ
アイビーとも呼ばれる。常緑低木。ヘデラには木立ち性・ツル性(クライマー)・匍匐性とあり、木立性とツル性が壁を登る。一般的には匍匐性が流通していて、これは地面を這う。頑健で育てやすい。初心者向け。室内でも育てられるのでインテリアとして流通している。100円均一でも苗を売っている。壁面に這わせたいと思…
94位 シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ
[+[まとめ]●夏越しには休眠させる方法と、休眠させない方法がある。●このページには休眠させない方法を中心に書いてあります。●休眠させる方が簡単です。休眠させる方のやり方は「★休眠のやり方」を参考に。●春は通常通りに管理する。●黄色く変色した葉っぱを手でむしる。●夏の肥料をやるが極々薄い液肥にする。●8月下旬か…
95位 スノードラゴン
[育て方の概要]常緑多年草。ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の仲間で学名の「オフィオポゴン」はジャノヒゲ属のこと。たまにオフィオポゴンで流通していることがある。フイリヤブラン・ミスカンサス(ミスキャンタス)などとほとんど見分けがつかず、全部一緒くたにしてとして売っていることがある。業者も区別がついていない…
96位 ウィンターコスモス
ウィンターコスモスはキク科の黄色くて小さな花を咲かせる可憐な植物。ですが、地下茎を伸ばして勢力を拡大するナカナカしぶとい植物で、アメリカでは雑草ばりに生えています。寒さにも強く、よほど寒冷地でなければ越冬します。日が当たらない場所では、徐々に弱って枯れてしまいます。別名「ビデンス」。ビデンスは学名…
97位 ブルーヘブン
ブルーヘブンはヒノキ科ビャクシン属のコロラドビャクシンの園芸品種。シンボルツリーとして人気。ゴールドクレストより育てやすいとされる(ゴールドクレストが育てにくいだけなんですけどね)。樹高は5m-6mにまで育ちますが、芯を切ることで高さは適度に抑えられます。ボリュームが出るのは樹高1.5m以上から。ブル…
98位 胡蝶蘭の花芽形成・開花させる方法と条件
胡蝶蘭の開花のための条件をまとめたページです。[+[まとめ]●大型の一般的な胡蝶蘭は18度に40日ほど当たることで花芽ができる。●中型のミディは20日で花芽ができる。●小型のミニ胡蝶蘭は株が充実すると花芽ができる。●室内で管理する場合18度になるのは10月前後と5月前後。●温室がない場合、10月にできた花芽…
99位 グランドカバー
[概要]ガーデニングする上で、地面を覆い隠すために植える、草丈が低いか、匍匐(ホフク)する性質の植物のこと。フェンスに這わせるものもグランドカバーと分類することがあります。一般的に性質は頑健なものが選ばれます。結果的にグランドカバーを植えた場所には雑草が生えづらく、下草管理が楽になります。[+[まとめ]●…
100位 用土
自分でも書いてて訳が分からなくなることがあるので、一覧でまとめておかないといけないな、と思いました。参考:★ペーハーと植物

その他のページ

[pre]