繁殖力が強い植物

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識(中級編)>繁殖力が強い植物
スポンサードリンク

繁殖力が強いということは

あまりに繁殖力が強い植物を植えていると、他の植物を駆逐して隅に追いやり、消滅させてしまいます。一旦植えると駆除の難しいものもありますので、植える前にチェックしておきましょう。
一番無難なのは鉢植え。鉢植えにしてしまえば、そこからやたらめったら広がることはありません。

特別注意すべきは
ミント、オキザリス、カタバミ、タケ(竹)、ササ(笹)、ワルナスビ、ドクダミくらいのもの。あとの植物は駆除できない、というほどではないです。ワルナスビに関しては植えようと思って植える人はいません。

一覧1


ミント
アップルミントは特に抜いても抜いても生えて来ます。かといっても景観を損ねるほどではない。ただし、あまりの繁殖力で他の植物が育たない。鉢植えにすればいいが、こぼれダネが鉢の外に落ちることがある。
近くにミント類があると交配し、種子を残す。その種子が育つと、そのミントは親世代より香りが薄い。そうして交配を繰り返すと香りの薄い(というかほとんど香りのない)ミントがワサワサと生える恐ろしい状況になる。

ワルナスビ
ナス科植物で植えた覚えがないのに小さなトマトのような実がなっていたらコレです。繁殖力が強く、千切れた根からでも芽が出ます。駆除にはひたすら引っこ抜くしいかない。トゲがあるので手袋必須。またカメムシを呼びこむので本当に嫌な植物。

ヒメイワダレソウ
冬には枯れますが春にはまた出ます。グランドカバーにもなり雑草が生えにくくなるというメリットも大きいですが、他の植物を駆逐するということを忘れずに。

オキザリスカタバミ
オキザリスはまだともかく、カタバミは論外。一旦植えると完全に駆除するには土をそっくりやり変えるしかない。耕運機でかき回すと根が千切れて、その千切れた根のそれぞれから芽が出てきて悪化します。マジ怖い。ただし、それ以上の問題はない。

竹(タケ)・笹(ササ)
これはいけない。タケやササは単に繁殖力が強いだけではなくて、邪魔。とにかく邪魔。一旦増えると駆除はほとんど難しい。
●タケ(竹)、ササ(笹)は地下茎が伸びないようにプラスチックの鉢に餓えた状態で植えることがある。板やトタンなどで地下茎が広がらないように周囲を囲むこと。
●それでも突き破って地下茎を伸ばすことがある。

ドクダミ
ミント同様に繁殖力があるものの景観を損ねるほどではない。ただ夏場に邪魔になるからと刈ってしまうと独特のあの匂いが不快。一回植えると毎年出て来ます。ちなみに、うちでドクダミを両方植えたら、ミントが勝ちました。

ツルニチニチソウ
環境が合うと毎年出て来ます。園芸植物というよりは雑草に近い。管理は出来なくもない。

アイビー・ヘデラ
壁を伝って登り、覆い尽くしたところで、寒さで枯れると非常に見苦しい。ただフラワーアレンジなどに定期的に使用する家では重宝します。基本は鉢植え。

ホテイアオイ
世界中で青い悪魔と呼ばれる水生植物。春から夏に掛けて爆発的に広がって、冬に枯れるのでさほど問題がないのですが、温暖化の影響と温かい排水が流れ込む池などでは越冬することもあって徐々に問題に。

ナガミヒナゲシ
よく道端に生えているオレンジのポピー
全国に広がっています。駆除できずに困るというほどでもないが繁殖力は旺盛。

ベリー類
ブラックベリーラズベリーなど。繁殖力が旺盛でなおかつトゲがあるという二重苦。ベリー類は大きく育って、手に余ることがあるので、植える前に覚悟が必要。
スポンサードリンク

一覧2

カンナ
見た目がエグイこと以外はそれほど酷い繁殖力があるわけじゃないので気にしないでも。ただあまり興味がないなら植えない方が吉。

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラの場合はその樹木の生命力が強い。切り倒してもまた生えて来ます。また実を鳥がついばみ、糞と共に他の場所で繁殖するので近所に迷惑かもしれません。もちろん庭にも生えて来ます。

トケイソウクレマチス
冬は枯死しているように見えますが、春には復活。手間が掛らない便利なガーデニング材ですが、放置しているとはびこる。でも冬に引っこ抜けば、ほぼ根絶可能。

ケナフ
一年草ですが繁殖力旺盛でセイタカアワダチソウのように生態系に影響するとも。

シソ
食べるのなら。環境が合っている場合は一旦植えると毎年生えてくることがあります。意外とバッタに食害されて食べない(食べる気が起きない)。

トキワツユクサ
要注意外来生物の指定をうけた植物。多年草

ウォーターレタス
別名ボタンウキクサ。ホテイアオイほどではないものの繁殖力抜群で世界中で帰化し問題となっています。

シャガ

宿根朝顔・琉球朝顔
暖地では雑草。種子が出来ないので広がるスピードは大したことないですが、庭に植えていると塀の下をくぐって隣へ侵食することがあります。迷惑を掛けないように広がりすぎると思ったら引っこ抜きましょう。


あまり一般的には植えないと思います。頑健で繁殖力旺盛。管理が出来ないほどではないです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間


ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用