春から夏のオススメガーデニング材

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識・雑学>春から夏の定番
スポンサードリンク

春から夏に育てる定番

春に植えて春から夏の間に開花、もしくは見頃・収穫することになる植物を集めました。あくまで定番の植物で、あまり一般的ではないけども、育てやすいというものは入っていません。ニンジンボクなんて夏の暑さと乾燥に強く真夏に青い花を咲かせ、しかも宿根。もっと流通してもいいんじゃないかと思うのですが、そういう宿根するものは、安定して販売できないことから意外と流通しません。
参考:毎年咲く花は花屋さんが売らない?
春から夏は花の季節――問題は夏
当サイトの解説ページを見てもらうと、「夏の暑さに弱い」とする植物が多いのが分かります。日本の特に都市部はヒートアイランド現象で夏は猛暑。これが植物にとって非常に厳しい。この夏を越せる植物を植えると、夏に半日陰に移動させる必要が無く、非常に楽。
スポンサードリンク

春から夏の定番の一覧


更に抜粋、オススメ


ハイビスカス
肥料と水と日光さえあれば、夏の間、ほぼ毎日開花します。冬に枯れますが、ハイビスカスをきっかけにして、ガーデニングを始める男性は多いです。
チェリーセージ
冬は落葉しても春にまた芽吹くハーブ。ルックスも愛らしい。甘い香りがあり、なおかつ虫除けコンパニオンプランツとしても人気です。レギュラーメンバーとして一考を。
ペチュニア、日々草、インパチェンス、バーベナ、ロベリア
このあたりは昔から春から夏のガーデニングの定番ですが、その中でも品種改良競争が激しく、その結果が分かりやすい。新品種は非常に繁茂しやすく開花量が多いです。安い苗を買うのがバカバカしくなります。是非、タグのついたブランド苗を。
アサガオ
ゴーヤがブームになりましたが、そんなに食べる気にならない。それなら、アサガオがいいですよ。とにかく綺麗。アサガオは古典園芸品種で、様々な変わった色、変わり咲き品種があり、奥が深いです。一度育てると朝顔市に行くのが楽しくなります。
オクラ
タチアオイに似た花が咲き、収穫できる。
スポンサードリンク

これはいかが?

イポメア
上記一覧に入れませんでした。花が無く、サツマイモの一種です。夏の暑さに強く、明るいライムカラーが涼しげ。今後は夏の定番になるかも。(テラスはイポメアの園芸品種)
琉球朝顔(オーシャンブルー・ラッキーブルーなど)
暖地だと宿根して、毎年咲く。その色合いのすばらしさと、二年目以降の咲きっぷりがすさまじい。

意外と難しい

ラベンダー
夏の暑さに弱く、蒸れに弱い。それなりの対処が必要です。でもその香りと、青い花は魅力。中級者以上。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用