アクセスランキング


51位 切り戻し
[脇芽を出して花数を増やす]植物はそのままに育てていると、脇芽を伸ばさずに上へ上へと伸びていきます。このままだと花が先端に咲くだけで花が少なくなってしまいます。そこで、つるの先を切ってしまうことで、脇芽を出して花の数を増やします。[風通しを良くする]園芸植物は日本以外の地域から来たものがほとんどです。…
52位 コルシカミント
コルシカミントはシソ科ハッカ属の非常に草丈(2センチ)の低いミント。根も浅い。葉っぱが小さくて一見するとコケのようでもあるので、コケの代わりにグランドカバーに利用される。香りもいいので人気がありますが、その割には流通はしていません。なぜかというと密生しすぎて蒸れて枯れこむからです。コルシカミントは…
53位 カランコエ
カランコエはベンケイソウ科の多年草。多肉で水のやりすぎに注意し、冬に取り込み忘れて凍結さえしなければ枯れることはほぼないです。冬は日当たりのいい室内で、春・秋は雨の当たらない日当たりのいい戸外か、室内の日当たりで管理します。カランコエの葉っぱは水に当たると、腐ってしまいます。カランコエはサボテンの…
54位 カトリソウ
カトリソウ(蚊取草)はフウロソウ科テンジクアオイ属(ペラルゴニウム属)の常緑多年草のセンテッドゼラニウム(ローズゼラニウム)の改良品種で、若干柑橘系の香りがして、蚊が嫌う成分を多く含み、蚊除けになるとされるハーブ。蚊コロンやカレンソウといった名前で流通していることもあります。実際に蚊除けの効果を「…
55位 トゲがある植物
[トゲがある植物の一覧]トゲは植物の防衛方法です。よってトゲがある方が植物としては自然なのですが、人間が怪我をすることがありますので、植える際によく考えてから植えましょう。ピラカンサスの類は放置していると、家の外まで伸びてしまいます。その枝で怪我でもしたら、裁判沙汰になるかもしれません(実際にあった…
56位 旧枝咲きクレマチスの剪定
ここではクレマチスの旧枝咲き剪定についてまとめてあります。旧枝咲きはパテンス系・モンタナ系・アルビナ系・マクロペタラ系などです。[+[まとめ]●一季咲きと四季咲きがある。●品種によって剪定が違う。●冬の剪定…芽が見えるようになったらやる。大体2月ごろ。芽のない枝は落とし、芽があっても邪魔な枝は落とす。必要な…
57位 タイタンビカス
タイタンビカスはアメリカフヨウとモミジアオイを交配させたアオイ科の宿根草。ハイビスカスのような花が咲き、その花がドでかい(直径15cmから25cm)。一度見たら忘れられないほどのインパクト。初心者向けの植物。ただし日本の家屋にはちょっと大きすぎるかも。突然枯れることがある。冬の寒さにも強く、地上部がなくな…
58位 ラッキークローバー
葉っぱは四つ葉で、そこに模様が入るものがオキザリス・デッペイ・アイアンクロスなどです。他にも模様が入らないものや入っても色合いが違うものもあるらしいです。寒さに強く、関東では戸外で植えっぱなしで構いません。[生育サイクル]春に芽を出し、春から初夏に花が咲きます。夏は暑さで半休眠状態になり、秋になると…
59位 ポポラス
ポポラスはオーストラリア出身の乾燥に強いユーカリの仲間。非常に生育が旺盛で、鉢植えには向かない。庭植えにしても、非常によく伸びるので、こまめに剪定しないと、邪魔になる。フラワーアレンジメントをやっていて、定期的に葉っぱを利用するようならいいですが、そうでないと結構大変。姿が良いだけに、ちょっと残念…
60位 マンネングサ属の仲間(種・品種)
マンネングサ属(Sedum・セダム属)はベンケイソウ科の多肉植物のグループのこと。このページでは魅力的なマンネングサ属(セダム属)の仲間をあげていきます。栽培方法については各植物の解説ページか、セダムを参考にしてください。★★セダム
61位 駆除が難しい雑草の一覧
[概要]雑草という草は無い――なんていう話は、自己啓発本にまかせます。ここはガーデニングのサイトですから。雑草という草は実在し、私たちの庭管理を困難にしてしまったり、やる気を削いでくれます。ここでは[[雑草のうちで駆除の難しいものを抜粋して列挙しています。]]その他の雑草は「★庭に生える雑草」を見てください…
62位 リーガースベゴニア
[概要]リーガースベゴニアはシュウカイドウ科ベゴニア属の球根ベゴニアとベゴニア・ソコトラナとの交配により出来た「エラチオールベゴニア」を品種改良して、旧西ドイツの種苗家の「オットー・リーガー」が作り出した品種です。花付がよく、ギフト・園芸用で市場に流通したために「エラチオールベゴニア」よりもかなりメ…
63位 用土
園芸の土は大抵は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものに肥料を足して石灰で中和させたものに、ゼオライトなどを追加してより栽培しやすいものにしています。このこのページでは赤玉土・鹿沼土・腐葉土などの用土の性質とPhについてまとめています。雨は空気中の二酸化炭素を吸収して「炭酸水」になって地上に降るため、土は徐々に…
64位 モンキーツリー
モンキーツリーは常緑低木の多肉植物。木の茎に触ると幸せになる、という言い伝えがあるキク科の植物。茎に水を溜め込んでいます。夏に休眠するので、夏場に水を控えることが、注意するくらいで、あとは室内の日当たりで管理すれば何年も成長する観葉植物としては簡単な部類の植物。多肉植物なので水やりは控えめに。[夏に…
65位 フィンガーライム
フィンガーライムはミカン科の果実樹。オーストラリアの在来種でキャビアライム・ブッシュキャビア・ブッシュライムなどの別名がある。オーストラリアのシェフが食材として使ってから徐々に世界に認知され、とうとう日本にも広まりつつあります。5センチほど長さの果実の中につぶつぶの果肉があり、この果肉がキラキラして…
66位 ツバメスイセン
ツバメスイセン(スプレケリア)はヒガンバナ科の球根植物。アマリリスに近く、育て方もほぼ同じ。鉢栽培が適している。春に植えて初夏に花が咲き、夏を越して秋以降気温の低下とともに休眠状態に入ります。冬には地上部が枯れます。13度以上に保つと地上部が枯れることなく越冬も可能ですが13度以上というのは温室がない…
67位 レモンスライス
レモンスライスはナス科の多年草カリブラコアの園芸品種。2013年に発表され、鮮やかな黄色に白い縁(ふち)が入り、見た目が涼しい人気品種。色合いがレモンのようなのでレモンスライスという名前がついています。別にレモンの香りや味はしません。花付きがよく、育てやすい植物です。基本的には冬には寒さで枯れる一…
68位 プラチーナ
[生育サイクル]秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。[意外と頑健で使いやすいカラーリーフ]まず冬は霜に当たると枯れるとされますが、霜にさえ当たらなければ大丈夫。霜に当たらないように何かし…
69位 ポトス・エンジョイ
エンジョイはポトスの園芸品種。常緑のツタ性植物。葉っぱの模様が美しい、まだちょっと高価なポトス。寒さにも強いので、もう一度ポトスに再挑戦しようと考えている人も多いかと思います。[水挿しで簡単に増える]ポトスですから、ツル先から葉っぱを二枚か三枚残して切って、水につけておくと根が出てきます。それを土に…
70位 ホワイトセージ
ホワイトセージのシソ科アサギリ属(サルビア属)の宿根ハーブです。赤い花が咲き、葉っぱが白っぽい。耐寒温度はマイナス5度と寒さには耐性がありますが、日本の高温多湿に弱くて、夏に風通しのよい半日陰に移動させなくてはいけません。それでも、一年草扱いにするほど弱くはありません。小さな苗しか流通していません…
71位 イングリッシュラベンダー
イングリッシュラベンダーはシソ科のハーブ。アングスティフォリア系ラベンダーの代表。一般的に単に「ラベンダー」というと、このイングリッシュラベンダーを想像する。現在、園芸品種が多く作られていて、夏の暑さに強いものもあります。育て方はラベンダーも参考にしてください。イングリッシュラベンダーはレースラベ…
72位 スノーサンゴ
[斑入りのフユサンゴ]ナス科ナス属の常緑低木フユサンゴの斑入り品種が「スノーサンゴ」として流通しています。こちらの方が鮮やかで人気があります。育て方はフユサンゴと同じです。[開花は7月‐9月。実は9月から2月まで楽しめる]開花時期は夏だけですが、それが結実して非常に長い間観賞できます。見た目は美味しそう…
73位 花茎
[+[まとめ]●花茎は花が咲いている茎の、枝分かれしているところまでか、葉っぱまでの部分のこと。●一般的には花が終わったら、花と花茎を取り除く。花を放置していると種子が出来て株が弱ったり、しぼんだ花びらや茎が腐って病気になるため。●本来の花茎は塊茎や鱗茎から出る、地表から飛び出した「花しかつけない茎」のこ…
74位 レックスベゴニア
[概要]レックスベゴニアはシュウカイドウ科のベゴニアの仲間です。ベゴニア・レックス(Begonia rex)を原種としたベゴニアのグループ名。「観葉ベゴニア」という別名があるように葉っぱを鑑賞するものだけど、花もしっかりと開花する。非常に多くの品種がありマニアもいる。[+[まとめ]●レックスベゴニアはシュウカイドウ…
75位 美女撫子
美女撫子(ビジョナデシコ)はナデシコ科の多年草。ヒゲナデシコ・アメリカナデシコとも呼ばれます。ある程度成長した株が低温に当たると、花芽をつけます。でも低温に当たらなくても、花芽を付けるタイプの美女撫子もあります。これは四季咲きダイアンサス(四季咲きナデシコ)、もしくは単にダイアンサスと呼ばれます。…
76位 チランドシア
チランドシアは本来はアナナス科チランジア属の総称で、チランドシア属には非常に多くの個性的な植物があります。[[ここのページでいうチランドシアは「チランドシア・キアネア(シアネア)」のことです。]]一般的にホームセンターや花屋さんで「チランジア」という名前で流通してきたのがコレだからです。[育て方の概要]…
77位 斑入り葉の植物の一覧
斑入りは綺麗ですよね。銀葉(シルバーリーフ)も綺麗だが、重々しい感じを受けることもあるので斑入りの軽い鮮やかな印象を好む人も多いです。斑入りとは地の模様ではなくて、[[葉緑素が抜けているもの]]のことですが、ガーデニングをする上では正直どちらでもいいかな。基本的に斑入り部分は栄養をつくる葉緑素が抜けて…
78位 カエデの剪定
カエデは自然樹形が綺麗なので、剪定しないで伸ばすなら綺麗。だけど、剪定すると難しい。樹高が2mを超えると手入れが難しくなり、3mを超えると脚立を使っても厳しい。そうなる前に剪定して小さくまとめたい。[まとめ][-●剪定時期は、春(彼岸前後)、次に夏前の6月、最後に落葉時期に剪定をする。●上へ伸びる枝や、樹…
79位 ペチュニア・カリブラコアの病害虫
このページではペチュニア・カリブラコアに発生する病害虫をまとめています。栽培については★ペチュニア・★カリブラコアを。さらに詳細な栽培方法については「★栽培の注意点」を参考にしてください。ペチュニア・カリブラコアは病害虫が発生しにくい植物で発生しても大きな被害になりにくい。特に健康的に育てていたら大丈…
80位 シルバータイム
シルバータイムはシソ科の常緑低木のハーブ。乾燥に強く、過湿を嫌います。真夏の高温多湿に弱く、夏に蒸れて枯れることもあります。日光を好むものの耐陰性があって、少々日当たりが悪くても問題なく生育しますので、最初から風通しのよい半日陰に植え付けをしましょう。[よく茂りすぎるとムレる]春によく日光を浴びて、…
81位 スミダノハナビ
墨田の花火(スミダノハナビ)はアジサイ科アジサイ属(ハイドランジア属)の低木の額紫陽花(ガクアジサイ)の八重咲きの園芸品種。花粉が出づらく、服が汚れにくい。★A墨田の花火 アジサイA★最近春から秋に掛けて色が変わるアジサイが出回っていますが、秋まで楽しんで花を切ると、翌年は咲きませんので、花が綺麗でも7…
82位 7月のラベンダーの栽培
6月の下旬から7月の上旬までは梅雨です。高温多湿に弱いラベンダーは梅雨が鬼門。7月はまだ梅雨があり、この梅雨を乗り越えないとラベンダーはやばい。北海道でアングスティフォリア系(イングリッシュラベンダー)を育てるのは北海道に梅雨がないからです。6月の梅雨前に切り戻しをして、傷んだ葉っぱを整理しているので…
83位 カリブラコアのトラブルのまとめ
このページではカリブラコアのトラブルについてまとめています。カリブラコアについて書いてありますが、ほぼペチュニアにも当てはまりますので参考にしてください。
84位 シルバーフォール
シルバーフォールはヒルガオ科ディコンドラ属のディコンドラ・アルゲンテアの園芸品種。アルゲンテアはアメリカ・メキシコの乾燥した地域に自生する植物で、葉っぱには白い毛が生えていて銀葉に見えます。これは乾燥対策(蒸発対策)で、日本の多湿がちょっと苦手。水やりは控えめにし、梅雨前・夏前に切り戻して風通しを…
85位 犬猫の食べる草
小さな鉢に細い葉が生えているもので、「犬猫食べる草」「ペットの食べる草」「キャットグラス」「ペットグラス」「猫草」「犬猫楽し草」などの商品名で流通しています。その正体はムギ科カラスムギ属のエンバク(燕麦・カラスムギ)のこと。ヨーロッパ原産ですが、本州〜九州で野生化している帰化植物で、葉は10cm〜25…
86位 ダールベルグデージー
ダールベルグデイジーはキク科の多年草。四方に倒れ気味に伸びていきますのでハンギングバスケットで吊るしたり、花壇やコンテナーのふちを埋めるのに最適です。ハンギングだと直径30-40センチに広がります。また草丈が20センチ~30センチと低いタイプなので、庭のグランドカバーに向いています。暑さや強い日ざ…
87位 ハニーサックル
ハニーサックル(スイカズラ)はスイカズラ科スイカズラ属(ロニセラ属)の日本原産の半落葉性ツル性植物で、やや湿り気のあるところを好んで自生しています。北海道南部より南で生育可能です。アメリカやヨーロッパにも渡って帰化し、雑草として生態系を壊すほどに繁殖して問題になっています。良い香りがし、蜜源植物で…
88位 オレアリア
オレアリアはキク科オレアリア属のオーストラリア・ニュージーランド原産の常緑低木。自生地では原種は2mの樹高になりますが日本で流通する品種は60cm前後と小さくまとまります。春と秋に黄色い花が咲きますが、さほど綺麗ではなく、あまり鑑賞価値はありません。リトルスモーキー(Olearia axillaris)、シルバーナイ…
89位 バロータ
シソ科植物で、見た目がフワフワのシルバーリーフ。葉っぱがフェルトみたいです。小さな花を咲かせます。花は小さなモルセラみたいです。花は目立ちませんが、それなりに可愛い。[切り戻しを]草丈は30から50センチほどになりますが、それ以上は大きくならず、徐々に古い葉っぱが茶色くなってきます。こうなってきたら…
90位 ガクアジサイ
ガクアジサイはアジサイ科(もしくはユキノシタ科)アジサイ属の低木です。中心部のツブツブが一般的に言う花で、オシベもメシベもあります。周囲に咲いている装飾花です。周囲に花が縁取るように咲くことから「額アジサイ」と呼ばれます。このガクアジサイが日本に昔からあるタイプのアジサイで、半球状に咲く一般的な西…
91位 タピアン
タピアンはサントリーが開発したクマツヅラ科の宿根バーベナの園芸品種。匍匐して広がり、茎の節から発根して広がります。グランドカバーに適しています。バーベナというだけでも育てやすく頑健で長く花が咲き、同じサントリー花手毬同様に非常に花が多いです。病気耐性も強く、ハッキリ言って花手毬よりも格段と花が多い…
92位 ティフォシー
ティフォシーはナス科の多年草のカリブラコアの園芸品種の一つで、育て方はカリブラコアを参考にしてください。カリブラコア同様に春から夏に植えて花を楽しみ、その後は冬を越すことも可能で、翌年も花を咲かせます。ただし、カリブラコアは連作障害を起こしますので、毎年咲くといっても、年々株が弱っていきます。そこ…
93位 クレマチスの庭植えのやり方・コツ
[+[まとめ]●庭植えにする前に鉢植えで育ててみたほうがいいです。●繁殖力が強いので、庭植えする前によく考える。●植える場所は夏は暑すぎない場所。●植えるときは苗の土は絶対に崩さない。●少し深く植える。深く植えると節から根が出て株が元気に育つ。●品種を書いたラベルを必ずつけるか近くに刺しておく。品種がわから…
94位 オーシャンブルー
オーシャンブルーはヒルガオ科イポメア属の多年草の宿根朝顔の別名。通常のアサガオとまったく違うところがいくつかあります。まず、種が出来ない。そして越冬する。ということです。霜に当たると地上部は枯れますが、寒い場所でなければ越冬し、来年もあの青い花を咲かせてくれます。しかし、「植えたんだけど、咲かなか…
95位 自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
最初に書きますが、[[土のリサイクルは初心者には向いていません。出来るならば新しい土を購入する方が楽で、失敗が少ないです。]]新しい土には適度に配合された土と腐葉土と肥料があり、殺菌されていて、ゴミが入っていません。またPHの調整がされていて中性になっています。新しい培養土を買った方が手早く、結局安上…
96位 プレクトランサス・モナラベンダー
プレクトランサス・モナラベンダーはシソ科プレクトランサスの園芸品種…ケープエンジェルと同じもの。おそらくモナラベンダーは流通名(商品名)。落ち着いた紫の葉裏と、サルビアに似た独特の雰囲気の紫の花を咲かせるので、好きな人は好きなタイプの植物。多年草で常緑。プレクトランサスの一種で、育て方はほぼ同じです…
97位 サンセベリア・ボンセレンシス
[育て方の概要]希少品種のサンセベリア(サンスベリア)。希少品種の中では手の入りやすい。ネットで売ってる。店頭では見かけない。もこもこの太い指のような葉っぱが扇状に広がる。育て方はサンセベリアと同じ。[大きさ・草丈・樹高]1m[+[まとめ]●育て方は★サンセベリアと同じ。●乾燥気味に管理。●冬の寒さに弱いが、…
98位 セイロンライティア
乾燥に弱いので、水やりに気をつけてください。[真夏は半日陰で]鉢植えで管理することが多いですが、最近は庭植えが増えてきました。日光を好むのですが、半日陰でも花を付けてくれます。真夏の直射日光には弱いので、半日陰に移動させてください。[+[まとめ]●乾燥に弱い。でも、水をやりすぎると根腐れする。●土が乾いて…
99位 オリーブに花が咲かない
ここではオリーブの木に花が咲かない理由をあげています。エルグレコは若くても実がなりますが、オリーブは開花して結実するのはなかなか時間がかかります。★★オリーブの品種まとめ
100位 パイナップル
パイナップルの属名アナナスはパイナップルの総称。観葉として花屋さんに出回ることがありますが、決してメジャーな観葉植物ではありません。ちなみにスーパーで売ってる果実のパイナップルから育てることも可能です。ただし、成長するとトゲがある葉っぱが横に1.5mほどに伸びるのでこれを室内で管理するスペースがない場…

その他のページ

[pre]